FC2ブログ







2019年01月02日(水)

異世界に語彙力があるとは限らない 



著者:坂野 杏梨
発売日: 2018/6/25

評価〔C〕 瞬発力はありましたが。
キーワード:異世界、ギャグ、ファンタジー、語彙力

「何言ってるか全然わかんねェよ!!!」(本文より抜粋)


斬新な発想さえあれば語彙力や作文能力がなくても創作物はできるのか?をギャグ漫画の形で表現したのが、本書だと思います。

普通の高校生が突然異世界に飛ばされるというおなじみの展開ですが、言葉をより知っているほうが強いのは面白いです。ファンタジー世界なのにそれらしき戦いをせず、口喧嘩のみしているように見えるのはなかなか新鮮です。雰囲気も軽いし。

1話目は面白かったのですが、全体的にはそれほど・・・・・・。3人目の敵あたりからパターンが読めてしまい、意外性がなくなってしまったのが原因だと感じました。何か変わった勝負もできたのでは、と思ってしまいました。例えば、しりとり勝負とか。

何が物足りなかったのかうまく表現できません。あの世界に行ったらボコられそうでマジヤバい。



スポンサーサイト



[ 2019/01/02 22:20 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)