FC2ブログ







2020年05月22日(金)

ルポ 人は科学が苦手 アメリカ「科学不信」の現場から 



著者:三井 誠
発売日: 2019/5/21

評価〔B+〕 実物大のノアの方舟があるとは驚き。
キーワード:科学、宗教、政治、論理的、アメリカ、

温暖化を疑う姿勢は、その人の「知識のあるなし」に由来するのではなく、その人の「思い」から生まれているのだ。(第1章より抜粋)


科学分野でのアメリカといえば、NASAなどを見ても明らかなように世界の最先端を走っているイメージがあります。しかし、進化論を否定し人工妊娠中絶を許さない、科学よりも宗教を重んじる人々が少なくないというニュースも時々耳にします。また、科学に対する不信も深まっているそうです。なぜ科学を信じないのか、科学を専門とする記者が全米各地で生の声を聞いたノンフィクションです。

知識がないから科学者の研究結果を信じないと考えるのは著者も指摘していたように間違いで、結局人は見たいものを見て信じたいものを信じるということなのでしょう。私もネットで自分の反対意見の記事を読もうとはあまり思いません。本書ではその理由として宗教と政治に注目しています。宗教と科学が反発するのは分かります。政治とも合わないことがあるのは驚きでした。政治、政治と言っていますけど、正確には経済的な理由や反エリート主義だと思います。

問題点の列挙だけでなく、科学者たちの反科学に対する取り組みまで調べているのは良かったです。ただ知識を伝えるのではなく、アリストテレスの論理・信頼・共感の3要素をおろそかにせず相手に伝えることが大切なのは賛成です。話はよく分からないけれどあの人の言うことなら信じよう、なんてことは珍しくないですからね。

アメリカの取材だけで『人は科学が苦手』と言えるのかは疑問ですが、反科学の人々を理解するのに有益です。



スポンサーサイト



[ 2020/05/22 20:52 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2020年02月25日(火)

オカルトトリック Smoke And Mirrors 



著者:八槻翔 、 はぎや
発売日: 20??/??/??

評価〔B〕 似たような話、読んだことあります。
キーワード:奇術部、科学、オカルト、外伝、夢診断、

私が知りたいのは、この世に超能力者がいるのかどうかだけ。(第一章より抜粋)


高校生の折原いのりはある人物の異能の力を見て、その能力が本物の超能力かどうか知りたくなります。その人物の周囲の人に接するうちに、自分の悩みと向き合っていくこととなっていきます。本書は前作「オカルトトリック」の外伝です。

オカルトと科学が何度も交錯するあやふやな雰囲気は前作と同じです。今回は長編のためか進行もゆっくりで心理描写も多めです。このあたりはテンポの良かった前作のほうが好みでした。端的に言うといのりの成長物語だと思いますが、どことなくサスペンスやミステリーっぽいです。

まえがきにも書かれているように、オカルトトリックを読んでいなくても楽しめます。しかし、著者が記述しているように前作から呼んだほうがより楽しめます。前作ではそれほど出番が多くなかった登場人物たちが深く掘り下げられていて、前作を補完するようで面白かったです。



[ 2020/02/25 21:39 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2020年02月22日(土)

オカルトトリック 



著者:八槻翔 、 はぎや
発売日: 2019/3/31

評価〔B+〕 一般小説でもあまり違和感ありません。
キーワード:奇術部、科学、オカルト、

「呪いを・・・・・・、解いて欲しいの」(第一章より抜粋)


高校の奇術部に在籍する凛とその弟子・禅によるオカルトと科学が入り混じった青春ものです。ミステリっぽいけれど推理小説とはまた違うと思います。3つの中編からなる連作中編集。

主人公以外の登場人物が女の子ばかりなのはライトノベルっぽいですけど、内容は一般小説寄りです。凛や占い師の環奈と禅はオカルトに対する姿勢が異なっていて、どちらかというと禅に共感していました。しかし、読んでいくうちに前者の意見も一理あると思うようになり考えさせられました。扱っている主題や登場人物たちの悩みは荒唐無稽ではなく、現実味のあるもので興味深かったです。

科学の雑学も面白く、読後感も良かったです。もう一冊同じシリーズで出ているみたいなので、そちらも読む予定です。


[ 2020/02/22 22:33 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2019年12月07日(土)

サラリーマンの悩みのほとんどにはすでに学問的な「答え」が出ている 



著者:西内 啓
発売日: 2012/3/23

評価〔B+〕 簡単にできることから試してみたいです。
キーワード:悩み、サラリーマン、学問、

そろそろこの何度も繰り返した議論に終止符を打っても良いとは思いませんか?(はじめにより抜粋)


給料が上がらない、出世するには何が必要か、上司や部下と良い人間関係を築くには、とサラリーマンのよくある悩みについて、一個人ではなく学問の専門知識によって解決策を提示してく一風変わった実用書です。ビジネス書と言えなくもないです。

数々の問題に具体的な対策が用意されていますが、学問的な見地からはこうしたほうが良くなるという一案に過ぎないと感じました。これらが唯一無二の真実ではないと思うので、哲学や数学のような真実を求めている方々はがっかりしてしまうかもしれません。分野によっては既知のものがあったので、物足りなかった章もありました。

興味を引いたのは2章の行動経済学を駆使したお金の貯め方です。人の金銭に対する感覚は穴だらけと説き、お金の貯め方と使い方を細かく書かれています。一番効率が良いのは自分の能力を高めることに使うのが経済学っぽくなくて面白いです。

3章の出世する方法では天職を見つけるためにVIAテストという才能を見つけるためのテストが紹介されています。以前読んだ「さあ、才能に目覚めよう」のストレングスファインダーと同じ考え方なのですぐ理解できました。性格診断や性格分類は好きなのでさっそく試してみましたところ、一番の才能は忍耐力と出ました。詳細はつづきに書いておきます。

また、6章の家庭がうまくいく方法のポジティブサイコロジーの知見は、サラリーマンでなくても有益なので読んでほしい内容です。口論になりそうになったら話す順番を決めるのは良い意見だと思います。怒った時に実践できれば良いのですがなかなか難しそうです。

最後のほうに幸福感を得られる3つの考え方に触れています。どの悩みも最終的には本人がどう感じるのかに尽きるのかもしれません。



VIAテストの詳細はつづきにて↓
[ 2019/12/07 20:44 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2018年05月18日(金)

決してマネしないでください。 1 



著者:蛇蔵
発売日: 2014/12/22

評価〔B+〕 軽めでコミカルな偉人紹介です。
キーワード:科学史、科学者、伝記、偉人、理系、

「全員手を洗いましょうか。ゼンメルヴァイスの冥福を祈りながら」(本文より抜粋)


研究者の偉人たちをコミカルに紹介する科学史もしくは伝記漫画です。子供向けの伝記漫画が近いですが、あれよりもずっと短くコミカルです。

大学の理系の研究室が舞台で、個性的な先生と学生、そして科学に詳しくない人が登場することによって、自然科学が苦手な人にも読みやすく親しみやすい形となっています。伝記と言ってもその生涯をまるごと伝えるのではなく、かなり省略して必要な逸話のみ触れていますので、軽くさらりと読むことができるのも長所です。

本筋とは関係ない雑学も知らなかったものが多く、話のタネとして面白いです。科学って難しくてと敬遠している人や子供にはちょっと読んでみてほしいです。漫画だから取っつきやすいですし。






[ 2018/05/18 20:09 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)