2017年07月23日(日)

占星術殺人事件 (講談社文庫) 



著者:島田 荘司
発売日: 1987/7/8

評価〔B-〕 これが元ネタだったのか。
キーワード:推理、文庫化、

「この謎解きは大ざっぱにいって二つの問いかけがあると思う。一つは犯人捜し、もう一つがこのアゾート捜しだよ」(P134より抜粋)


四十年前に迷宮入りとなった殺人事件に、頭の切れる占い師・御手洗潔と、彼の友人・石岡の二人が挑みます。著者のデビュー作。

序盤の遺言状兼小説が退屈でしたが、事件の概要あたりから徐々に面白くなっていきます。古い推理小説らしく、読者への挑戦状があるので、うっかり解決編を読んでしまうことはありません。こうした著者の発言は、劇中の雰囲気を損なうこともあるので、好みが分かれそうですが。また、冗長なところあったが少々残念でした。事件の中心人物を詳しく描写するためや、推理のミスリードのためなのは分かりますが、それよりもくどいと言う印象のほうが強かったです。

事件のトリックは独創的で素晴らしかったです・・・・・・が、最後の事件のトリックに関しては、前に似たようなトリックの作品を見たことがあったので、素直に楽しめませんでした。こちらのほうが先に出版されているので、本書が元ネタだったのですね。いやー、あれに似ているなーと思ってたら、本当にあれだったとは。驚きです。最初に考えた著者は凄いですね。

実写化すれば面白そうですが、凄惨な場面があるから難しいかな。余談ではありますが、2013年に講談社文庫から改訂完全版が出版されています。読んでから完全版の存在に気がつきました。まだ未読の方はそちらを読んだほうが良さそうですね。



スポンサーサイト
[ 2017/07/23 21:13 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年06月24日(土)

Q.E.D.証明終了 44 



著者:加藤 元浩
発売日: 2013/2/15

評価〔B+〕 描き下ろしが良い。
キーワード:推理、謎解き

「この問題は“問いかけ”ではなく“メッセージ”のような気がしたんです」(本文より抜粋)


いつもどおり1冊に2話収録ですが、後半の「Question !」は描き下ろしです。この「Question !」がなかなか面白かったです。

燈馬たちと家庭裁判所で調停を行っていた人たちに、差出人不明の宿泊招待状と奇妙な問題が届きます。皆、訳の分からないまま人里離れた別荘に集まり、謎解きを始めることになります。殺人事件のような派手さはありませんが、数学ネタ、今回はフェルマーの定理を絡めていて本シリーズらしさが出ています。ちりばめられた一つひとつの謎は難問ではありませんが、同時進行する別の問題を解くための鍵になっているのが巧みです。トリックや謎よりも、テーマの良さが光った物語でした。

こうした解決して終わりでなく、読後感が良く余韻に浸たれるエピソードがあるのがいいところ。あまり強調せず、説教臭くないのも好感が持てます。この点で言えば、前半の「チューバと墓」も悪くなかったのかもしれませんね。



[ 2017/06/24 10:55 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年04月28日(金)

体育館の殺人 (創元推理文庫) 



著者:青崎 有吾
発売日: 2015/3/12

評価〔B+〕 雰囲気は軽く、推理は真面目に。
キーワード:推理、学園、文庫化

「あの人は探偵っていうより、引きこもりでアニメオタクの駄目人間かな」(本文より抜粋)


高校で殺人事件が起き、一風変わったオタクの生徒が事件に挑む・・・・・・と書くと、ライトノベルではありがちな推理ものと感じる方が多いと思います。しかし、それらとは違って、オタク趣味はあくまで物語のアクセントであり、見どころは理詰めの推理です。第22回鮎川哲也賞受賞作。文庫化。

最初は探偵役が天才的なひらめきで即解決と思っていたのですが、意外とじっくり推理をしていて少々驚きました。ひらめきではなく、様々な可能性を一つひとつ潰していく着実な論理で真相にせまっていきます。反論を断つ方法というか、逃げ道をなくすやり方で、ラノベのような軽い雰囲気も持ちながら、こうした推理を見せるのは味があると思います。

解決編の前に「読者への挑戦」があったので、それにつられて少しだけ推理してみましたが、見事に外れました。真相の半分くらいしかわかっていませんでした。きちんと時間をかけて推理すれば良かったかも。

劇中、オタク趣味に関する発言がちらほら出てきますが、分からなくても楽しめます。分かれば、より楽しめます。推理劇は古風、人物像は今風な作品でした。




[ 2017/04/28 11:15 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年03月22日(水)

Q.E.D.証明終了 43 



著者:加藤 元浩
発売日: 2012/10/17

評価〔B+〕 騙しあいは面白いです。
キーワード:推理、謎解き

「取引を成功させたきゃ相手のことを徹底的に調べるんだ・・・セールスの基本さ」(本文より抜粋)


ある殺人事件のアリバイ崩しを考える「検証」と、投資をめぐって有能セールスマンと対決する「ジンジャーのセールス」が収録されています。

「検証」は、推理物らしく殺人事件の謎を解くのですが、真相があっさりし過ぎてあまり面白くなかったです。燈馬が示した証拠も、犯人を断定するには少々弱いような気がしますし。

一方、「ジンジャーのセールス」は騙しあい、コンゲームのようで面白かったです。誰が誰を騙せるのか。敵に回ってみると分かる燈馬の恐ろしさ。(笑) 私の予想は外れましたが、結末はこの漫画らしくて好きです。



[ 2017/03/22 21:40 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年03月14日(火)

新装版 マジックミラー 



著者:有栖川 有栖
発売日: 2008/4/15

評価〔B+〕 わかりやすく面白いトリックでした。
キーワード:アリバイ、推理、双子、文庫化

「みんなにある。いわゆるアリバイが」(第三章より抜粋)


密室とアリバイは推理物のツートップ、のような文章をどこかで読んだことがあります。その二大ジャンルのうちのひとつ、アリバイを主題とした推理小説です。

冒頭の殺人事件を追ううちに電車の時刻表が出てきた時は、正直好みじゃないからつまらないなあと思っていたのですが、ここで投げ出さなくて良かったです。なぜなら、第二の事件の真相が分かりやすく面白かったからです。ミステリマニアの方々からしたら、もしかしたら見慣れたトリックなのかもしれませんけど、複雑でなく意外性があって楽しめました。

第七章で推理作家が話すアリバイ講義も興味深かったです。事件をとくヒントにもなりますが、それを抜きにしても様々なタイプのアリバイ作りが書かれていて面白いです。もう少し語って欲しかったです。あとがきに書かれたアリバイの作例に興味が出てきました。後で読んでみようかな。



[ 2017/03/14 21:44 ] 小説 | TB(0) | CM(0)