FC2ブログ







2019年06月24日(月)

その症状、本当に認知症ですか 



著者:神谷 達司
発売日: 2016/4/30

評価〔B〕 医師でなくても知っておくと良いこと。
キーワード:認知症、アルツハイマー病、加齢、誤認、介護、

認知症にあまりくわしくない医師が診断する機会が非常に多くなり、結果として誤診につながっていると思われます。(本文より抜粋)


高齢社会の問題の一つとして認知症があります。一度なってしまうと完治することはないやっかいな病気です。有名となってしまった病気ですが、正しい知識を持っている人はどのくらいいるのでしょうか。題名にあるように誤診の危険性も含めて、専門医の立場から認知症について解説した一般向け入門書です。

違いが分からなかった認知症とアルツハイマー病の違いや、疑問に思っていた認知症のもの忘れと加齢のそれの違いが書かれていてためになります。アルツハイマー病は認知症の一種ですが、認知症は状態を表す言葉だそうです。また、症状が似ている病気が多いことや、専門知識のない医師の診察により誤診が多いことにも触れています。誤診しやすいケースや事例を挙げているので分かりやすいです。誤診を防ぐために家族ができることは、医師に患者の普段の様子を正確に伝えることだと説いています。

病気の違いを要点を絞って説明しているのは良かったです。アルツハイマー患者が立体を模写できないのは興味深いし、何かの役に立つかもしれません。しかし、正確に説明しようと専門用語ばかりとなってしまったところは、素人には分かりづらかったです。
専門家でない限りはそこまでの知識は要らないかな。

最後の章では認知症発症の危険性を下げる対策が書かれています。だいたいは予想したとおりでしたが、アロマセラピーや肥満が影響あるとは知りませんでした。こうした対策は頭の中に入れておこうと思います。



スポンサーサイト



[ 2019/06/24 19:19 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

2018年01月19日(金)

脳が壊れた 



著者:鈴木 大介
発売日: 2016/6/16

評価〔B+〕 脳梗塞の人を知らなかったら評価A。
キーワード:闘病記、脳梗塞、リハビリ、

ともあれ、しゃべれない、指も動かない、視界はグニャグニャ。どうやら歩行には支障がないようだが、確実にこれは脳のトラブルだ。(第1章より抜粋)


現役のフリー記者が脳梗塞を患い、体験したことを分かりやすく伝える闘病ドキュメンタリーです。

文章のプロが綴っているだけあって、事細かに丁寧に書かれています。脳の病気になって性格が変わってしまったという話はときどき聞きますが、著者によると注意力や意識、感情の制御がうまくいかないためにそう見えるそうです。リハビリはくじであるという比喩は分かりやすく興味深かった。なかなか理解しづらい患者の内面が、前よりは分かった気がします。

恥も外聞もなく正直に思った事や知られたくないであろうことも語っていて、さらには病気の原因についても生活習慣を反省し、改善しようと今もなお試みているのが立派です。食事と運動に気をつけていてもなってしまうのが怖い。元アスリートは危険なのも意外でした。

私は脳梗塞の患者を知っているので、ああこんな感じだよねと割とすんなり読めましたけど、周囲に患者がいなかった人にとっては知らないことばかりかもしれません。脳梗塞を理解する助けとなる闘病記でした。予防のために読むのもよさそうです。




[ 2018/01/19 22:22 ] 随筆 | TB(0) | CM(0)