2016年08月10日(水)

空ろの箱と零のマリア 7 (完) 



著者:御影 瑛路
発売日: 2015/6/10

評価〔A-〕 無事完結して嬉しいです。
キーワード:サスペンス、学園、殺人ゲーム

僕は、マリアを唯一救い出せる存在である、『騎士』なのだ。(プロローグより抜粋)


ついに最後の対決です。一輝はマリアを救うために、箱が生んだ「出来損ないの世界」と戦います。

前半は、1巻を彷彿させる、先の見えない緊張感あふれる展開でのめり込みました。どうなってしまうのか?という不安と、どのように予想を外してくれるのかという期待が混じった気持ちになり、このシリーズを読んでいるだなという実感がありました。面白いです。途中、記憶や思考が途切れる場面がありますが、いかにも現実味があって怖いですね。また、“O”の正体と起源の詳細もついに明かされますが、これは1巻を書いたときから決まっていたのでしょうか。ここまで決まっていたのなら、よくできた世界だと思います。

後半の決着が、今までのような意外性がなかったのが残念です。目的や敵味方がころころ入れ替わり、読者を翻弄するのが魅力だったので、それが最終巻でほとんど見られなかったのが惜しい。欲を言えば、もう一回くらいどんでん返しが欲しかったです。

エピローグは概ね予想通りでしたが、各登場人物のその後が丁寧に描かれていて好印象でした。まあ納得の結末です。それよりも、この物語をきちんと完結してくれたのが良かったです。途中で続刊が出なくなって未完、のようなラノベはたくさんありそうですし、結末を見届けることができて本当に良かったです。という訳で、シリーズ全体としての評価はAからA-です。本書単体としては、B+からBくらいかな。次回作も期待しています。


スポンサーサイト
[ 2016/08/10 22:10 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2016年08月10日(水)

空ろの箱と零のマリア 6 



著者:御影 瑛路
発売日: 2013/1/10

評価〔B〕 もう少し緊迫感があれば。
キーワード:サスペンス、学園、殺人ゲーム

カズ。お前にゼロのマリアを取り戻させたりしない。(インターバルより抜粋)


“罪と罰と罪の影”の後半編、お互いの目的を果たそうと醍哉と一輝は争います。

相手を限定して作られた“願い潰しの銀幕”のほうが、かなり有利だと思っていたのですが、そう簡単にことは進まず勝負はもつれました。両者の状況がすぐ変化し、有利だったはずがすぐ不利になってしまうのが面白いです。こうした目まぐるしい展開は好きなので歓迎です。

勝負の決め手は意外なものでした。かなり強烈。凄いことになった。あの人物の覚悟がうかがえます。でもこれ、後味の良い終わり方ではないと思うので、人によって評価が分かれそうです。また、今回は両者ともに悪者ではないので、どこか緊張感にかける気がしました。できれば敵は、もっと悪そうなやつが良かったかな。

この結末が最終巻へどう繋がるのでしょうか。次で最終巻です。



[ 2016/08/10 22:05 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2016年04月02日(土)

空ろの箱と零のマリア 5 



著者:御影 瑛路
発売日: 2012/7/10

評価〔B〕 まだまだ序盤ですが、緊迫感があります。
キーワード:サスペンス、学園、殺人ゲーム

“願い”を潰すスペシャリストであるそいつは、必ず俺の前に現れる。(本文より抜粋)


ついに醍哉が自身の箱“罪と罰と罪の影”を使い始めます。彼と対立することとなった一輝は、これまで思い切った手段を使うことを決断します。“罪と罰と罪の影”編の序盤です。

相変わらず先の読めない展開です。本書は醍哉の箱の紹介みたいになっていて、まだまだ序盤なのですが、それでも盛り上がる場面もあり読み応えがあります。また、思わぬ事実がいくつか明らかになり、ちょっと驚きました。もっと最後のほうで明らかになるようなことだったので。

4巻を読んだのが4年以上前なので、本書を読んだ後、また読みなおしています。4巻の時点で、敵になるだろうと書かれていたんでしたね。だんだん思い出してきました。前回の感想で麻理亜の出番が増えるといいと書いたのですが、残念ながら今回も少なかったです。メインの人物なのに・・・・・・。

この対決もこれからなので、残り2冊を読むのが楽しみです。



[ 2016/04/02 18:45 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2015年11月11日(水)

未来日記 12 (完) (再読) 



著者:えすの サカエ
発売日: 2011/4/26

評価〔B〕 あの結末をどう考えるか。
キーワード:未来予知、携帯電話、殺人ゲーム

私の居場所――――(本文より抜粋)


謎が解明され、どのような結末となるのか。最終巻です。

11巻が謎解明編ならば、12巻は完結編です。二人がお互いの気持ちをぶつけ、自分の望んだ終わりに導くため争います。ゲーム中あっさりと退場してしまう人もいましたが、今回についてはじっくり描写し、決着も説得力のあるものでした。ただ、決着そのものは良かったですが、その後の結末は、うーん・・・・・・複雑です。理由は下記の【ここからネタばれ】に書いておきます。他の方の書評を読むと、ハッピーエンドと解釈している人が多いですね。

サバイバルゲームの娯楽性は11巻が最高潮ですが、主役二人の関係や感情については、この最終巻が最高潮です。当初からヤンデレだのなんだの騒がれていた由乃ですが、ここまで読んで、ようやく彼女がどのような人間なのかを理解できたような気がします。

終わり方が難しそうな設定でしたが、なんにせよきちんとした形で完結したので良かったと思います。漫画と同時進行でアニメを視聴しましたが、そちらも漫画の良さを保ちつつ上手く映像化しています。漫画が気に入ったなら、アニメ版もぜひどうそ。


ネタばれ話を少し↓


[ 2015/11/11 21:23 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年11月11日(水)

未来日記 11 (再読) 



著者:えすの サカエ
発売日: 2010/12/25

評価〔A-〕 この巻が一番面白いと思います。
キーワード:未来予知、携帯電話、殺人ゲーム

伝えなければ・・・伝えなければ・・・(本文より抜粋)


雪輝、由乃、秋瀬がそれぞれの思惑のもと、最終決戦に挑みます。

中盤からの謎であった由乃が隠していることが、ついにようやく明らかになります。秋瀬が突き止めたDNA、大金庫の扉のロックなど、今まであったおかしな出来事が見事に繋がります。前にも一度全部読んだと書きましたが、内容を知っていてもこの巻は盛り上がり面白いです。また、そこに至るまでの過程も良いですね。あの推理も納得です。

二つの過ちの件もかなり衝撃的でした。アニメ版ですと伏線があるんですよね。気になる方はどうぞ。そしてその後の因果律大聖堂の場面。狂ってると言われた某が叫んだ台詞が、本当に印象深いです。なんかもうさすがです。

最後に登場したあの人物によって、どのような結末になるのかが予想しづらくなっているのがにくいですね。次が最終巻です。



ネタばれ話は続きにて↓

[ 2015/11/11 21:01 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)