FC2ブログ







2019年12月14日(土)

世にも奇妙なニッポンのお笑い 



著者:チャド・マレーン
発売日: 2017/12/9

評価〔B〕 悪口や愚痴を書かないのが偉いです。
キーワード:お笑い、漫才、芸能、オーストラリア人、

対して、日本ではすぐ「何を言うてんねん」とツッコミを入れる。「否定の文化」と言えるのかもしれません。(第三話より抜粋)


外国人の目から見た日本を語る本はたくさん出ていますが、お笑いに特化して分析し説明している本は稀ではないでしょうか。日本のお笑い界に飛び込み、漫才師として時には字幕翻訳家として活躍中の著者が思いのままに語っています。各国のお笑いの紹介から日本のお笑いの魅力まで笑いに関して幅広く書かれているので、お笑いにあまり興味のない私でも楽しめます。あるあるネタが日本的である説明は筋が通っていて分かりやすかったです。

政治や宗教を扱う社会派お笑い芸人がほとんどいない点について、レベルが低いからではなく簡単に笑いを取れる話題で勝負しないからと述べているのはどこか新鮮に感じました。どちらかにあまり片寄らず公平に物事を見ようとしているのでしょう。

また、字幕翻訳の仕事の良さや難しさが興味深かったです。駄洒落や諺なんか訳すのに苦労するだろうなーと思っていましたが、やはり大変そうです。「チリンチリン」の件は上手いですね。専門家でなければ意図が上手く伝わらないのは良く分かります。記事やレポートも詳しい人が書いたものは面白いですし。

著者の漫才を一回見てみたくなりました。



スポンサーサイト



[ 2019/12/14 21:30 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2017年05月23日(火)

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫) 



著者:若林 正恭
発売日: 2015/12/25

評価〔B+〕 少しずつ変わっているのが興味深いです。
キーワード:エッセイ、芸能、お笑い、テレビ、文庫化、

誰もぼくのことなんて見ていない。それはわかっているのだ。だがしかし、だ。ぼくなのだ。ぼくが!見ているのだ!(「自意識過剰」より抜粋)


お笑いコンビ・オードリーのピンク男じゃないほう、スーツ姿の常識人っぽいほうの若林さんが雑誌で連載していたエッセイをまとめた本です。完全版ということで100ページ以上加筆されています。

どうやら人見知りかつ自意識過剰で有名らしく、その内面を飾ることなく明かしています。内向的な人なら結構共感できる点も多いのではないでしょうか。個人的には、「テレビのお仕事をしていくうちに感じてたのが、世の中の人は食べ物にすごい興味があるんだな」、あたりがかなり頷けます。芸能人でもそう思っている人がいて、なんか安心しました。

一つひとつのエッセイが数ページと短いためか、序盤は物足りなさを感じていたのですが、中盤以降は彼の行動に変化が出始めて面白いです。最初は無趣味だった彼が、面白いものを見つけて変わっていくのは良いですね。

「ネガティブモンスター」では考えすぎない方法を考え、ネガティブを潰すのはポジティブではないと結論付けます。また、「書籍化します」では、物事を楽しむためにはどうするのかを悩み、彼なりに答えを出します。こうした内向的な人なら身に覚えがありそうなことに対し、あやふやにせずきっちり言葉で説明しているのが良いですね。抽象概念を言葉にする能力が高そう。

短いものより長い文章のほうが面白かったので、次があるなら少し長めのエッセイを出して欲しいです。



[ 2017/05/23 21:40 ] 随筆 | TB(0) | CM(0)

2013年08月30日(金)

非選抜アイドル 

非選抜アイドル (小学館101新書)非選抜アイドル (小学館101新書)
著者:仲谷 明香(AKB48)
出版:小学館
発行:2012/04/02

評価〔B+〕 内側から見たアイドルグループ。
キーワード:アイドル、芸能界、現代、

ところが、そうした予想に反して、選挙後に待っていたのは、それまでと変わらない日常だった。(本文より抜粋)


家族のうち誰もAKBのファンでないにも関わらず、なぜか前回のAKB総選挙の生放送を、ご飯を食べながら眺めていました。順番を呼ばれたアイドルは泣いて喜んだりまたは不機嫌になったりと、個々の名前は知らなくてもそれぞれに芸能人生があって、なかなか面白いものでした。ある程度上の順位しか発表されないため、当然名前を呼ばれない下位のアイドルたちもいます。そうした、非選抜のアイドルの一人、仲谷明香が自分とアイドルについて書いたのが本書です。

結論から言うと予想していたより良かったです。人気アイドルグループの、それほど人気のないアイドルである彼女が、活動を続けてみて何を思い何を感じたのかがよく伝わってきます。彼女が総選挙後に悟った非選抜メンバーの責任、敗者の責任は、共感する方も多いのではないでしょうか。

競争が厳しい芸能界で生き残るために、頑固で何事も引きずらないという個性を活かすところ、訪れたあるチャンスを掴もうと無我夢中で頑張る姿は好感が持てます。自分を客観的に見て、何が強みなのか知り、努力を怠らない。これが彼女の芸能界での処世術なのですが、これは芸能界に限らずどの分野でも当てはまることだと思います。

現役アイドルの本ですが、AKBの内情や秘密のようなものは書かれていませんので、そうしたものが目当ての方はご注意を。調べてみたら、今年の3月にAKBを卒業していました。芸能活動は続けているようなので彼女の夢である声優業がうまくいくことを願っています。




[ 2013/08/30 19:56 ] 実用 | TB(0) | CM(0)