2017年10月27日(金)

こころと脳の相談室名作選集 家の中にストーカーがいます  



著者: 林 公一
発売日: 2013/12/13

評価〔B+〕 本人や関係者の生の声があります。
キーワード:精神科、Q&A、相談、うつ病、統合失調症、

姉である私に対して、幼稚な嫌がらせをしたりしていましたが、最近はそれがエスカレートしております。(1章より抜粋)


数年ほど前に、著者のサイト「Dr林のこころと脳の相談室」から転載された文章を読み、衝撃を受けたのを覚えています。それは1章の「家の中にストーカーがいます」でした。今回改めて読んだのですが、やはり怖いです。

選集とあるように、相談サイトによせられた悩みの中から55件を選び収録しています。著者は医療相談は明るい希望だけを伝えるもので、それは事実ではないと主張しています。サイトのほうにも、質問される方へで「事実を回答することを基本方針としております。医療相談ではありません。」「精神科に関係したことなら、どんな質問もOKです。」と書かれています。

相談対象は相談者本人、家族、職場の部下など人生相談同様様々で、内容も統合失調症やうつ病はもちろん、擬態うつ病や独特な嗜好などこちらも様々です。病人の家族を持て余している人や、なかなか病気が治らず不満がある人の長い長い文章を読んでいると、自分の想像していたものよりも苛烈で驚きました。生の声の迫力や訴える力は凄いです。

先生の回答は医者としてむやみに断言せず事実を淡々と述べていて、正確に見極めようとする姿勢に好感が持てます。著者の擬態うつ病の本に興味を持ちました。

相談者によって読みづらい文章があったのが、少々きつかったです。病人本人の主観を知ることができるのは良いのですが、支離滅裂な部分や同じことを何度も繰り返すことがあり、病人の話だと分かっていても混乱します。それが長かったりすると読むのも辛いです。精神科医やカウンセラーは本当に根気を要する仕事ですね。




スポンサーサイト
[ 2017/10/27 20:14 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2014年08月17日(日)

蔵書の苦しみ 

蔵書の苦しみ (光文社新書)蔵書の苦しみ (光文社新書)
著者:岡崎 武志
出版社:光文社
出版日:2013/07/17

評価〔B-〕 蔵書が万を超える収集家たちの日常。
キーワード:本棚、整理整頓、実用、

本を必要以上に際限なく溜め込む人は、個人差はあるだろうけど、どこか真っ当な人生を投げてしまっているのではないか。生活空間のほとんどを、本が占領している住居というのは、一般的な通念からすると、どう考えてもまともではない。(第四話より抜粋)


長年本を読むと生じてくるのが、本の置き場問題です。特に本を集めているわけでもない僕でも、さっき気になって大まかに数えてみたら、漫画が200、活字本が580、自炊した電子書籍が100ほどありました。これでも場所を取られるのに、千、万と持っている収集家たちはいったいどうしているのか。そんな人たちの一人、古書集めが趣味の著者が、蔵書についてあれこれ語ります。

持っている人は五千くらいかなと漠然と思っていたのですが、本書に登場する人々は数万、十万を超える人もいて驚かされます。部屋の壁が全て本で埋め尽くされていたり、本のために家を建てる話はなかなか興味深いです。しかし、登場する人物は著名人や本の関係者が多く、一般の本好きとはレベルが違い過ぎていて遠い世界の話のようでした。もう少し身近に感じられる話が読みたかったです。

古本屋に売るなど蔵書処分の方法もきちんと書かれています。個人的には、「鮮度を失った本は手放す」「読み返せる本を多く持っているのが真の読書家」が印象に残りました。場所がない人にとっては百でも一万でも苦労しているはずなので、参考になると思います。

本書で語られるのは魔法のような整理整頓術はなく、あくまで現実的な方法です。思い切りが重要みたいです。



[ 2014/08/17 22:28 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2013年12月04日(水)

「普通がいい」という病 ~「自分を取りもどす」10講 

「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講 (講談社現代新書)「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講 (講談社現代新書)
著者:泉谷 閑示
出版:講談社
発行:2006/10/21

評価〔A〕 自分を殺さず生きよう
キーワード:心の問題、現代、人生観、精神科医、

今、私たちが取り組まなければならないのは、人間という生き物の根本的な特性を深く理解し、その上で「自分で感じ、自分で考える」という基本に支えられた生き方を回復することです。(はじめにより抜粋)


精神科医の著者が、先天的な特性・特徴によって生きづらさを感じている人々のために、自分で考えて生きていくためのヒントを書いた本です。

心の病や問題に対し、一部の人生相談や成功者の体験談のように「現実を見ろ」「甘えるな」と叫ぶのではなく、きちんと心理学の面から解決を図ろうとするのが良いです。一時しのぎでストレスが残る手段ではなく、根本的な問題解消であり人生の成熟を目指していて好感が持てます。強硬ではなく優しく感じられる文章です。

心と体の関係、彫刻的自己形成、愛と欲望の違いなど、より楽により充実した人生になるための手がかりが示されています。社会に適応し多数派として生きる欠点なんかも書かれていて、興味深い内容が多いです。

10講ありますが、特定の病気や難題をずっと掘り下げるのではなく、どのような問題にも大なり小なり役立つように感じました。柔軟性があります。

副題の「自分を取りもどす」という言葉がぴったりの良書だと思います。社会や世間にうまく適合してないと思っている方には是非読んでもらいたいです。多数派の価値観がどこか合わない方にもおすすめです。




[ 2013/12/04 22:06 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2013年11月15日(金)

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より 

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)
著者:岡田 斗司夫 FREEex
出版:幻冬舎
発行:2012/09/28

評価〔B+〕 問題解決の本です。
キーワード:人生相談、悩み、新聞、

一つの特殊な相談に答えるのではなくて、そう背景の問題全体に答える気持ちで考える。すると、自分の中にある引っかかりにも答えることになる。(ステージ7より抜粋)


オタク趣味をどうのこうの言う本ではありません。新聞の人生相談コーナーをもとに、問題に対する考え方を説明する本です。人生相談を取り扱っていますが、個々の悩みを見て色々な人生があるなあと眺めるだけではなく、どのように悩みを分析し具体的な解決へと導くのかが鍵となっています。

著者の回答へ至るまでの思考及び思考法が紹介されています。それらの考え方は真似するのが難しいものもありますが、悩みを解決する有効な方法だと思います。10以上あるので無理に全部使いこなそうとせずに、自分にあったものを使うのがよさそうです。

実際に紙面でやり取りした事例が多数載っていて、かなり興味深いです。人気の回答者らしく、どこかで聞いたような答えはあまりありません。ユニークな回答が多く面白いです。いくつもの中から差し迫った問題を見つけ優先する「仕分け」や、0か100かではなく数値化して相対的に考える「メーター」は、具体的で悩み解決に大いに役立ちそうです。

ただ、『上から目線だけだと言葉が届かない』と書いてありながら、時折上から目線を強く感じることがあって気になりました。答える難しさは分かってはいるのですが、やはり嫌なものです。また、思考法はともかく得られた意見や結論がユニークで、本当にこの考え方で考えたのかなと思う回答がいくつかありました。親身になるのが大切と説きながら、そうでもなさそうなものなど。それとは別に、単純に著者の回答が好きでなかったり、意見が合わなそうなのもありました。価値観の違いだから仕方ないのかな。

人の悩みを聞くときに注意すべき点や、悩みの解消方法を知るにはかなり有益な一冊だと思います。





[ 2013/11/15 21:15 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2011年11月23日(水)

人と接するのがつらい―人間関係の自我心理学 

人と接するのがつらい―人間関係の自我心理学 (文春新書 (074))人と接するのがつらい―人間関係の自我心理学 (文春新書 (074))
著者:根本 橘夫
出版:文藝春秋
発行:1999/11

評価〔B+〕 気にすんな行動しろってことですか。
キーワード:心理学、人間関係、人生観、

人と接するのがつらいという性格を変えることにエネルギーを費やすのではなく、ただ素直に自分であることに関心とエネルギーを向け直すことです。(はじめにより抜粋)


いや、辛いというほどでもないんですが、気後れすると言いますか気疲れすると言いますか、どこか気が進まない時もあるようなってやっぱりこれはつらいってことなんですかね。そうゆう訳で本書です。この本を手にするような人には、レジに持って行きづらい題名です。後から気がついたのですが、「なぜ自信が持てないのか」を書いたのと同じ著者です。

前半は原因究明に重点が置かれ、具体的解決策は後半に書かれています。幼年期の経験が元になって人間関係が苦手になることは、他の本でも似たような論を読んだので少々退屈でしたが、相手との精神的位置を考慮する相補交流や無意識に行動を束縛する禁止令、役割を演じるゲームの概念は共感・理解しやすく良いです。

解決手段として性格改善を挙げる本がありますが、本書は性格を変えることを勧めていません。体験から困難なことを知っているからです。そのかわり、苦しまずにすむ方法が紹介されています。社会的価値の観点でみない、はは良い考え方だと思います。見栄を張らず思い込みを捨て、素直に好きなことをしてみることを薦めていて、この意見には賛成です。

読書中、イライラするようなジリジリするような落ち着かない気分でした。これは不快に思いながらも、分析されているようなことに自覚があったからだと思います。一回読んで終わりにせず、また読み返します。




[ 2011/11/23 17:45 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)