2017年11月16日(木)

Q.E.D.証明終了 48 



著者:加藤 元浩
発売日: 2014/6/17

評価〔B+〕 ミステリと物語、どちらも良いです
キーワード:推理、謎解き

「そいつを捕まえられたら原稿を渡すよ」(本文より抜粋)


有名小説家のエージェント殺害の真相を探る「代理人」と、集団密航船の事件とある少女の行方を追う「ファイハの画集」が収録されています。本書も47巻と同じく、後者は描き下ろしです。

「代理人」は本シリーズではよくあるタイプの事件・・・・・・と思ってたのですが、犯人が意外で面白かったです。著者のミスリードに見事に引っかかってしまいました。なんか違和感があるなぁと思ったところにきちんとヒントが隠されていて、うまくできていると感心しました。解決編を読むと、すぐ最初から確認したくなります。

「ファイハの画集」はモロッコとスペインが舞台の大きな物語です。「代理人」がミステリとして面白いなら、これは物語として面白いです。正直事件の真相よりも、どのように一連の出来事が終結するのか?が気になったのですが、彼女の出した結論は意外で子供らしいものだと感じました。自分だったら・・・・・・と思うと、いろいろ考えてしまいますね。



スポンサーサイト
[ 2017/11/16 21:26 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年10月04日(水)

Q.E.D.証明終了 47 



著者:加藤 元浩
発売日: 2014/2/17

評価〔B+〕 2話とも本シリーズらしさが出ていました
キーワード:推理、謎解き

「あのときなんで私を信じてくれたの?」(本文より抜粋)


研究施設で発生した機密漏洩未遂事件の犯人を捜す「陽はまだ高い」と、ある中学校で起きた出来事とある人の発言の真意を探る「坂道」の2本です。後者は新作描き下ろしです。

「陽はまだ高い」は数学絡みの事件です。懸賞問題にもなっているNPクラスが、簡単ではありますが説明されていて興味深かったです。どうやってそれを行ったか?を推理するのですが、ヒントはきちんと示されていますけど難しかった。

「坂道」はいわゆる日常の謎です。上記の事件とは違って燈馬よりも可奈に焦点となるエピソード。推理ものとしても物語としても楽しめます。燈馬は不自然な行動や発言から推理していますけど、気がつかなければとらえどころがなく、アリバイ崩しよりも難しいかも。




[ 2017/10/04 21:53 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年09月02日(土)

ラットマン (光文社文庫) 



著者:道尾 秀介
発売日: 2010/7/8

評価〔B+〕 題名がヒントです。
キーワード:推理、文庫化、

同じことをやれ。同じことを。(P130本文より抜粋)


人が何かを見るとき、直前に見ていたものが判断や理解に影響する現象を、分かりやすく体験できるのがラットマンの絵です。この先入観のようなものが、本書では重要な意味を持ちます。

事件はあるライブハウス。趣味でバンドを組んでいる主人公・姫川の恋愛と、彼の過去の不幸な出来事の2つを軸に、物語は進んでいきます。やや暗く重い雰囲気で進み、事件がなかなか起きないので推理小説ではなく青春小説っぽいですが、事件後はテンポよく進むのでご安心を。

早い段階で真相が分かってしまったと思いながら読んでいたら、案の定と言いますかやっぱり間違っていました。文脈効果というヒントをもらいながら深く考えていなかったので、うまくミスリードに引っかかってしまいました。いや、しかし、終盤までそう思い込ませるとは巧いです。

話の筋自体は好みではなかったのですが、伏線も上手でしたし、なにより予想していたより読後感が悪くなかったのが良かったです。



[ 2017/09/02 19:06 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年08月20日(日)

グランドマンション (光文社文庫) 



著者:折原 一
発売日: 2015/11/11

評価〔B〕 世相を反映したマンションでミステリー。
キーワード:連作短編集、推理、マンション、文庫化

彼は極度に神経質で、ちょっとした物音が気になる性格だった。車の走行音や屋外の子供の遊ぶ声などはそれほど気にならないのだが、室内の物音、この建物内の騒音にはことのほか敏感だった。(音の正体より抜粋)


グランドマンション1番館の住人達が事件を引き起こす、または巻き込まれる連作短編集です。推理物なので裏表紙にはミステリー連作集と書いてあります。雑誌連載後書き下ろしを追加して刊行された単行本の文庫版です。

各短編にはテーマとなる社会問題、ストーカーや振り込め詐欺などが盛り込まれています。住人同士は交流があまりなく、その近所付き合いの希薄さが事件の遠因になっていることもあって、現代風でなかなか現実味があるなあと思ってしまいました。推理小説ではありますが、こうした推理以外の要素もしっかりしていると、読んでいて引き込まれます。

それぞれ推理のヒントとなる伏線の描写が巧みでした。結構色々な描写に目を光らせて読んでいたのですが、あっさり騙されてしまいました。読者の目を真相からそらすのが上手いなぁ。しかし、物語としては強烈な印象は残りませんでした。何故だろう。また、裏表紙に大どんでん返しと書かれているのも、どういった種類の謎が仕掛けられているか予想がつくので良くないですよね。ま、これも気がつかなくて騙されたわけですが。(笑)

斬新さやインパクトはそれほど感じませんでしたが、うまくまとまった連作短編集だと思います。



[ 2017/08/20 21:01 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年08月12日(土)

Q.E.D.証明終了 46 



著者:加藤 元浩
発売日: 2013/10/17

評価〔B+〕 過去を調べる話は久しぶりかな?
キーワード:推理、謎解き

「この問題は“問いかけ”ではなく“メッセージ”のような気がしたんです」(本文より抜粋)


とある演芸場で起きた日常の謎を解く「初恋」と、過去の事件の真相をおう「巡礼」の異なるタイプが収録されています。同じタイプよりこういうほうが好きです。

「初恋」は寄席の楽屋で何が起こったかを推理する話ですが、推理そのものよりも、落語の師匠が説く芸とは何か?のほうが印象に残りました。落語家に限らず、創作者や表現者は大変ですね。

「巡礼」は出版されなかったノンフィクションについてです。第二次世界大戦中に起きた事件と、某の不可解な行動が謎となっています。燈馬はまるで見てきたように真相を言い当てますが、難しいですよねこれ。自分が彼だったらどうするか、考えされられるエピソードでした。

また、終盤燈馬が可奈のためを思って配慮する場面は、本シリーズ初めのころの彼だったらしなさそうなことでしたので、内面も変化していることがうかがえます。46巻ですからね。



[ 2017/08/12 18:48 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)