FC2ブログ







2020年07月04日(土)

獺祭 この国を動かした酒 



著者:勝谷 誠彦
発売日: 2016/12/24

評価〔B〕 少々の自慢話はよしとしましょう。
キーワード:日本酒、蔵元、酒米、ルポルタージュ、新書化

ものまねである。しかし桜井は経験ではなく理論に基づいたものまねをすることがどんなに大切かを知った。(第二章より抜粋)


獺祭は初めて日本酒を美味しいと思ったお酒です。それ以降少しではありますが日本酒を嗜むようになりました。今では有名な酒となりフランスのレストランでも扱われているという獺祭が、どのようにして生まれ成長していったかを旭酒造の会長・桜井氏を軸に綴っています。本書は西日本出版社から刊行した「獺祭 ─天翔ける日の本の酒」を新書化したものです。

今まで作ってきた旭富士とは異なる新しいブラント名を「獺祭」と決めたくだりが興味深いです。いっそ読めない漢字を銘柄にするその決断力は凄いです。覚えやすいというセオリーを無視していてどこか清々しいです。

また、単に新しい味を開発して成功したのではなく、杜氏の閉鎖性、酒造会社と問屋の関係など昔ながらの習慣に抵抗し打ち破りながら現時点に至ったことがよく分かります。そうした姿勢や実績が一年中酒造りをする画期的な四季醸造を生んだのでしょう。酒米不足の時も持ち前の行動力で解決するのは見事でした。

旭酒造のみならず日本酒業界が再び元気になってきた理由の考察は説得力があります。近年まで伝統の手法を大切にし過ぎた弊害でしょう。時代の流れかなと感慨にふけってしまいました。

テレビでよく見ていた人で最近見ないなと思っていたのですが、2018年に亡くなっていたのですね。知りませんでした。こうした人を前向きな気持ちにさせる本を書いていたとは惜しいです。


スポンサーサイト



[ 2020/07/04 10:26 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2020年04月02日(木)

白熱日本酒教室 3 〔完〕 



著者:アザミユウコ 、 杉村啓
発売日: 2019/10/12

評価〔B+〕 巻末おまけまんがも良かったです。
キーワード:日本酒、特定名称酒、漫画化、

「全体的に温度が高いと甘味や旨味を強く感じるんですね」(本文より抜粋)


前の2冊ではお酒の種類や作り方を見てきました。今回、この最終巻ではお酒の飲み方や買い方、保管の仕方まで説明しています。

日本酒度など知っていると便利な言葉から、どの料理とどのお酒が合うのか実践的なものまで今までどおり丁寧に解説してあります。このシリーズは専門的なことも平易に書かれているのが良いです。13時間目の買う時の味の目安は便利です。ここを読むだけでも日本酒を選ぶ基準ができて選びやすくなりそう。

同じお酒でも温度によって味が変わるのは本当に興味深いです。個人的には冷や(常温)や冷酒が好みなのですが、著者は燗酒を強く勧めています。そこまでお勧めなら今度温めて飲んでみようかな。

新書版を既読なので復習を兼ねて読みました。忘れかけていた知識が多々あり勉強になりました。新書も漫画もどちらも良いのですが、活字を読むのが苦手な方はこちらの漫画版をちょっと読んでみると日本酒にはまるかもしれません。




[ 2020/04/02 20:48 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年03月04日(水)

白熱日本酒教室 2 



著者:アザミユウコ 、 杉村啓
発売日: 2019/3/10

評価〔B+〕 好きな味を探すのに役立ちそう。
キーワード:日本酒、特定名称酒、漫画化、

「とにかく数が正義!」(5時間目より抜粋)


2巻では日本酒がどのように造られているのかを紹介しています。麹(こうじ)や仕込みなど聞いたことはあるけれどよく分からないといったことが分かりやすく説明されています。テレビなどで見かける大きなタンクの中を棒で突いている(櫂入れ)理由もわかります。

酵母、乳酸菌、発酵など言葉だけでは分かりづらいところも漫画だと分かりやすいです。生酛や山廃は新書版のほうをよんでもいまいちピンとこなかったので詳しく書かれていて良かったです。忘れたら6時間目のまとめを見れば大丈夫。あまり聞きなれない貴醸酒やしぼり方のヤブタ式などにも触れています。日本酒は本当に奥が深いですね。

一時話題となったとっくりを使ったお酒の注ぎ方についても触れています。著者の意見に賛成です。



[ 2020/03/04 21:32 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年02月01日(土)

白熱日本酒教室 1 



著者:アザミユウコ 、 杉村啓
発売日: 2018/9/12

評価〔B〕 漫画になってさらに読みやすくなりました。
キーワード:日本酒、特定名称酒、漫画化、

「ところで『精米歩合』っていったい何なんですか?」(本文より抜粋)


自分の好きな日本酒を探せることを最終目標とし、日本酒について分類から飲み方、選び方まで幅広く教えてくれる日本酒入門書です。なお本書は同じ題名の新書を漫画化したものです。

1巻では日本酒のラベルを読めることを目標に一から分かりやすく説明しています。精米歩合や吟醸などよく見る単語も難しくないことが分かります。それ以外にも米と米こうじでなぜお酒になるのか、悪酔いしない飲み方、アルコール量の計算方法など知っておくと良いことも色々教えてくれます。アルコール量の計算では日本酒一合とビール540ミリリットルが同じと知り、印象とは違っていて興味深かったです。

どの日本酒から飲めばいいのか見当がつかない人のためにも、著者のむむ先生がおすすめする日本酒がいくつも載っていますので、そちらも試しに飲んでみたらいかがでしょうか。私も飲んだことのあるお酒がありました。

新書のほうを既に読んでいるので目新しさはありませんでしたけど、絵を見ることで知識が整理できたので良かったです。



[ 2020/02/01 21:16 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年09月27日(金)

世界で一番わかりやすい おいしいお酒の選び方 



著者:山口 直樹
発売日: 2016/7/14

評価〔B〕 大雑把なところが良いです。
キーワード:アルコール、初心者、ワイン、日本酒、カクテル

ワインの味の大部分は品種で決まる。この大原則を理解するだけで、ワイン選びは一気にシンプルになります。(第1章より抜粋)


お酒は好きだけど知識はない人、もしくは最近興味を持ち始めたけれどどれを飲んでいいのか分からない人向けのアルコール入門書です。全てのアルコールを網羅している訳ではなく、ワインと日本酒、それとカクテルに絞って解説しています。

最低限の知識は教えてくれるけれど、初心者に必要なこと以外はあまり詳しく書かれていません。どの項目も3つのポイントでまとめられていて簡潔です。そして、どの種類のお酒が自分の好み・舌に合っているのかが分かるように書かれています。日本酒の好みを卵焼きの好みで分析する図をネットで見たことがあるのですが、この本が元ネタだったようです。知りませんでした。また、バーでのカクテルの頼み方やマナーが書かれていて興味深かったです。ショートとロングの違いすら分かっていなかったので知ることができて良かったです。

問題は章によってページ数が大幅に変わることです。具体的に言うとワインが本の半分以上を占めていて、残りの半分以上が日本酒、カクテルにいたっては30ページありません。個人的には日本酒は知識があったので、もっとカクテルにページを割いてほしかったです。

アルコール初心者はこれでちょっとだけお酒のことを知ってから飲むと、より楽しく酔えそうです。



[ 2019/09/27 21:54 ] 実用 | TB(0) | CM(0)