FC2ブログ







2019年09月02日(月)

夫婦という病 



著者:岡田尊司
発売日: 2018/3/3

評価〔A〕 既婚者だったらSです。
キーワード:夫婦、結婚、出産、離婚、恋愛、

そこで一番変わった点は、互いの非に目を向けるのではなく、互いの失敗に対して優しさや寛容さを取り戻したことだ。(第十五章より抜粋)


夫婦やパートナーとの関係をより良くかつ安定したものにするために、精神科医である著者が21のケースを通して解決策を模索します。

前半は夫婦が上手くいかなくなっていく様を何回も見るので疲れてきます。お互いにもう少し思いやることができたならと思うのですが、感情的になってしまうのも良く分かります。様々なパターンが挙げられているのでどれかに当てはまる夫婦も多いのではないでしょうか。

基本的には対人関係を支える愛着に注目し、安定―不安定と回避―不安の軸で男女を分類して特性を掴み問題の解決をはかっています。愛着スタイルを踏まえた上で原因と対策を説明しているので、分かりやすく頭にすんなり入ってきます。

後半は一度は不安定になった関係が持ち直した例が描かれています。我慢以外の解決策が提示されているので、どれか一つは実践できそうな方法が見つかるかもしれません。

読んでいるうちに現在の夫婦制度は現代人の価値観に合っているのだろうか、合ってない人もいそうだな、と思い始めましたが、終盤では結婚という形にこだわらない関係や生き方について述べられていて興味深かったです。一夫一婦制ばかり考えが囚われていましたが、違う可能性を示しているのが良かったです。現代の倫理観とは離れていて驚きましたけど。一夫一婦制に向いている人ばかりじゃないからね。

個人的に価値観が合わない対策や関係もありますが、夫婦やパートナーとの良い関係を保ちたいもしくは改善したいと思っているなら一読の価値はあると感じています。これから親密になる二人にも役に立つでしょう。

巻末の科学者の方の解説も良かったです。


スポンサーサイト



[ 2019/09/02 21:59 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2019年08月17日(土)

数学的決断の技術 やさしい確率で「たった一つ」の正解を導く方法 



著者:小島寛之
発売日: 2013/12/13

評価〔A-〕 便利だけど使いこなれるでしょうか。
キーワード:確率・統計、数学、

確率そのものが曖昧性を取り込んだ表現であるにもかかわらず、その確率さえも「0.8または0.9」と二股をかけてもっと曖昧性を持たせることにどんな意味があるのだろうか。(第9章より抜粋)


他人の決断について大まかな理由はよく聞きますが、それに至るまでの過程や考え方の詳細を聞くことは稀だったと思います。人によって様々な決断方法を数学的に解明できるのかと興味を持ち、本書を手に取りました。

大まかな分類で4つのタイプに分けられ、それぞれの思考の癖を読み解いています。4つのうち期待値基準、マックスミン基準、マックスマックス基準はどのようなものか知っていましたけど、最大機会損失・最小化基準だけは名前も知らなかったので興味深く読みました。概念の解説ではなかなか具体例が思いつきませんが、いくつか例を挙げているので理解の助けになります。ピンとこなかった最大機会損失・最小化基準の例として、恋愛の告白が書かれていてなるほどと納得しました。

マックスミンの章でゲーム理論とホームズ対モリアティ教授のゲームが紹介されていますが、どちらも最適解・結論までは知らなったのでためになりました。確かに数学的に解いていているのが分かります。また、マックスマックスを選ぶ人の心理を数字を使って説明していた点も面白かったです。少しはギャンブラーの気持ちが分かったかもしれません。

他にも和が1にならないシェーファーの信念度関数や複数信念の確率論も、決断するものによってはかなり有効そうなので覚えておきたいです。前者の考え方は新鮮でした。最後に著者も書いていますが、迷ったときはなんとか数値化してより良い決断がくだせるようになりたいものです。



[ 2019/08/17 22:12 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

2019年08月07日(水)

ふしぎの国のバード 5 



著者:佐々 大河
発売日: 2018/10/15

評価〔A-〕 良い昔話でした。
キーワード:旅行記、明治、日本、

「運命はいつも自分自身の意志のの中にあるのよ!!」(本文より抜粋)


探検続行を阻む大きな障害を前に、バードと伊藤はどのような決断をくだすのか。

旅自体は進まず主にバードの過去が語られます。彼女はどのような経験をしてきたのか、現在のような生き方はいつ始まったのかが明かされ非常に興味深いし面白いです。現在ではネットで検索すれば簡単に得られるような情報も、当時は誰に聞いてもわからず現地に行ってもそれでも分からないことが多かったと想像できます。

印象深かったのはある冒険家の旅をする理由と、現地ガイドの生き方です。それが終盤の彼女の使命の話に繋がっていて心打たれました。日本の旅が進まなかったのは残念ですが、この過去編が読めて十分満足です。過去編の冒頭を漫画の初めにしても面白かったかもね。

困難に対してどのような解決策があるのか。次の巻に注目です。



[ 2019/08/07 06:55 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年07月29日(月)

格差と階級の未来 超富裕層と新下流層しかいなくなる世界の生き抜き方 



著者:鈴木 貴博
発売日: 2019/1/19

評価〔A〕 お金を上から見た話。
キーワード:資本主義、富裕層、貧困層、搾取、労働、

なぜこれまでの歴史の中で、資本家は労働者から搾取をしてきたのでしょうか。その理由は「富は労働が生むもの」だったからです。(第五章より抜粋)


庶民目線ではなく富裕層・資本家から見た富の流れと世の中の仕組み解説しています。

どうして富を持つものが現れたのか、どうして今のような資本主義社会になったのかが、お金の流れのみで考察し説明されているのですっきりしていて分かりやすかったです。基本的に誰が誰から搾取するのかに注目しているので内容は殺伐としています。しかし、文化や個人の心理を排して考察しているので、より簡潔でより本質的な説明になっているのではないでしょうか。

単なる現状説明で終わらず、労働者がどうすれば富を持てる可能性があるのかについても言及しているのが本書の良いところです。解決策は誰もが富裕層になれる訳ではありませんが、現実的な案だと感じました。調べてみたら似たようなことを主張している本も見つけましたので説得力があります。

富の偏重は加速するのか、新しい価値観が覆すのか。次に世の中の仕組みが大きく変わった後で、また読み返してみたいです。


[ 2019/07/29 23:21 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2019年06月19日(水)

致死量未満の殺人 



著者:三沢 陽一
発売日: 2015/9/17

評価〔A-〕 分かりそうで分からないです。
キーワード:推理、クローズドサークル、ハウダニット、

「それでは、皆さん、弥生さんに何らかの恨みを持っていたわけですね?」(本文より抜粋)


雪山の別荘で起きた殺人事件を被害者の同級生たち4人が推理します。単なるクローズドサークルものではなく、冒頭である人物が別の人物に自分が犯人だと自白するのが特徴的です。第3回アガサ・クリスティー賞。

殺害方法を推理する所謂ハウダニットものです。ハウダニットという言葉を知ってからこの類の小説を読むのは初めてかも。犯人も動機も分かっているので推理する部分が少なく自分でも解けるかもと思って推理するのですが、犯人以外の同級生のように真相は分かりませんでした。怪しいなと目をつけていた動作が鍵となっていたのは良かったのですが、それが犯行とどのように繋がっているのかを見破れなかったので悔しいです。裏表紙に書かれているようにどんでん返しがあります。終盤まで読んでここからどう読者を騙すのか興味がありましたが、読んでみてなるほどと感心しました。

ただ、最後に明かされた事実は少々半端だったように感じました。もっと納得できる強い伏線が欲しかったです。また、事件発生まで長く冗長に感じたり、分かりにくい専門用語も出てきて読みにくいと思う人もいそうです。

推理すべき点が狭く明確なせいか、推理してみたくなる面白さがありました。それと登場人物が推理小説のわりに少なかったのも個人的には良かったです。


ネタばれ一言↓
[ 2019/06/19 19:59 ] 小説 | TB(0) | CM(0)