2016年03月16日(水)

反省させると犯罪者になります  



著者:岡本 茂樹
発売日: 2013/5/17

評価〔A〕 自発的に省みるのが大切です。
キーワード:反省、反省文、問題行動、犯罪、しつけ、刑務所、

反省文は、ある意味、「お手軽」な方法であるとともに、「りっぱな反省文」を読めば誰でも納得するからです。しかし、それでは問題を悪い形で先送りさせているだけです。(第2章より抜粋)


悪いことをしたら反省するのは当たり前、それが犯罪ならただちに反省すべき、そう思っている方は多いと思います。そんな常識的ともいえる考えに一石を投じたのが本書です。刑務所で受刑者の更生支援を行っている著者が、反省文の効果を考察し、新しい厚生の方法を提示します。

受刑者との面接や自身の失敗談から、問題が起きた直後に反省だけさせるのは良くないと力説しています。形だけの反省は確かに意味がありません。反省文が上手に書けていればしっかり反省しているとみなすのは、問題があります。反省していなくても文才がある人は上手く書けますし、反省していても表現力や語彙力がない人は反省していないと見える可能性があります。反省文やその場の態度のみで良しとせず、何が根本的な原因となっているのか明らかにしていくことが重要だと説いています。

まず厚生の第一歩として、加害者の言い分を聞くとあります。否定的感情をあらわにすることで問題点が浮かんできて、本当の意味での反省へ繋がるとも書かれていて、実践するのは難しそうですが納得できるやり方です。学校や厚生施設でも取り入れてほしい手法ですね。

子供の厳し過ぎるしつけは、反省文と同じように害になると説いています。我慢や自立を強く求めすぎず、子供は子どもらしさを大切にする、人とつながることの重要とあります。孤立が問題行動の原因になっていることが多いようなので、こうしたことも上記のこと同様、親である人々には知っておいてもらいたいことだと感じました。



スポンサーサイト
[ 2016/03/16 21:46 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2014年11月12日(水)

人を「その気」にさせる技術 

人を「その気」にさせる技術 (角川oneテーマ21)人を「その気」にさせる技術 (角川oneテーマ21)
著者:安河内 哲也
出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)
出版日:2010/03/10

評価〔C+〕 教える立場のポイントがまとまっています。
キーワード:実用、指導、自己啓発、人生論、

相手の自発的なエネルギーが勉強や仕事に向かいやすいように、いい刺激を与えて揺さぶりをかけてあげればいいのです。(はじめにより抜粋)


長年予備校の講師を務めている著者が、人にやる気を出させるにはどうしたらよいかを説明しています。

経験からくる指導法は肯けるものが多く、有効なものだと感じました。最初の一歩だけでなく、継続させるための手法や失敗してやる気がなくなってきた場合についても書かれていて、さすがだなと思います。著者は対象が生徒ですが、部下の場合でも後輩の場合でも色々と応用が利きそうです。物事の面白さを説く、小さな目標を小刻みに出す、は良いですよね。

しかし、本書には僕の知らない「やる気」の出させ方は、ほとんどなかったと思います。都合の良い方法はなく、興味を持たせる、褒めて自発的にさせるのが良い、ということでしょうか。何か新しい手法はないかなと思って読んだので、そのあたりは物足りませんでした。それと、なにかとポジティブと書かれているのでちょっと疲れます。前向な姿勢の大切さは分かってはいますが、熱意ばかりでも動かないと思ってしまうのは、性格や価値観の違いでしょうか。「今の生徒は頑張るのが格好悪いと思っている」といのも、違うような気がします……。

全体的に納得できますが、いくつかの項目は自分の経験から分かるものもあり、新鮮さが感じられなかったのが残念です。今まで後輩や部下を持ったことがない人やはじめて指導する立場になる人には、きっと有用な本になると思います。




[ 2014/11/12 19:03 ] 実用 | TB(0) | CM(0)