2017年01月14日(土)

弁護士が教える分かりやすい「民法」の授業 



著者:木山 泰嗣
発売日: 2012/4/17

評価〔A〕 役に立つ超入門書です。
キーワード:法律、民法、弁護士、

自分に債務があることを認めることを「債務の承認」と言います。「債務の承認」があった場合には消滅時効は中断します。(1日目4時限より抜粋)


この本を見た時、知人の裁判の話を思い出しました。相手が悪いのだから弁護士はいらないと、弁護士を雇わないで裁判に行ったら、裁判所の人に弁護士がいなければ勝てる裁判も勝てませんと忠告されたそうです。法律は専門性の高い分野だと思います。中でも膨大な量がある民法は難しいそうです。必要性が高いけれど難解な民法を、できるだけ簡単で分かりやすく説明しようと試みたのが本書です。

超入門書なだけあって、知識がまったくゼロからでも読み進めることができます。内容は2日間の講義形式とし、前半は基礎を、後半はその具体例を挙げて解説しています。具体例が未成年の子供が万引きしたときの責任や、大家さんに無許可で部屋を又貸しなど日常で起こりそうな、または巻き込まれそうな問題が多く興味深いです。

予想通り専門用語が多くです。意思の欠缺(けんけつ)を始め聞きなれない言葉ばかりです。相手に原因があることを「帰責事由」なんて難しく言わなくてもいいと思うのですが、厳密に言葉を使わなくてはならないから仕方がないのかな。

印象に残ったのは上記引用の時効についてです。途中で「債務の承認」があると、さらに時効が伸びるのは知っておいたほうが良さそうです。飲食店の代金、ホテルの宿泊料の有効期限が1年しかないのも意外でした。また、連帯保証人についての記述も勉強になりました。単なる保証人の違いもきちんと説明してあります。債権者がいつでも連帯保証人に請求してよい点がポイントです。

超入門書とはいえ、もちろん分かりにくい難解な箇所もありますが、全体的に丁寧に要点だけ書かれていますので理解しやすいと思います。こうした知識は自分を守るために必要だなと再認識しました。



スポンサーサイト
[ 2017/01/14 21:35 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2015年02月06日(金)

迷惑行為はなぜなくならないのか? 「迷惑学」から見た日本社会 

迷惑行為はなぜなくならないのか? 「迷惑学」から見た日本社会 (光文社新書)迷惑行為はなぜなくならないのか? 「迷惑学」から見た日本社会 (光文社新書)
著者:北折 充隆
出版社:光文社
出版日:2013/10/17

評価〔B+〕 迷惑と思ってない人が問題です。
キーワード:迷惑、法律、常識、非常識、

「このくらいならいいだろう」とか、逆に「やってはいけない」「守らなければならない」と思いこんでいることも、所属する集団のルールが違えば、180度変わってしまうほど、あやふやなものなのである。(第3章より抜粋)


いつも行くお店があるのですが、そこは大きな駐車場があるにも関わらず、駐車の枠以外の場所に車が止めてあることが多々あります。どうして決められた場所に止められないのか、道をふさいでいる訳ではありませんが不満です。そうした迷惑行為はなぜ起こるのか、防ぐ方法はあるのかを考察しているのが本書です。

迷惑学なる学問の分野はないそうで、著者の専門である心理学の面から研究して分かったことを、具体的な実験なども交えて分かりやすく説明しています。車のスピード違反や電車内の携帯電話など身近な問題から、最近のツイッターによる問題行為による炎上騒ぎまで幅広く扱っているので、どれか一つくらいは見たこと聞いたことがあるのではないでしょうか。違法か合法か、他人の行動の影響、所属によるルールの違い等、漠然とイメージしていた迷惑行為が、ある程度まで体系化されていて感心しました。これらの解決策として、相手の内面に働きかける「お礼型」メッセージやレッテル貼りを提案していて、説得力があると思います。

不満な点を挙げるとすれば、まだまだ始まったばかりの学問なので、データ不足の感は否めません。蓄積が少ないためか、やや物足りないようにも感じました。今後は迷惑学を研究する人が増え、調査ももっとサンプル数の多ければ、さらに多くのことが分かるようになるはずです。

文中の「心から愛する妻(棒読み)」には笑ってしまいました。こうしたユーモアがあるのは良いことだと思います。言われたほうは怒るかもしれませんけど。迷惑行為に腹を立てている方は、本書を読んで勉強してみると良いかもしれません。



[ 2015/02/06 19:43 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2013年02月13日(水)

どこまでやったらクビになるか―サラリーマンのための労働法入門 

どこまでやったらクビになるか―サラリーマンのための労働法入門 (新潮新書)どこまでやったらクビになるか―サラリーマンのための労働法入門 (新潮新書)
著者:大内 伸哉
出版:新潮社
発行:2008/08

評価〔A-〕 分かりやすい労働法入門
キーワード:社会人、労働者、労働法、懲戒、解雇

ただ、実際に転勤命令が発せられたときに社員がそれに従わなくてもよいという場合があります。それは転勤命令が「濫用」といえる場合です。では、どうような場合に、転勤命令が濫用と判断されるのでしょうか。(5講より抜粋)


なかなか過激な題名です。読む前は、著者が実際にあれこれ問題行動を起こして、クビになるかどうか試した体験記かと思っていました。もちろん一人で数々の問題を全部実行できる訳ではないので、どこの職場でも起こりそうで問題になりそうなことを、裁判の実例と架空の例を挙げて解説しています。労働法入門です。

どの例も本当に自分の身に起こりそうな事例なのが有用です。上記の転勤をはじめ、残業手当、セクハラ、副業、内部告発など数多くのケースが書かれていて興味深いです。労働法入門と難しそうなわりには分かりやすい文章です。自分の不注意で怪我をした場合は、労災認定されるのか? 酔ったうえでの痴漢行為は懲戒解雇になるの? 産休はボーナスに影響するの?と身近な話が多くのが良いです。

何が問題となるのか何が争点となるのかを、法の観点から解説しているので理解しやすいです。また、一見クビとは関係なさそうな、私的な行動である社内不倫や喫煙問題も扱っていて、単に読み物としても面白いです。

サラリーマンのための、とありますが、雇用する側・雇用される側に関係なく読んでおいて損のない一冊です。これから就職する学生さんたちにも、役に立つと思いますよ。



[ 2013/02/13 21:59 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)