2018年02月04日(日)

Q.E.D.証明終了 50 〔完〕 



著者:加藤 元浩
発売日: 2015/2/17

評価〔B+〕 ひとまず終了で、まだまだ続きます。
キーワード:推理、謎解き

「ソウ、私が困ったときはまた助けてね」(本文より抜粋)


ついに50巻、最終巻です。本書も49巻と同様、2話描き下ろしです。

「観測」は燈馬が大学の友人を助ける話で、宇宙物理学の暗黒物質がテーマとなっています。この暗黒物質と問題となった事件をうまく繋なげているのが巧みです。LHC内部の消えた犯人のトリックは、答えを聞けば簡単ですが感心してしまいました。また、真犯人の動機が印象に残ります。ただの推理もので終わらないのが良いですね。最終巻で最先端の科学がテーマとなった話が収録されているのはよかったです。

「脱出」は、過去の事件になぞらえた脱出ゲームが登場します。この脱出ゲームというイベントは、内容は違うと思いますが最近実際に開催されているようで楽しそうです。機会があったら参加してみたい。本シリーズの最後の問題が密室なのは、著者は密室が推理ものの基本と考えているのかな?

初期に比べて推理の部分が弱まり、物語性が少し強くなっていた気がします。そのせいかどうかは分かりませんが、Q.E.Dもひとまずこれで終了し、『Q.E.D iff』と題名を改め新章に突入します。突入して既に始まっています。同じくらいの面白さを期待しています。



スポンサーサイト
[ 2018/02/04 18:17 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年01月27日(土)

Q.E.D.証明終了 49 



著者:加藤 元浩
発売日: 2014/10/17

評価〔B〕 自分の推理が当たって嬉しい。
キーワード:推理、謎解き

「弾は正面の路地からだ!!」(本文より抜粋)


今回もいつもどおり2話構成ですが、どちらも描き下ろしです。

「無関係な事件」は、香港の暴力団の抗争に就職活動中の若者が巻き込まれて・・・・・・といったお話です。1話では終わらなさそうな内容をすっきりまとめて、渦中の人物にも言動に応じた結末が用意されているのが良かったです。

久しぶりにきちんと推理しようとして読みました。意外にも大筋は当たっていました。この推理は無理があるかなーと思っていたのですが、あれで正解だったのか。肝心のトリックを当てられたので、嬉しいし満足しています。

「ラブストーリー」は、かつて映画研究会で映画を撮影した老人が未完の作品を完成させようとします。なかなか決まらない映画のラストが謎となっているのですが、燈馬でさえあっさり解決とはいきません。この話、もちろん真相までたどり着くのですが、どうもしっくりこないんですよね。推理も監督の心情もわかるだけに、なんとも言えない気持ち。



ネタばれ話を少々↓
[ 2018/01/27 11:22 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年01月11日(木)

誰も僕を裁けない 



著者:早坂 吝
発売日: 2016/3/3

評価〔B+〕 面白いけどお勧めしずらい推理もの。
キーワード:推理、館、殺人事件、アリバイ崩し、

「あの、さっき紙をもらった者なんですけど。SOSの。」(本文より抜粋)


テレビでは様々な職の人が探偵役となって事件を解決していますが、本書では女子高生探偵、もっと詳しく言えば「援助交際探偵」上木らいちが事件に挑みます。

彼女が招かれた家は何か事情がありそうな住人たち、奇妙な形をしたいかにも何かありそうな館と、推理小説にはありがちな舞台ですが、そこはやはりこの著者のこと、一筋縄ではいきません。そして、高校生・戸田公平がある女性と出会い親密になっていく様子も、並行して語られます。

探偵役のせいで色事は避けられませんが、単なるサービスではなく、必要なシーンであったのは良かったです。それにしても、あのトリックは本当にできるのだろうか・・・・・・。また、戸田のほうの恋愛は思わぬ方向へと進み、あまり知られていなさそうなことを教えてくれます。裏表紙にはエロミスと社会派の融合とあり、結構的を射た表現だと思います。ためになりました。冒頭の裁判はどのような意味なのか最後まで読めば分かるのですが、途中で当てるのはなかなか難しいです。

少なくない伏線も巧妙に張られていて、注意して読んでいて伏線も怪しいと気づいたのですが、真意が読めずしてやられました。くやしいが面白かったです。次の作品では騙されないようがんばろう。




[ 2018/01/11 23:07 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年11月16日(木)

Q.E.D.証明終了 48 



著者:加藤 元浩
発売日: 2014/6/17

評価〔B+〕 ミステリと物語、どちらも良いです
キーワード:推理、謎解き

「そいつを捕まえられたら原稿を渡すよ」(本文より抜粋)


有名小説家のエージェント殺害の真相を探る「代理人」と、集団密航船の事件とある少女の行方を追う「ファイハの画集」が収録されています。本書も47巻と同じく、後者は描き下ろしです。

「代理人」は本シリーズではよくあるタイプの事件・・・・・・と思ってたのですが、犯人が意外で面白かったです。著者のミスリードに見事に引っかかってしまいました。なんか違和感があるなぁと思ったところにきちんとヒントが隠されていて、うまくできていると感心しました。解決編を読むと、すぐ最初から確認したくなります。

「ファイハの画集」はモロッコとスペインが舞台の大きな物語です。「代理人」がミステリとして面白いなら、これは物語として面白いです。正直事件の真相よりも、どのように一連の出来事が終結するのか?が気になったのですが、彼女の出した結論は意外で子供らしいものだと感じました。自分だったら・・・・・・と思うと、いろいろ考えてしまいますね。



[ 2017/11/16 21:26 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年10月04日(水)

Q.E.D.証明終了 47 



著者:加藤 元浩
発売日: 2014/2/17

評価〔B+〕 2話とも本シリーズらしさが出ていました
キーワード:推理、謎解き

「あのときなんで私を信じてくれたの?」(本文より抜粋)


研究施設で発生した機密漏洩未遂事件の犯人を捜す「陽はまだ高い」と、ある中学校で起きた出来事とある人の発言の真意を探る「坂道」の2本です。後者は新作描き下ろしです。

「陽はまだ高い」は数学絡みの事件です。懸賞問題にもなっているNPクラスが、簡単ではありますが説明されていて興味深かったです。どうやってそれを行ったか?を推理するのですが、ヒントはきちんと示されていますけど難しかった。

「坂道」はいわゆる日常の謎です。上記の事件とは違って燈馬よりも可奈に焦点となるエピソード。推理ものとしても物語としても楽しめます。燈馬は不自然な行動や発言から推理していますけど、気がつかなければとらえどころがなく、アリバイ崩しよりも難しいかも。




[ 2017/10/04 21:53 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)