2014年06月30日(月)

リチャード三世 (新潮文庫) 

リチャード三世 (新潮文庫)リチャード三世 (新潮文庫)
著者:ウィリアム シェイクスピア
出版社:新潮社
出版日:1974/01/30

評価〔B+〕 凶悪な主人公が歯止めなく悪事を働きます
キーワード:戯曲、シェイクスピア、イギリス文学、

「おお、残虐非道のリチャード! あわれなイングランド!預言してやるぞ、どんなみじめな時代も、いまだかつて見なかった恐ろしいことが、きっとお前のうえに起る。」(第三幕 第四場より抜粋)


王の一族であるグロスター公リチャード、のちのリチャード三世が権力を得るために、手段を選ばず邪魔者を排除していく物語です。イギリスの薔薇戦争を題材に書かれたシェイクスピアの初期の悲劇。

陰謀をめぐらし、身内を騙していくリチャードの姿はまさに極悪非道です。ある女性の夫と子供を殺しておいて、その女性を口説こうとするのには驚きました。自分の欲望のためなら無理かどうか悩まず、他人の気持ちも考えません。誰でも容赦なく退けていきます。彼がこれでもかとばかりに悪人の主人公として描かれていて、なんかすがすがしいくらいです。ただ、単に悪い奴としてではなく、頭が回り口も達者と無能ではないところが興味深いです。

登場人物が多く、かつ同じ名前の人物も何人かいるので、読むのに少々苦労しました。傍らにメモを書きながら読んだのは久しぶりです。それと、薔薇戦争について何も知らなかったので、巻末の解説は助かりました。もし、家系図を頭に入れてから読んでいたら、作品をもっと深く味わえたでしょう。こうした分かりやすい解説は、理解の助けになり本当にありがたいです。




スポンサーサイト
[ 2014/06/30 20:41 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2011年08月07日(日)

オセロー (新潮文庫) 

オセロー (新潮文庫)オセロー (新潮文庫)
著者:シェイクスピア
出版:新潮社
発行:1973/06

評価〔B〕 仰々しさは薄れ、話は身近に
キーワード:戯曲、シェイクスピア、イギリス文学、四大悲劇、

邪推にはもともと毒がひそんでいる、そいつが始めは嫌な味はしない。しかし、ちょっとでも血の中に浸みこむと、たちまち硫黄の山のごとくに燃えあがるのだ。(第三幕より抜粋)


シェイクスピアの四大悲劇もこれで4つ目、最後の作品となりました。自分の地位に不満を持つオセローの旗手・イアーゴーは、周囲や地位が上の人々に対して悪巧みをします。要領が良く口の上手い彼に、将軍オセローをはじめ次々と騙されていくという家庭の悲劇です。この本は、文字の大きい改版が手に入らなかったのが残念でした。

他の3作品と違って、仰々しい台詞は少なめで、話の規模自体も小さめです。国を揺るがすものではなく、あくまでオセローやイアーゴーの周囲のみの話となっています。その代わり、小さくなったぶん身近に感じられ、より共感しやすい内容です。イアーゴーの奸計、オセローの不信などは現代の物語としても、十分理解されるものだと思います。うーん、それにしてもイアーゴーの口が回るのには関心してしまいます。主役であるはずのオセローがあまり喋らない分、存在感がありました。

他の3作品同様、巻末に解題と解説がついています。訳者が書いた解題は例によって専門的なので、文学的意義、芸術的意義に興味がある方は熟読すると良いと思います。僕はそれほどでもなかったので、それなりに。解説くらいがちょうど良いです。

今回で4大悲劇を読み終えました。なるほど、こんな感じなのかってのが素直な感想です。筋を追うだけなら、敬遠するほど難しいというほどでもありません。少し自信がついたので、今度は違う古典作品を読んでいこうかと思います。




[ 2011/08/07 21:07 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2011年05月25日(水)

ハムレット (新潮文庫) 

ハムレット (新潮文庫)ハムレット (新潮文庫)
著者:ウィリアム シェイクスピア
出版:新潮社
発行:1967/09

評価〔B〕 たぶん四大悲劇で1番有名な作品
キーワード:戯曲、シェイクスピア、イギリス文学、四大悲劇、

ハムレット「生か、死か、それが疑問だ、どちらが男らしい生き方か、じっと身を伏せ、不法な運命の矢弾を堪え忍ぶのと、それとも剣をとって、押しよせる苦難に立ち向い、とどめを刺すまであとには引かぬと、一体どちらが。」(第三幕より抜粋)


おそらく誰もが一度くらいは題名を聞いたことあるくらい有名な戯曲、シェイクスピアの四大悲劇の1つです。字が大きめの改版を読みました。深夜に現れた亡き父王の言葉を受け、王子であるハムレットは復讐を誓います。しかし、内向的な彼は実行に移すことを戸惑います。復讐すべきか否か、その結末とは……。

どこかで四大悲劇の中で1番展開が遅いと書いてあったのを見て、中だるみしないだろうかと危惧していたのですが、そんなことはありませんでした。台詞回しが良くて迫力があります。ハムレットは、支離滅裂なことを言ったかと思ったら、世の中の真実を訴えているようにも見えて、哲学的で面白いです。それにしても、彼は母親をあれほど痛烈に非難しなくても良かったのでは。彼の道徳心が強さがうかがえます。また、人が亡くなるシーンは、他の作品のように、思いのほかあっさりで驚きました。戯曲なのですから、もう少し大げさでも良いんじゃないのかな。

巻末に解題、解説、劇の演出が収録されていますが、解説が良かったです。今まで読んだの作品を振り返るとともに本作品についての分かりやすい説明がなされています。解題や演出は専門的過ぎて興味がわきません。でも、詩形であるハムレットは、訳した時点で美しさの9割を失うという意見は、分かるような気がします。

新潮社の本の裏表紙には他の作品同様、内容のほとんどが書かれています。読む前に結末を知りたくない方は、裏表紙は見ないようにしましょう。僕はうっかり読んでしまった。(笑) 未読の四大悲劇はオセローのみとなりました。近いうちに読むつもりです。




[ 2011/05/25 21:10 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2011年04月05日(火)

リア王(新潮文庫) 

リア王 (新潮文庫)リア王 (新潮文庫)
著者:ウィリアム シェイクスピア
出版:新潮社
発行:1967/11

評価〔C+〕 信頼と真実の姿の大悲劇
キーワード:戯曲、シェイクスピア、イギリス文学、四大悲劇、

リア「お前達のうち、誰が一番この父の事を思うておるか、それが知りたい、最大の贈物はその者に与えられよう、情においても義においても、それこそ当然の権利と言うべきだ。」(第一幕より抜粋)


シェイクスピアの四大悲劇の1つです。老王リアは、三人の娘たちに権力と富を分け与えるため、どれほど自分のことを思っているのかを尋ねた。姉二人とは違って、末娘コーディーリアは本心を口にします。戯曲のため、芝居の台本の形式で書かれています。

裏表紙のあらすじのとおり、中心にあるのは親子関係です。肉親なので愛情や誠意を示す者がいる一方、建前を口にし打算や欲望を内に秘めている者もいます。このあたりのズレが見どころ。本書に限らず、古典読むたびに人は変わらないものだなと感じます。ちなみに、母親としての役割を果たす者は登場せず、父親のみを扱っています。時代と当時の社会の影響でしょうか。

もう1つのテーマは、地位も財産も別とした人間本来の姿です。巻末の解題では「虚飾の抛棄(ほうき)」と表現しています。後半、リアの嘆きのには、はっとする台詞もあって目を引きます。台詞回しは仰々しいのですが、マクベス同様はまっていて格好良いです。さすが戯曲。

しかし、どうも筋が好きではないというか不満というか。また、誠意や信頼を見せた人物たちの結末が不満ですし、終わり方もどこかすっきりしない幕引きに感じました。マクベスの悲劇は受け入れられるのだけれど、なんかなあ……。

解題と解説を読んで、まだまだ読解力がないのが分かりました。難しいね。また後でもう1度読み返してみます。




[ 2011/04/05 21:40 ] 小説 | TB(0) | CM(0)