FC2ブログ







2020年06月12日(金)

ドッペルゲンガー宮 《あかずの扉》研究会流氷館へ 



著者:霧舎巧
発売日: 2003/6/13

評価〔C+〕 少しずつ分けて読んだのは失敗でした。
キーワード:推理、本格、同時進行、文庫化

「これで十人そろっちゃったな」(第四章より抜粋)


推理小説研究会の学生たちが二つのそっくりな場所で起きた不可解な事件に遭遇し、仲間の安全と真相解明に努めます。第12回メフィスト賞受賞作。

幾つもの事実を畳みかけるように犯人にぶつけていく様子は見物です。もう推理が終わったかなと思ったらまだ終わらず伏線がどんどん回収され、事件や発言が繋がっていく様に感心してしまいました。ところどころこれは怪しいなと睨んだ記述も全て伏線でした。合わせて、軸となるトリックも大胆でしたし推理するのが名探偵一人ではない点も良かったです。

しかし、あっけなく退場してしまった人物も多く、あれほどの人の数が必要だったのか疑問です。また、主人公たちの恋愛は本作をコミカルな感じにしたいのか重厚な雰囲気にしたいのかよく分からず、中途半端でちぐはぐした印象を受けました。

それと、私の読解力がないせいか、トリックの説明で分かりづらいと感じる時がありました。分かっている者同士の会話が多かったからかな。犯人の一連の行動も理解があやしいかも。もう一度読み返してみようかな。

「そして誰もいなくなった」という有名な推理小説を基にしていますけど、未読でも問題ありません。私も読んでいませんし。もし「そして誰もいなくなった」を読んだら違った感想になるのでしょうか?



スポンサーサイト



[ 2020/06/12 21:35 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2020年03月27日(金)

捕まえたもん勝ち! 七夕菊乃の捜査報告書 (講談社文庫)  



著者:加藤元浩
発売日: 2019/2/15

評価〔B〕 表紙が著者じゃない!
キーワード:推理、元アイドル、文庫化、

そうだ。この事件の犯人を捕まえればいいのだ。(第三章より抜粋)


元アイドルと変わった経歴の七夕菊乃が密室殺人事件に挑むライトノベルチックな推理小説です。推理漫画家である著者の初の長編小説です。

本書の大半の読者が著者の「Q.E.D」や「C.M.B」は既読で、そちらから興味を持った人々だと思います。主人公の菊乃を見ていると確かに著者らしさを感じ、事件もその雰囲気が出ています。ただ、菊乃の事件が裏表紙にある「小説でしかできないこと」かというと少々疑問です。読解力不足のせいかもしれませんが、小説である必要性が感じられませんでした。それらしく感じたのは捜査報告書でしょうか。

また、序盤は菊乃の少女時代とアイドル活動が描かれているのですが、読み終わってみると少々冗長だと思いました。繋がりが見えて面白いと思うよりも、長いなあという感想のほうが強かったです。この部分は別の本か短編にしたほうがすっきりして良かったのではないかな。

「Q.E.D」の著者なので期待しすぎていたのかもしれません。すごく良かったともすごく悪かったとも言えないので、次の作品も読む予定です。



[ 2020/03/27 20:10 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2020年03月21日(土)

家守 (角川文庫) 



著者:歌野 晶午
発売日: 2014/7/25

評価〔B+〕 物語の構成が良いです。
キーワード:推理、短編集、家、サスペンス、

「とにかく視線を感じるのよ。痛いくらいに感じるの」(転居先不明より抜粋)


家をテーマにしたミステリ短編集です。光文社文庫のものを再文庫化しています。

ミステリですが読んでいてサスペンスよりだと感じました。単純に事件のトリックを考える短編よりも、何か不可思議なことが起きていて物語がどう流れていくのか不明瞭なまま進んでいくものが複数あって印象に残ったせいでしょう。どれも家が関係していますが、この家とは建物のことだったり血を分けた家族のことだったり様々です。読み終わってみると確かに家の話だったと少々感心してしまいました。

雰囲気も手法も違うので甲乙つけがたいですが、好みなのは最後の「転居先不明」です。サスペンス風に始まり殺人事件へ進んでいきます。これだけだとよくありそうですが、終盤が捻られていてなんとも言えない余韻が残ります。トリックの部分だけでいうなら4作目の「鄙」も良いのですが、総合的にみると転居先不明のほうが面白かったです。

少々暗めで派手さはありませんが物語としてみると興味深いものが多かったです。



[ 2020/03/21 22:07 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2020年02月01日(土)

あなたの罪を数えましょう 



著者:菅原 和也
発売日: 2018/12/20

評価〔B+〕 どの真相も怖いです。
キーワード:推理、廃工場、

「俺たちはあるボランティアの場で出会いました」(本文より抜粋)


探偵が依頼人とともに廃工場を訪れる現在編と、6人の男女が閉じ込められた過去編が同時進行するミステリーです。

誰かの思惑により次々と害意にさらされていくのはホラーのようです。犯人の意図により残酷な場面が多々ありますので、痛いのや気分が悪くなりそうな描写が苦手な方にはお勧めしません。お気をつけください。一方、現在編では過去編との繋がりをにおわせるところがあり、過去に起きた出来事をうまく推理できるかが鍵となっていきます。

探偵も戸惑ったある出来事のせいか推理ものとしてはあまり面白くはありませんでしたが、読み返すうちに題材の深さが分かってきて面白かったので、どうも評価が難しい推理小説でした。推理を楽しむより物語を楽しむタイプの本なのかもしれません。



↓ネタばれは続きに書きます。
[ 2020/02/01 21:14 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2019年11月17日(日)

閻魔堂沙羅の推理奇譚 落ちる天使の謎 



著者:木元 哉多
発売日: 2019/4/19

評価〔B〕 第2話は分かりやすかったかな。
キーワード:ミステリ、死後、連作短編集、

のどの渇きを感じた。しかしここには水も食料もない。(第3話より抜粋)


時々いつもの流れとは異なる事件の被害者が登場しますけど、この5冊目にも捻ったタイプが含まれています。

特に賛否両論ありそうなのが第3話のある社長の休暇中のエピソードです。犯行可能な人物が多過ぎて推理が難しいのは毎度のことですが、あの真相を正確に言い当てられた人はどのくらいいるのでしょうか。沙羅の言うとおりヒントは出ているし伏線もありまいした。予想を裏切る展開なのは良いのですが、でも、うーん、私はやや腑に落ちないかな。

テンポよく刊行されているので長く続いて欲しいシリーズです。



[ 2019/11/17 21:48 ] 小説 | TB(0) | CM(0)