2017年01月08日(日)

「昔はよかった」病 



著者:パオロ・マッツァリーノ
発売日: 2015/7/17

評価〔B+〕 現代の悪いところばかり目立つものです。
キーワード:文化史、昔、社会、新聞、治安、人情、

戦前の日本では、今の10倍以上の詐欺被害が発生していました。しかも当時の日本の人口がいまの半分くらいだったのですから、戦前は平気で人をダマす悪いヤツがそこら中にいたんですよ。(第2章より抜粋)


異常なクレイマーやモンスターペアレンツ、凶悪な事件などがニュースで報じられると、社会が段々悪くなってきているような気がします。そうした影響からか、しばしば「古き良き」「昔はよかった」と言われますが、本当にそうなんでしょうか。イタリア生まれの日本文化史研究家が、様々な史料をもとに昔が本当に良かったか検証します。

読みやすい話し言葉で書かれていますので、かなり読みやすいです。新聞の投書や犯罪統計など裏づけもしっかりしていて、外国の方であることを忘れてしまうほど、内容もしっかりしています。

上で引用した犯罪件数が今のほうが少ないことは知っていましたけど、自警団の実態や美人を優遇していた企業・役所、商店街の歴史など知らないことばかりでした。印象に残ったのは、江戸時代は人情が薄かったことです。住居転出率の高さから、深い近所付き合いはなかったと断言していて興味深いです。

随筆は思うがままに書くものだと思っていたのですが、巻末の参考文献を見ると、下手な新書よりずっと正確であると感心しました。著者の他の本も評判が良さそうなので、機会がありましたら読んでみます。



スポンサーサイト
[ 2017/01/08 19:05 ] 随筆 | TB(0) | CM(0)

2017年01月02日(月)

京都ぎらい 



著者:井上章一
発売日: 2015/9/11

評価〔B-〕 京都の華やかでない部分を紹介。
キーワード:京都、洛外、洛中、歴史、地域差、

ひとことで言えば、洛外でくらす者がながめた洛中絵巻ということになろうか。(まえがきより抜粋)


京都の人は性格が悪いと書かれているのを、ネットで何回も見たことがあります。何でも遠まわしに文句を言ういやらしさがあるとかないとか。早く帰って欲しい客には「ぶぶ漬けでもどうですか」と尋ねる逸話が有名ですが、本当なんでしょうか。あまり語られなかった京都人の本心について、京都市嵯峨出身の著者が暴露します。

『洛中の人々は洛外の人々を見下している』。洛中の中華思想は、都会に住んでいるほうが格上という価値観に似ています。しかし、どの地域にもありそうな都会人の優越感よりを、さらに苛烈にした感じです。良く言えば自尊心、悪く言えば選民意識かな。このまえちょっとだけ読んだ漫画にもそのことに触れていて、洛中の中にも序列があるみたいです。なぜ住んでいる場所がそれほどまでに重要なのかは、正直言って実感できません。でも、著者自身も自覚していますが、著者がさらに洛中から遠い地域を下に見ていることから、京都付近の社会ではそのような強固な因習があるのでしょう。

他には寺と花柳文化、寺と行政、京都と江戸の意外な関係が明かされています。こちらは京都人ではなく、京都の町の特色を分かりやすく説明していて、さすが歴史のある都市だなと感じさせてくれます。歴史の勉強をするのに身近な地名が出てくると、分かりやすいし覚えやすくてよさそうです。また、寺の拝観料の正と負の面は興味深かったです。

残念なのは、歴史に重点が置かれて、本来のテーマであった京都人の価値観や性分が少ししか明かされなかったことでしょうか。帯には「千年の古都のいやさしさ、ぜんぶ書く」とある割にはそうでもなく、なんだか物足りなかったです。




[ 2017/01/02 22:03 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2016年11月19日(土)

世論調査とは何だろうか 



著者:岩本 裕
発売日: 2015/5/21

評価〔B〕 調査するほうも苦労します。
キーワード:世論調査、統計、選挙、RDD調査、アンケート

世論調査は世論操作ではありません。そう思われかねないような質問は厳に避けるべきなのです。(本文より抜粋)


テレビや新聞でしばしば世論調査の結果が発表されているように感じます。質問は政党の支持率、仕事や結婚などの考え方など多岐にわたって行われ、国民の意見・意識を知ることができます。結果によっては政策を変えることもあります。大きな影響力を持つ世論調査はどのようにして始まったのか、なぜ少人数に尋ねるだけで全体の意思を知ることができるのかを、なるべく数式を排して説明しています。

調査の歴史を紐解くと、選挙や政治と密接に結びついていることが分かります。民主主義は民意に基づくものなので、当然と言えば当然かもしれません。また、調査方法は時代によって変遷していて、従来の固定電話に掛ける方法は回答率が落ちてきているのだそうです。主な理由は固定電話を持たない世帯の増加やプライバシーの意識の変化で、調査する人の苦労が分かる気がします。どの調査方法も長所短所があり興味深いです。

調査側の主張に騙されない世論調査の読み解き方も紹介しています。質問の仕方や選択肢の選び方、質問の順番によっても答えが変わる可能性があることを指摘しています。統計による誤差や有意差も解説があり、統計の嘘に丸めこまれないよう注意することが大切です。こうした調査の読解力を高めたい方には、「社会調査のウソ―リサーチ・リテラシーのすすめ (著、谷岡 一郎)」がおススメです。

著者は、世論調査は民主主義社会に与えられた武器だと説いています。世論操作のために利用される危険もありますが、自分に調査が来た時は、なるべく協力しようという気持ちになりました。




[ 2016/11/19 21:26 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2015年08月23日(日)

日本の居酒屋文化 赤提灯の魅力を探る 



著者:マイク・モラスキー
発売日: 2014/3/18

評価〔C+〕 呑み歩きが好きな人には良書。
キーワード:居酒屋、赤提灯、立ち呑み屋、大衆酒場、第三の場、

見逃せないのは、この軽いやり取りを通して、久々に入ってきた客は店主やほかの客たちに大切にされていることを再認識する、という大事な作用が潜んでいる点である。(第一章より抜粋)


外でお酒を呑む習慣がないので居酒屋もほとんど行かないのですが、あの独特の雰囲気にひかれる人は多いと思います。外国の方々にも結構評判が良いと聞いたことがあります。居酒屋の魅力とは何なのか? 居酒屋通いを続ける著者が居酒屋の素晴らしさを紹介しています。

居酒屋をストレス解消だけではなく、友人知人に会うことで自己確認が叶えられる「第三の場」であると述べています。確かに常連客はサークルや同好会のような楽しさや居心地の良さを感じているのだと思います。来ることを強要されず、社会や家庭から離れて楽しい時間を過ごせるのが利点です。ただ単に食事をするだけなら居酒屋でなくとも言い訳ですから。

店の注目すべき点や穴場の探し方は実用的で興味深いです。このあたりは著者の経験が活きています。また、前半の居酒屋の分類と全国各地の実在する店の紹介は、呑み歩きが趣味の人にとっては非常に有益です。しかし、味や価格ではなく雰囲気や趣を考慮して紹介していますが、あまり居酒屋ガイド本と変わらない印象を受けました。実際に呑み歩きの趣味がないからでしょうか。

題名に居酒屋文化とあるので、もう少し魅力の原因や秘密について考察してほしかったです。魅力を探るよりも、居酒屋が好き過ぎて魅力を伝えることに力が入ってしまった感がありました。




[ 2015/08/23 09:59 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2015年04月08日(水)

日本人はこれから何を買うのか? 「超おひとりさま社会」の消費と行動 

日本人はこれから何を買うのか? 「超おひとりさま社会」の消費と行動 (光文社新書)日本人はこれから何を買うのか? 「超おひとりさま社会」の消費と行動 (光文社新書)
著者:三浦 展
出版社:光文社
出版日:2013/04/17

評価〔C〕 題名が合っているようないないような。
キーワード:世帯、将来予測、おひとりさま、統計、コミュニティー

しかし今後は、20代、30代の一人暮らし世帯は減る。代わって増えるのは45歳以上である。(本文より抜粋)


かつて一人暮らしといえば、結婚する前の若者というイメージでしたが、最近では死別または離別により一人となった世帯が増えているようです。近い将来おとずれるであろう、そうした一人暮らし世帯が主流となる「超おひとりさま社会」について、現時点でのアンケート結果から予測・考察していきます。

アンケートから年代別性別で6つの集団に分け、それぞれの傾向を具体的な数字とともに説明しています。でも、大まかな説明なので、時々結果だけで原因の考察が浅いものがあり少々もったいない、もしくは惜しかったです。数字を使って根拠を示したのはいいが、数字が多いために面白みが薄れた感じ。もう少し突っ込んだ分析をすれば、より面白く社会の動向が分かったのに。年齢性別に関係なく、同じような指向を持ち始めているのが興味深かったです。

何を買うのかについては、物よりもサービスそしてケアが必要とされていることが分かり、そのためには人と人の繋がりを重視するコミュニティーが軸となると話は展開していきます。このコミュニティーが著者が一番言いたかったことのようで、買い物よりも一人暮らしでも豊かに生きていける方法・手段が考察されています。個人的には買い物そのものを深く掘り下げてほしかったのですが、新しい社会の仕組みのほうに重点が置かれてしまって、題名とは少しずれてしまった感じです。

もともと同著者の「これからの日本のためにシェアの話をしよう」「第四の消費」「東京は郊外から消えていく!」の続編として書かれたものだから、そちらを先に読むべきだったのかもしれませんね。



[ 2015/04/08 21:22 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)