FC2ブログ







2019年09月08日(日)

山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か 



著者:羽根田 治
発売日: 2010/1/15

評価〔B+〕 実は危険な面もある趣味です。
キーワード:遭難、救助、登山、ハイキング、中高年、

次は自分の番かも──テレビや新聞で遭難事故を見たときに、まずはそう考えることから始めてみてはいかがだろうか。(第4章より抜粋)


最近、富士山の登山道が登山客で度々渋滞となっているという話を聞きました。富士山が人気なのもありますが、他の山でも多くの登山者がいるそうです。特に中高年の方々が多いとか。それを裏付けるかのように遭難のニュースもちょこちょこ目にします。本書では、どうして遭難は起きてしまうのか遭難するとどうなってしまうのかを具体例を挙げて注意を喚起しています。

趣味としての登山・ハイキングの発端から遭難や救助の歴史を統計データも交えて説明しています。次から次へと不幸な事故を読んでいると、なんて山は恐ろしいところなんだと怖くなってきますが、そうならないような対策や準備も載っています。迷ったら先に進まず引き返す、なんてのは単純なことですが覚えておいたほうが良いです。遭難者は手を振って知らせる、関係ない登山者は手を振らないなんてのも重要です。

戦後の登山の動向を読んでいると、若いときに登山ブームを体験した年代が定年後にまた山に戻ってきているようなので、新規の参加者が爆発的に増えている訳ではないみたいです。年配のバイクツーリングに似ていますね。若い頃の趣味はまたやりたくなるのでしょうか。

後半は山岳救助隊の声と遭難した登山者の声の両方が書かれていて、両者の登山や遭難救助の意識の差に驚きましたし残念な気持ちになりました。安易な救助要請やほとんど他人まかせの登山者の存在は困りものです。登山の危険性の啓蒙活動や入山料を取るしかないのかな。

あとがきでも触れていますが、著者が山を愛し過ぎていて少々怒りの書となってしまいましたけど、その気持ちも分からなくはないです。ちょっとしたハイキングでもツアー登山でも、山は危険な場所となり得ることを再認識しました。



スポンサーサイト



[ 2019/09/08 21:31 ] 実用 | TB(0) | CM(0)