2017年03月29日(水)

視力を失わない生き方 



著者:深作 秀春
発売日: 2016/12/15

評価〔A-〕 きちんと調べてから診てもらいましょう。
キーワード:眼科、手術、白内障、緑内障、

大切なのは、寿命は90歳であっても、眼の寿命はもっと短くて、せいぜい70歳ぐらいであることをまず認識することです。(第2部(2)より抜粋)


日本の医療は世界の中でも最先端というイメージがありますが、本書の著者によると、眼科の手術に関しては低レベルなのだそうです。外国で最先端の技術を学び、アメリカの学会で何度も賞を受賞した著者が、視力を保つために知っておくべきことを解説しています。

大学は研修病院に過ぎない、手術の腕がないために失明してしまうことが多いなど、医療関係者以外ではなかなか知りえない有益な情報が記載されています。少し前に話題になったレーシック、加齢による白内障や緑内障、糖尿病と眼の関連性と、専門的でやや分かりにくい点もありますが丁寧に説明されていて、患者のことを考えていることがよく分かります。驚いたのは、花粉症で目をこすっていると目に損傷が蓄積し、網膜剥離の危険があることです。本でよく紹介されている眼の運動も、ほとんど無意味だそうですよ。

眼科に救急はなく、腕のよい眼科外科医にかかることが大切だそうです。眼の手術は医者によって大きく差があるので、慎重に選ぶようにと主張しています。探す時も著者が言うように、誰かの意思が介入している場合もあと思うので、複数の媒体・サイトから探すのがおすすめです。

著者は最先端の技術を学び腕も確かなようですが、アメリカで技術を学んだためか、自己主張が激しいです。自信と実績があるので、本書の中で何度も自分の病院をすすめています。しかし、超上級者と連呼されると宣伝のための本のようで、あまり良い気分ではありません。「社会調査のウソ」のように、日本の眼科医療全体の発展を願うような文章であれば、さらに良かったのですが。それと、著者が大学病院にいた頃は、眼科医療は確かに遅れていたのでしょうが、インターネットがある現在でも大幅に遅れているのでしょうか。どうなんだろう。

今後、眼の病気にかかってしまったら、本書のことを思い出して適切に行動するよう心がけます。今のうちに読んでよかったと思います。



スポンサーサイト
[ 2017/03/29 22:06 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)