2017年09月07日(木)

老人喰い 高齢者を狙う詐欺の正体 



著者:鈴木 大介
発売日: 2015/2/6

評価〔B+〕 防犯対策の本ではありません。
キーワード:振込め詐欺、世代格差、

詐欺の現場プレイヤーのモチベーションは、異様なほど高い。これは取材を重ねるほど痛感したことだった。(第3章より抜粋)


噂で聞いたかテレビで報道していたか忘れましたけど、振り込め詐欺にはタイムカードがあると知った時は、行き当たりばったりでなく組織化されているのだなと驚きました。すぐになくなってしまうかと思っていたら、かなり長い期間流行している振り込め詐欺ですが、一体どのような人物が何を考えながら犯罪を犯しているのでしょうか。取材によって見えてきた詐欺の実態を明らかにします。

現場の雰囲気や行動を小説形式で書かれているので、臨場感があって分かりやすいです。著者もほぼノンフィクションと考えていいと断言していますので、あの物語のような集団がたくさん存在するのでしょう。予想よりも暴力の世界ではなく、連帯意識の強いブラック企業のようだと感じました。行っていることが犯罪なので読んでいて気分は良くないですが、知らない世界を見るという意味では興味深い内容です。中でも、非行少年ではなく、ごく普通の若者を詐欺集団の一員に育て上げる過程が、新興宗教の勧誘と似ているのは凄かったです。本当によくここまで取材したなあ。

著者は世代格差が原因で、貧しい若者が豊かな老人を食いものにしていて、人材と才能の浪費だと主張しています。確かに世代格差は存在して、下の世代ほど大変です。しかし、取材対象にやや肩入れしているのが気になりました。彼らの活動が違法なだけに。もし著者が言うように、彼らがやる気が旺盛で仲間思いの豪胆なら、体育会気質の会社はたくさんあるのでそこで働けば十分やっていけそう、というのは甘い考えなのでしょうか。それとも、ブラック企業は詐欺集団よりも酷いのでしょうか。そうだとしたら、それはそれで大問題です。

振込め詐欺の裏事情を知ることができる、ためになるノンフィクションでした。




スポンサーサイト
[ 2017/09/07 21:50 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2016年03月16日(水)

反省させると犯罪者になります  



著者:岡本 茂樹
発売日: 2013/5/17

評価〔A〕 自発的に省みるのが大切です。
キーワード:反省、反省文、問題行動、犯罪、しつけ、刑務所、

反省文は、ある意味、「お手軽」な方法であるとともに、「りっぱな反省文」を読めば誰でも納得するからです。しかし、それでは問題を悪い形で先送りさせているだけです。(第2章より抜粋)


悪いことをしたら反省するのは当たり前、それが犯罪ならただちに反省すべき、そう思っている方は多いと思います。そんな常識的ともいえる考えに一石を投じたのが本書です。刑務所で受刑者の更生支援を行っている著者が、反省文の効果を考察し、新しい厚生の方法を提示します。

受刑者との面接や自身の失敗談から、問題が起きた直後に反省だけさせるのは良くないと力説しています。形だけの反省は確かに意味がありません。反省文が上手に書けていればしっかり反省しているとみなすのは、問題があります。反省していなくても文才がある人は上手く書けますし、反省していても表現力や語彙力がない人は反省していないと見える可能性があります。反省文やその場の態度のみで良しとせず、何が根本的な原因となっているのか明らかにしていくことが重要だと説いています。

まず厚生の第一歩として、加害者の言い分を聞くとあります。否定的感情をあらわにすることで問題点が浮かんできて、本当の意味での反省へ繋がるとも書かれていて、実践するのは難しそうですが納得できるやり方です。学校や厚生施設でも取り入れてほしい手法ですね。

子供の厳し過ぎるしつけは、反省文と同じように害になると説いています。我慢や自立を強く求めすぎず、子供は子どもらしさを大切にする、人とつながることの重要とあります。孤立が問題行動の原因になっていることが多いようなので、こうしたことも上記のこと同様、親である人々には知っておいてもらいたいことだと感じました。



[ 2016/03/16 21:46 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2015年11月26日(木)

知っておきたい 世界の悪人・暴君・独裁者 



著者:桐生 操 (監修)
発売日: 2008/10

評価〔B〕 波乱万丈とはまさにこのこと。
キーワード:悪人、独裁者、犯罪、歴史、

シーツや毛布など結んで窓から垂らして降り、さらに反対側の壁を伝って脱出に成功した。しかもそのとき、恋人をかかえて一緒に脱獄していたというから驚きである。(「世界一の脱獄王、ジャック・シェパード」より抜粋)


歴史に名を残すような悪人や犯罪者は、本当に迷惑な存在だったかもしれませんが、たびたび小説や映画の題材になっています。良くも悪くも個性が強く、刺激的な人生だったことは間違いなさそうです。そんな世界中の悪の人々を集めて紹介したのが本書です。

猟奇犯罪者から始まり、悪女、盗人、海賊、暴君、暗殺者と、様々な地位や職の人間が掲載されています。どれも凄く、日本ではいなさそうだなーと思っていたら、結構いました。八つ墓村のモデルとなった事件の犯人・都井の凶行は強烈です。でも、どの人物もフィクションなのでは?と思ってしまうくらい波乱万丈な人生です。

一つ興味深いのは、悲惨な最期を遂げる者がいる一方で、詐欺で逮捕された後に会社を興し、大成功したフランク・アバグネイルのような者もいたことです。あとは、国からサーの称号をもらい、海軍中将になった海賊のドレイクもそうですね。並外れた才能が社会に認められた、稀なケースだと思います。

「事実は小説よりも奇なり」を地でいく本でした。


[ 2015/11/26 21:17 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)