FC2ブログ







2019年06月08日(土)

竜の学校は山の上 



著者:九井 諒子
発売日: 2011/3/30

評価〔B+〕 どの世界も味があります。
キーワード:短編集、オカルト、ファンタジー、現代、

「違った方向から竜を生かす方法を私たちと一緒に考えてみないか?」(本文より抜粋)


現実の中に適度にファンタジーが入り込んでいる物語が目立つ短編集です。公表済み7編と描き下ろし2編の9つが収録されています。

「ダンジョン飯」の著者の短編集ということで手に取りました。完全にファンタジーの世界もありますが、現実感が損なわれない程度にフィクションが混じった数々の話が個性的で面白いです。大笑いしたりタブーを取り上げたりのめり込んだりと強い印象はあまりないものの、読み終わった後ちょっと良いなと思ったり自分に当てはめて考えてしまったりする良さがあります。

序盤の短編の重い雰囲気よりも、終盤のゆるい空気ですが独特の味が出ている短編のほうが好みです。馬人間と猿人間が共存する「現代神話」や、竜が存在する現代日本の「竜の上の学校は山の上」が気に入っています。後者に登場する部長のカノハシさんは格好良いです。最後の彼の疑問に対する答えが印象深い。

著者の違う短編集にも興味がわきました。


スポンサーサイト
[ 2019/06/08 21:46 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年04月11日(木)

山田秀樹短編集 とある女子大生の日常にみる 



著者:山田 秀樹
発売日: 2009/10/24

評価〔C〕 ギャグが激しいです。
キーワード:ギャグ、短編集、

「ねぇ久美ちゃん、たまにはこういうのどう?」(本文より抜粋)


4つの物語からなる短編集ですが、表題作のみ6つの連作短編集という変則短編集です。全部で6編。

ギャグの勢いが凄いです。スラップスティックそのものといったところ。特に最初のブルマのあれはなんだか圧倒されました。笑えるのかと言われると、私はあまり合わなかったような・・・・・・。ギャグ一辺倒で1冊終わるのかと思っていたら、最後の2編はガラッと雰囲気を変えて恋愛ものです。最後まで読むと感想や評価に迷う1冊だと分かりました。

うーん、どちらかというと後者のほうが印象に残ったかな。ギャグと恋愛どちらが上手かったかは別として。また、著者は表題作の6話目が漫画っぽくなったと評していますが、絵柄だけで言えば3話や4話あたりのほうが好みでした。



[ 2019/04/11 21:03 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年11月26日(月)

透明のココロ 



著者:琴葉とこ
発売日: 2015/3/6

評価〔B-〕 もう一癖あっても良かったのでは。
キーワード:大学生、短編集、悩み、恋愛、友達、

玲美は大学に入って変わった。変わってしまった。(本文より抜粋)


大学生の男女の悩みをそれぞれ描いた短編集です。

突拍子もないことではなく、十分あり得る出来事や会話がたくさんあります。素直になれなかったり、恋愛の悩みだったり、ふと急接近した相手と戸惑ったり。こういう青春を送ってこなかった気がするので、羨ましいやらまぶしいやら。「クラスカースト」や「さよなら終電」は味があって良い感じ。

全て読み終わってから表紙の登場人物たちの目標や、カバーを外した表紙の直したいところを見るとなんだか納得ですし微笑ましいです。でも、もう少し突っ込んだ心理描写があっても良かったかな、とも思いました。



[ 2018/11/26 18:30 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年07月29日(日)

満願 (新潮文庫) 



著者:米澤 穂信
発売日: 2017/7/28

評価〔A-〕 推理の感心とホラーの恐怖を。
キーワード:暗黒ミステリ、短編集、ホラー、文庫化

『全宇宙の生命を脅かすモノ―― 災いの渦』(本文より抜粋)


温泉宿、交番、遠い異国の村と、実に多種多様な舞台と職業の人たちを描いた不穏な雰囲気が漂うミステリ短編集です。このミステリーがすごい2015年1位、週刊文春ミステリ2014年1位、ミステリが読みたい2015年1位、そして第27回山本周五郎賞受賞。

スパッと明るく解決ではなく、最後に明かされる恐ろしい事実で幕を引く短編ばかりなのが特徴です。暗黒小説と言うのでしょうか、それともサスペンスホラーのほうが近いかもしれません。ただ悪意や恐怖のみではなく、推理小説作家らしくまず謎があり終盤に真実が明かされる構造となっています。どの短編もさりげなく伏線がはられていて巧みです。「万灯」はやや長く感じましたけど、見事な終わり方だと思います。

また、美しい女性とその娘たちが主役の「柘榴」は非常に印象に残る短編でした。一人称で淡々と進むので一見本書には不釣り合いに思えますが、ある人物の真意が分かると全てが違って見えてきて驚きました。実写ドラマ化が見たい気もしますが、実際の映像にすると陳腐なものになりそうなので、読み手の想像に任せるのが良さそうです。それぞれが最適な人物像を想像できるのは、小説の利点ですね。

語り手から見て、知るすべのない他の登場人物たちの心情をあれこれ推理するのが興味深い短編集でした。殺人事件を扱うよくある推理小説でもなく、日常の謎でもないものを探している人は試しに読んでみてはいかがでしょうか。ちなみに同著者の「儚い羊たちの祝宴」と同じタイプなので、「儚い羊」が気に入っている人はきっと楽しめるでしょう。




[ 2018/07/29 23:10 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2018年01月02日(火)

へんなねえさん 



著者:吉富昭仁
発売日: 2013/10/10

評価〔B+〕 ピノチュピ、仕事それで良いのか。
キーワード:短編集、SF、ギャグ、現代、

ある日突然・・・俺に姉ちゃんが出来た。俺はこの15年間ずっとひとりっ子だったはずだが・・・。(本文より抜粋)


個性的な少女たちが好き勝手遊ぶ、奇想天外な短編集です。

題名どおり変な美少女が登場し、不思議な出来事を楽しんでいます。ジャンルとしては日常もの・・・・・・のように見える軽めのSFかな。それと、結構性的な描写があります。エッチな、では済まなそうなので、その方面が苦手な方はやめておいたほうがいいかも。あっさり描いてありますが。

著者も、あとがきで変な漫画を描いてしまったとあるくらい、すぐには似たようなものは思い浮かびません。独特の雰囲気。

どの短編も1回で終わらず続きがあります。最後には意外な事実が明かされるのですが、それが予想よりも練られていたので感心しました。まさか、感心するとは思ってもみなかったです。




[ 2018/01/02 19:01 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)