2018年07月14日(土)

うわばみ彼女 3 



著者:後藤羽矢子
発売日: 2016/10/28

評価〔B〕 あ、名前・・・・・・。
キーワード:アルコール、恋愛、同棲、

「呑みたいからじゃないの、粋なの、ロマンなの!!」(本文より抜粋)


酒のつまみに凝ったり酒器に凝ったりと相変わらずの彼女さん。この巻では、その彼女の兄が登場します。

同棲生活の様子は今までと変わりませんが、第三者が登場すると少し雰囲気が変わってきます。うまく表現できませんけど、のんびりした日常系よりもドタバタしたギャグの雰囲気に傾いてきたような・・・・・・。変化が合って良いですが、あまり出過ぎてほしくない気もするし、良いような悪いようななんとも言えません。

おまけ漫画が少なかったのが残念。本編ではないのでなくても文句は言えないのですが、結構気に入っているので4巻ではもっと描かれているといいなあ。



スポンサーサイト
[ 2018/07/14 21:45 ] 4コマ漫画 | トラックバック(-) | CM(0)

2018年07月07日(土)

ギリギリアウト 6 〔完〕 



著者:ソウマトウ
発売日: 2018/6/27

評価〔B+〕 よく6冊も描いたものです。
キーワード:尿意、トイレ、ギャグ、学園、恋愛、ラブコメ、

「そういえば、何か話した覚えがある・・・」(本文より抜粋)


ついに最終巻です。友情や恋愛、そしてハナのあの呪いと色々なことにケリをつけるため、二人は動き出します。

今回も相変わらずアウトになるのですが、ただ単にアウトになるのではなく、読者の予期しないタイミングで、もしくは予期しない状況でアウトになってしまうのが凄いです。また、5巻の感想でも書きましたが、言葉選びのセンスも凄い。誕生日のエピソードはなんかもう色々と酷いです(褒めています)。おまけのボツネタ供養を読む限り、まだまだ発想はつきそうもなさそうなのが頼もしいやら怖いやら。

何回「なんだよこれ(笑)」と思った事か。笑わせてもらいました。1話を読んだ時はまさかここまで続くとは思いませんでした。しかし、よくある他の漫画のように単なる恋愛ものになることなく、ギリギリアウトらしさを損なわずにすっきり完結できて良かったです。




[ 2018/07/07 20:45 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年07月07日(土)

ギリギリアウト 5 



著者:ソウマトウ
発売日: 2017/6/26

評価〔B〕 久しぶりに読んだけど相変わらずでした。
キーワード:尿意、トイレ、ギャグ、学園、恋愛、ラブコメ、

でもこんなときこそ、尿意をおさえるポーズ!!(本文より抜粋)


4巻では恋愛のほうに話が傾きましたが、この巻ではハナの友人関係にもスポットが当たります。始めの頃に比べたら、彼女の学校生活も結構変わったのではないでしょうか。

もうトイレを我慢するだけ読者を笑わせるのは難しいのでは?と思って読んだのですが、それは杞憂でした。相変わらず酷いです(褒めています)。どうしてこんな発想が出てくるのだろうと感心してしまいました。神社の※個人の感想ですの場面が衝撃的でした。

徐々に終わりに向かって動いているようないないような・・・・・・。次回で完結なので綺麗に締めてもらいたいです。



[ 2018/07/07 20:43 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年06月09日(土)

うわばみ彼女 2 



著者:後藤羽矢子
発売日: 2016/1/29

評価〔B+〕 飽きれるけど同時に笑えます。
キーワード:アルコール、恋愛、同棲、

「本当に・・・嫌なのに・・・、くやしいっ・・・でもっ・・・」(本文より抜粋)


二人の馴れ初めがやや端折ってはいるものの描かれています。彼は今のような生活になるとは思いもよらなかったでしょう。

様々なお酒の楽しみ方が紹介されていて楽しいです。巻末のおまけ漫画や取材記や読むと、想像ではなく著者の体験をもとに書かれていることが分かります。興味があるのはお酒シャーベット。アイスに混ぜたことならありますから、あれと似たような感じなのでしょうか。夏になったら食べてみたいです。

また、おまけ漫画の「酒と私」も良かったです。あのように楽しく飲んでいるので、本書も楽しげな雰囲気なのだと納得してしまいました。次の巻も期待しています。




[ 2018/06/09 23:17 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年06月09日(土)

ダブルマリッジ 



著者:二宮 ひかる
発売日: 2012/6/16

評価〔B-〕 捉えどころのない感じ。
キーワード:恋愛、結婚、重婚、不倫、

「ほら、もうすぐあるんでしょ改正で、重婚とか」(本文より抜粋)


題名どおり重婚が主題の恋愛ものです。

1巻完結の割には登場人物が多めです。未婚・既婚問わず色々な立場から、恋愛や結婚についてあれこれ語っています。深く語るには分量が足りないので、もう少し登場人物を減らすか次の巻に続くかすれば、もっと面白くなったのになと感じました。中途半端さが目立ちました。

迷うことの多い男性たちに対し、女性たちは素直で人生が楽しそうで魅力的です。女性から見た彼女たちはどう映るのでしょうか。ちょっと気になる。今度は1巻で終わらず少し長いのが読んでみたいです。



[ 2018/06/09 23:14 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)