2017年06月03日(土)

「ほぼほぼ」「いまいま」?! クイズ おかしな日本語 



著者:野口 恵子
発売日: 2016/8/17

評価〔B+〕 正しい日本語は難しいです。
キーワード:日本語、言語、言語学、

「くださる」は「くれる」の尊敬語、「いただく」は「もらう」の謙譲語だが、「いただく」の使用頻度のほうがはるかに高い。日本人はそんなに「もらう」のが好きなのか、と言いたくなるほどだ。(第三章より抜粋)


仕事でメールを書く時、敬語が得意ではないので度々検索して調べていますが、よく分からないことがあります。なにげなく話している日本語ですが、まったく間違えない人は少なそうです。本書には多くの間違った日本語の例が挙げられています。驚くべきことにすべて実例だそうです。簡単なクイズでそれらを紹介し、著者が正しい表現を示しています。

最初の語彙・意味は正解がすぐ分かるのですが、文法や敬語は結構迷いました。どれが正解かなんとなく分かるのですが、何が間違っているのか、どう間違っているのかがうまく指摘できないものもありました。クイズではどれが正解かだけでなく、文法的にどこが間違っているのかしっかり解説していて、理解しやすいのが良いです。「くださる」と「~いただく」は、よく分かっていなかったので勉強になりました。

ツイッターから生まれた誤用を見て、著者は大丈夫か日本人と狼狽し、そして警鐘を鳴らしています。私もネットを見ていると「こんにちは」を「こんにちわ」と書いている文章をよく見かけるのですが、未だに違和感があります。時代が変わるにつれ言葉も変化していきますが、正確な日本語を使って欲しいと願う著者に、共感を覚えました。



スポンサーサイト
[ 2017/06/03 18:11 ] 言語 | TB(0) | CM(0)