2017年09月14日(木)

世界八番目の不思議 3 (完) 



著者:宇島葉
発売日: 2017/3/15

評価〔C+〕 ユニークなシリーズでした。
キーワード:短編集、オカルト、SF

「そんなあなたにサキュバスさしすせそ」(本文より抜粋)


ジャンルこちゃまぜ独特の短編集も3巻で完結です。

相変わらず非日常の設定なのに、登場人物たちは日常系漫画のように違和感なく生活しているズレが楽しいです。携帯に目覚めたあの人や幽霊の人なんか特に。

慣れのせいなのか、1巻に比べて勢いが落ちていると感じました。また、恋愛も悪くはないですが、携帯の人や僧侶の人のようにコミカルのほうが好みです。カップルの会話や雰囲気を楽しみたいときは、恋愛漫画を読むと思うので・・・・・・。おまけらしい「EXTRA WONDER」も、残念ながらどこか物足りなかったです。

今度は短編でなく、長い物語を読んでみたいです。やはりギャグになるのでしょうか。SFでもオカルトでも何でもいけそうですね。



スポンサーサイト
[ 2017/09/14 22:40 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年09月07日(木)

さ迷える心臓 二宮ひかる作品集2 



著者:二宮 ひかる
発売日: 2014/11/28

評価〔B〕 女性がたくましい。
キーワード:短編集、恋愛

・・・・・・下品な親だ。(「花火の恋」より抜粋)


著者の「アイであそぶ」に続く、恋愛もの短編集の2冊目です。

相変わらず女性たちが生き生きしていて、男性たちの印象は薄いです。日常や恋愛の一部を切り取ったものばかりですが、今回は別れに関する話が多かったと思います。しかし、ジメジメした話にはならず、読後感も悪くありません。全部で16本も収録されているので、これだけあれば読者は自分の好みに合うものがありそうですね。私は「花火の恋」「眉間と谷間」が好み。

短いものは5ページに満たないほんの一シーンを描写しただけなので、物足りなさを感じたものがありました。表題作なんて短編の中でいくつも話があるから、本当に短いです。もう少し長ければいいのになあ。・・・・・・もしかしたら感受性が鈍くなってきているのかも。



[ 2017/09/07 21:45 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年09月02日(土)

世界八番目の不思議 2 



著者:宇島葉
発売日: 2016/7/15

評価〔B-〕 少し慣れてしまったかな。
キーワード:短編集、オカルト、SF

「どうしたらも何も、超ヒトじゃん」(本文より抜粋)


珍しい2話連作短編集の2巻です。

今回もジャンルはバラバラですが、オカルトものが多めです。神さまも妖怪?も人間とほとんど変わらない存在として描かれているので、明らかに非日常のことなのに日常っぽくて味があります。なんか生活感があると言いますか何と言うか。

帆立の人もユニットバスのやつも面白いですが、人ならざる者の話ばかりだと新鮮味に欠けます。今回SFっぽいのありましたっけ? 個人的にはオカルトではない現代ものや、SFをもう少し入れて欲しかったです。

1巻で登場したキャラが、ちょっとした役として出ているのもなかなかいいです。あみたそは目立っていますけど。次で完結ですが、この独特の雰囲気を壊さず、コミカルなまま終わって欲しいです。



[ 2017/09/02 19:01 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年07月30日(日)

世界八番目の不思議 1 



著者:宇島葉
発売日: 2015/12/14

評価〔B〕 少々変わった2話連作短編集。
キーワード:短編集、

「ぶっちゃけ脱衣婆ってどうよ」(本文より抜粋)


SFからファンタジーまでジャンルごちゃまぜ、なんでもありの短編集です。基本的にコミカルで、ちょっとカクカクした感じの特徴ある絵です。

2つの短編が1つのエピソードを構成しています。1つのエピソードがPartAとPartBに分かれている、と言ったほうが分かりやすいでしょうか。しかし、PartBが捻ったものが多く、面白いし巧みだと感じました。

どれも非日常ですが、壮大な感じや危機感はあまりなく、変わった日常として進行していきます。何が起きても日常は続くみたいなギャグ漫画です。強烈な話が読みたい人には向きません。でもこういう本のほうが、繰り返し読んじゃうよね。パイ投げの話が好き。

本書は分量が少ないのが不満です。価格も安いわけではないし。せめてあと1エピソード(2話分)欲しかった・・・・・・。



[ 2017/07/30 11:52 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年05月19日(金)

フリーランチの時代 



著者:小川 一水
発売日: 2008/07

評価〔B〕 軽かったり重かったり色々。
キーワード:SF、短編集、

回復の見込みはゼロだった。でもこのとき世界には、Vフィールドが作られつつあった。(Live me Me.より抜粋)


表題作を含む5つの物語からなるSF短編集です。著者は名前はよく見かけるけど読んだことがなかったので、読みやすそうな短編集を試しに読んでみました。

軽い雰囲気で新時代を描いた「フリーランチの時代」があったかと思えば、現代から地続きで説得力のあるシリアスな人生の「Live me Me.」と、意外にも時代も雰囲気もバラバラな短編集です。よくある宇宙船で宇宙を旅する話もあり、これだけあればどれかは気に入った物語がありそう。印象深かったのは上で引用した「Live me Me.」と「千歳の坂も」かな。変わりゆく社会に翻弄されながらも、流されず自分の人生を生き切る意志が描かれていて目を引きます。

どれも落ち着いていて、登場人物が新たな一歩を踏み出す、というのが全体に共通する印象です。上手く表現できませんが。お腹を抱えるような笑いや、派手な展開とは縁遠いです。インパクトを求める人には、そこが弱いかもしれません。

著者の他作品「時砂の王」の外伝も収録されています。私は本編を未読だったので、そういった楽しみ方はできなかったのですが、読まなくても支障はありません。単体でも楽しめます。



[ 2017/05/19 21:35 ] 小説 | TB(0) | CM(0)