FC2ブログ







2020年04月14日(火)

さあ、地獄へ堕ちよう  (角川文庫) 



著者:菅原 和也
発売日: 2014/8/23

評価〔C-〕 いろんな趣味嗜好、価値観があるものです。
キーワード:サスペンス、ホラー、青春、嗜好、

真っ黒な壁紙に、ゴシック体の白い文字で、それだけが書かれていた。他には何もない。無機質すぎるホームページ。(本文より抜粋)


SMバーに勤める主人公のミチは偶然とある裏のサイトの存在を知ります。同時期に周囲で衝撃的な事件が起き、彼女はその謎を解くためにサイトを調べ始める暗黒青春ミステリです。第32回横溝正史ミステリ大賞受賞作。文庫化。

ミチの職場のSMバーの様子から始まり、見慣れない世界や人々が次々に描写されていきます。共通するのはどこに行っても不気味で異様な痛々しいものであること。文章だからか色々と痛そうな場面を想像してしまい、細かい記述を読むのが嫌になることもありました。グロテスクなものが嫌いな人はダメでしょう。しかし、ただ痛そうで終わるのではなく、そのような文化について細かい説明や彼らの意見も書かれていて、その点では興味深い内容でした。

ミステリと分類されていますけど、推理というよりはサスペンスやホラーと表現したほうが適していると感じました。意外な真実や伏線を回収する場面もあり推理といえば推理なのでしょうが、その部分はあまり面白くありませんでした。推理ものを求めて手に取ったので不満が残ります。

裏表紙の説明が暗黒青春ミステリではなく暗黒青春小説でしたら、期待するものと内容が合っていてもう少し満足できたのかもしれません。



スポンサーサイト



[ 2020/04/14 23:36 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2020年03月27日(金)

捕まえたもん勝ち! 七夕菊乃の捜査報告書 (講談社文庫)  



著者:加藤元浩
発売日: 2019/2/15

評価〔B〕 表紙が著者じゃない!
キーワード:推理、元アイドル、文庫化、

そうだ。この事件の犯人を捕まえればいいのだ。(第三章より抜粋)


元アイドルと変わった経歴の七夕菊乃が密室殺人事件に挑むライトノベルチックな推理小説です。推理漫画家である著者の初の長編小説です。

本書の大半の読者が著者の「Q.E.D」や「C.M.B」は既読で、そちらから興味を持った人々だと思います。主人公の菊乃を見ていると確かに著者らしさを感じ、事件もその雰囲気が出ています。ただ、菊乃の事件が裏表紙にある「小説でしかできないこと」かというと少々疑問です。読解力不足のせいかもしれませんが、小説である必要性が感じられませんでした。それらしく感じたのは捜査報告書でしょうか。

また、序盤は菊乃の少女時代とアイドル活動が描かれているのですが、読み終わってみると少々冗長だと思いました。繋がりが見えて面白いと思うよりも、長いなあという感想のほうが強かったです。この部分は別の本か短編にしたほうがすっきりして良かったのではないかな。

「Q.E.D」の著者なので期待しすぎていたのかもしれません。すごく良かったともすごく悪かったとも言えないので、次の作品も読む予定です。



[ 2020/03/27 20:10 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2019年10月29日(火)

アウト&アウト (講談社文庫) 



著者:木内 一裕
発売日: 2011/7/15

評価〔C+〕 結構ひどい話だと思います。
キーワード:探偵、ヤクザ、文庫化、

「俺に証拠は必要ない」(第一章発端より抜粋)


私立探偵・矢能は依頼人との待ち合わせ場所に行ってみたら、死体を発見し事件に巻き込まれていくといった探偵小説です。出だしだけ書くとよくありそうですが、本書が他と違うのは探偵が元ヤクザであること。これは著者の「水の中の犬」の続編です。巻末の解説で初めて知りました。

矢能は元ヤクザなのでなかなか足を洗えず探偵家業をがんばる人物なのかなと思ったら、探偵とは名ばかりのまだそちらの世界の住人で少々面喰らいました。彼の周囲の人物はまっとうな人間は少なく、彼自身まったく探偵らしくありません。推理小説や探偵小説ではなく、ハードボイルド的な何かです。

事件は上手くおさまったなと感心しましたけど、主人公の矢能は好きではないのでどうしても印象が良くないです。彼を格好良いと捉えるのか悪者と捉えるのかで評価が分かれそうです。本書が続編であることを考慮すると、好意的な人が多そうですね。また、不幸な結果で終わってしまう人が少なくないのもあまり良い気分ではありませんでした。

評価するに当たって作品の出来よりも好みが大きく影響した小説でした。


[ 2019/10/29 21:18 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2019年09月02日(月)

夫婦という病 



著者:岡田尊司
発売日: 2018/3/3

評価〔A〕 既婚者だったらSです。
キーワード:夫婦、結婚、出産、離婚、恋愛、

そこで一番変わった点は、互いの非に目を向けるのではなく、互いの失敗に対して優しさや寛容さを取り戻したことだ。(第十五章より抜粋)


夫婦やパートナーとの関係をより良くかつ安定したものにするために、精神科医である著者が21のケースを通して解決策を模索します。

前半は夫婦が上手くいかなくなっていく様を何回も見るので疲れてきます。お互いにもう少し思いやることができたならと思うのですが、感情的になってしまうのも良く分かります。様々なパターンが挙げられているのでどれかに当てはまる夫婦も多いのではないでしょうか。

基本的には対人関係を支える愛着に注目し、安定―不安定と回避―不安の軸で男女を分類して特性を掴み問題の解決をはかっています。愛着スタイルを踏まえた上で原因と対策を説明しているので、分かりやすく頭にすんなり入ってきます。

後半は一度は不安定になった関係が持ち直した例が描かれています。我慢以外の解決策が提示されているので、どれか一つは実践できそうな方法が見つかるかもしれません。

読んでいるうちに現在の夫婦制度は現代人の価値観に合っているのだろうか、合ってない人もいそうだな、と思い始めましたが、終盤では結婚という形にこだわらない関係や生き方について述べられていて興味深かったです。一夫一婦制ばかり考えが囚われていましたが、違う可能性を示しているのが良かったです。現代の倫理観とは離れていて驚きましたけど。一夫一婦制に向いている人ばかりじゃないからね。

個人的に価値観が合わない対策や関係もありますが、夫婦やパートナーとの良い関係を保ちたいもしくは改善したいと思っているなら一読の価値はあると感じています。これから親密になる二人にも役に立つでしょう。

巻末の科学者の方の解説も良かったです。


[ 2019/09/02 21:59 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2019年03月30日(土)

風ヶ丘五十円玉祭りの謎 



著者:青崎 有吾
発売日: 2017/7/20

評価〔B+〕 登場人物たちの個性が出ています。
キーワード:推理、学園、連作短編集、文庫化

「・・・それが他のよくわからないとは別の意味でよくわからん話でさ。向坂と裏染に相談したんだよ」(天使たちの残暑見舞いより抜粋)


裏染天馬シリーズ初の連作短編集です。学食や部活と日常に現れた謎を解き明かしていきます。全五編。

オタク趣味の探偵なので少々ライトノベルのような雰囲気がありましたが、本書では各章に扉絵がありますのでよりラノベ感が出ています。しかし、肝心の推理のほうは長編と同じように切れの良い推理が楽しめますのでご安心を。気に入ったのは「天使たちの残暑見舞い」です。謎あり笑いありで意外性ありで面白いです。

5つの短編は3つの長編と並行した物語なので、できれば長編を先に読んだほうがいいのかも。読まなくても楽しめるとは思いますけど、知っている人物が多いほうが読みやすいかな。

また、長編ではなかなか焦点が当たらない登場人物たちの詳細も描かれていて、このシリーズをさらに楽しめるようになっています。長編より気軽に楽しめるので、このシリーズを読み続けている人には特におすすめです。


[ 2019/03/30 20:43 ] 小説 | TB(0) | CM(0)