FC2ブログ







2019年04月06日(土)

考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門 



著者:梶谷 真司
発売日: 2018/9/27

評価〔A-〕 考えること自体が目的です。
キーワード:哲学、対話、考える、自由、

私たちは「問う」ことではじめて「考える」ことを開始する。思考は疑問によって動き出すのだ。(第一章より抜粋)


哲学の本はたいてい有名な理論や概念を紹介していますが、本書はそれらの難解な専門用語や研究者は一切出てきません。では何が書かれてるのかというと、哲学は専門家だけのものでなく、誰にとっても楽しくかつ必須であることの説明です。興味がある人にむけてではなく、興味がない人こそが対象の参加型哲学の入門書です。

哲学的思考を知る取り組みとして、「哲学対話」が挙げられています。10人ほどの集団で自由に話をするのですが、ただのお喋りとは一味違います。人の意見を否定しないのは良いとして、結論を出さなくて良い点や分からなくても良い点が斬新です。第一印象はアイディアを出すブレインストーミングに似ていると思いましたが、詳細を読んでいくとそれとは違う独特のものだと分かりました。

気になった箇所をいくつか。年齢も立場も違う人たちが、果たして自由に発言できるのでしょうか。生徒が先生に、部下が上司にまったく気兼ねなく自由に発言できるのか疑問です。また、第二章で自由を妨げるのが他者なら自由にしてくれるのも他者であると解いていますが、何度読んでもピンときません。共感する喜びとは違うのでしょうか。もう少し詳しく解説してほしかったです。

第二章の2に『考えることで自由になれる。そして共に考えることで共に自由になれる』のが哲学の意義としています。参加者の感想が肯定的なものが多いみたいなので、機会があれば見学して参加してみたいです。

スポンサーサイト
[ 2019/04/06 21:19 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2018年06月02日(土)

性格スキル 人生を決める5つの能力 



著者:鶴 光太郎
発売日: 2018/2/2

評価〔B-〕 大人になってもまだ成長できます。
キーワード:性格スキル、仕事、学業成績、自己啓発、ビッグ・ファイブ、

この研究は、「真面目さ」の重要性は仕事の種類や特徴にはあまり依存せず、広範な職業に影響を与えることも明らかにしている。(第2章より抜粋)


性格スキルとは心理学の非認知能力のことで、平たく言えば性格の個性やある要素のことだそうです。なぜスキルと呼ぶのかというと、固定的なものでなく学んで成長させることが可能だからと続きます。中でも重要な5つの因子「開放性」「真面目さ」「外向性」「協調性」「精神の安定性」、これらビッグ・ファイブが人生においてどのように影響するのかを事例を交えて解説しています。

性格スキルは性格のように各々が違うものを持っているのではなく、それぞれ程度の差こそあれ持っている、まさに技術(スキル)のようなもののようです。本書では性格スキルそれ自体の説明はほとんどせず、学歴や収入、犯罪との相関関係について深く掘り下げています。学校の成績や職業、人生で成功するためには何が必要かが多く語られていて、心理学の本というよりはビジネス書と呼んだほうがしっくりきます。

性格分類や身近な私生活での活用法を期待していたので、本書の内容とは少々ずれていたので残念でした。説明がいくつかの因子に偏っているのも不満です。しかし、思いがけず知った有益な知識もいくつかあります。大人になってからでも伸ばせる性格スキルがあることです。「協調性」が伸び続けるのは信じがたいですが、経験を積むと慣れてくるのでしょうか。

最後の章は著者が教育の場で、学生の性格スキルを伸ばす実践法と結果が書かれていて興味深かったです。このような例をもう少し読みたかったです。



[ 2018/06/02 18:42 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2016年03月16日(水)

反省させると犯罪者になります  



著者:岡本 茂樹
発売日: 2013/5/17

評価〔A〕 自発的に省みるのが大切です。
キーワード:反省、反省文、問題行動、犯罪、しつけ、刑務所、

反省文は、ある意味、「お手軽」な方法であるとともに、「りっぱな反省文」を読めば誰でも納得するからです。しかし、それでは問題を悪い形で先送りさせているだけです。(第2章より抜粋)


悪いことをしたら反省するのは当たり前、それが犯罪ならただちに反省すべき、そう思っている方は多いと思います。そんな常識的ともいえる考えに一石を投じたのが本書です。刑務所で受刑者の更生支援を行っている著者が、反省文の効果を考察し、新しい厚生の方法を提示します。

受刑者との面接や自身の失敗談から、問題が起きた直後に反省だけさせるのは良くないと力説しています。形だけの反省は確かに意味がありません。反省文が上手に書けていればしっかり反省しているとみなすのは、問題があります。反省していなくても文才がある人は上手く書けますし、反省していても表現力や語彙力がない人は反省していないと見える可能性があります。反省文やその場の態度のみで良しとせず、何が根本的な原因となっているのか明らかにしていくことが重要だと説いています。

まず厚生の第一歩として、加害者の言い分を聞くとあります。否定的感情をあらわにすることで問題点が浮かんできて、本当の意味での反省へ繋がるとも書かれていて、実践するのは難しそうですが納得できるやり方です。学校や厚生施設でも取り入れてほしい手法ですね。

子供の厳し過ぎるしつけは、反省文と同じように害になると説いています。我慢や自立を強く求めすぎず、子供は子どもらしさを大切にする、人とつながることの重要とあります。孤立が問題行動の原因になっていることが多いようなので、こうしたことも上記のこと同様、親である人々には知っておいてもらいたいことだと感じました。



[ 2016/03/16 21:46 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2016年01月03日(日)

0歳児がことばを獲得するとき―行動学からのアプローチ 



著者:正高 信男
発売日: 1993/06

評価〔A-〕 行動学って観察が大変そうです。
キーワード:新生児、ことば、声がわり、クーイング、母親語、

赤ちゃんは高さのより高い音によって、より強く注意を喚起されるのだと考えられる。これはヒトの乳児に、生まれながらに備わっている感覚器官としての聴覚の性質であるらしい。(第五章より抜粋)


生まれたばかりの新生児がどのようにして言葉を習得していくのかを、行動学の視点から研究・考察した本です。外国語を習得する過程などは研究成果がある程度でているようですが、言葉を知らない赤ちゃんがいかにして言葉を理解していくのか、その初期段階に注目した珍しい新書だと感じました。

周囲の大人やテレビの音などを真似しているうちに喋れるようになる、とボンヤリ思っていたのですが、実は様々な段階を経て成長しているのが分かります。授乳のタイミングやおうむ返しなども目を引きますが、特に印象に残ったのは文脈のメロディーについてです。話している内容よりも、相手が何を伝えたいのか感情表現を重要視して意思疎通をしているのが興味深いです。外国人と話していてまったく理解できなくても、困っているか感謝しているかくらいは分かるのと似ていると思いました。内容よりも伝える意欲や意思が大切です。

また、新生児ののどの形態を声がわりと結び付け、行動学だけでなく生物学・解剖学の見地からも考察をしていて面白いです。声を出しながら物を食べることができる動物がいることは知っていましたが、新生児もそれに似たのどを持つとは驚きです。それと、言語獲得の過程が日本人・日本語だけの特性かどうか確認するために、外国の研究者と共同実験をしているのも良いですね。

あくまで0歳児の話なので、言葉をきちんと理解し発音するところまではたどり着きませんけど、初期段階の学習の仕方が分かってきただけでも凄いと思います。相手に質問できず回答も得られないのに、ここまで分かったのですから。結構かたい内容ですが、親になる大人には役立つかもしれません。




[ 2016/01/03 21:00 ] 言語 | TB(0) | CM(0)

2015年12月10日(木)

日本人のしつけは衰退したか 



著者:広田 照幸 (著)
発売日: 1999/4/15

評価〔A-〕 昔と比べてどうなのでしょうか?
キーワード:教育、しつけ、家庭、学校、戦前、戦後、

回答者たちは、自由回答の部分ではみんな口をそろえたように、しつけは家庭以外の担い手によってなされた、あるいは、家庭では特にしつけはなかったと答えているのである。(本文より抜粋)


子どもや若者の犯罪や社会問題が話題になると、しばしば『最近の親は子どものしつけがなっていない』という批判をよく目にします。現状はひとまず置いておくとして、それでは昔は教育やしつけがきちんとなされていたのでしょうか。本書は戦前から現代までの教育の在り方について、アンケートや資料・統計から考察します。

昔はしつけが厳しく、子供は素直に聞いていたというイメージに反し、上記の引用のように、実際は家庭でのしつけは重視されていなかったのが意外でした。まだ全体的に貧しかった頃は、日々に暮らしに追われていて教育どころではなかったのは、ごく自然なことだったのだと思います。今でも貧しい国では、子供は勉強する者ではなく労働する者です。それが終戦を経て高度経済成長期に入り、農業の衰退と核家族化によって、次第に教育が重視されていくという流れは説得力があります。

童心・厳格・学歴の三つの教育方針の話が興味深かったです。子どもらしさなんて最近の教育論かと思っていましたが、思いのほか昔から言われていて驚きました。意外と教育やしつけする側の心情は、それほど変わっていないのかもしれません。

しつけが地域社会から家族・両親へと、どんどん責任を押し付けられているように感じました。あまり厳しいと、親も子もストレスでまいってしまうので、何か対策が必要です。例えば、あとがきにある「完璧な親を目指さない」心がけは、親の一つの指針になるのではないでしょうか。

本書は99年出版で、既に15年以上経っていますが、世間やマスコミの認識はさほど変化していないように感じます。昔よりしつけがなっていないと。そう勘違いしている人や教育に携わる人に、現代の教育を考えるために読んでもらいたい本です。



[ 2015/12/10 21:07 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)