2016年12月29日(木)

恋愛しませんか? 3 (完) 



著者:タチバナ ロク
発売日: 2013/10/3

評価〔B〕 このタイトルだからこその結末です。
キーワード:恋愛、オタク、現代、

「私と手を組まない?」(本文より抜粋)


ほぼ決着がついたような感じの三角関係でしたが、新しい登場人物が加わり問題が発生します。すんなり進展するか思いきや、簡単にいかないのが面白いです。

印象に残ったのが選ばれなかった者のその後です。大抵語られないかあっさり描かれますが、本書では納得のいく結末が示されていて好感が持てます。恋愛に敗れた人は軽んじられることが多い印象があるので、しっかりその心境の変化を見せてくれるのは好ましいですね。

終盤はもう少し進展するところが見たかったのですが、本シリーズのタイトルを考慮すると、この終わり方で良かったんじゃないのかなと思います。全3巻と短いですが、恋愛もののダラダラした感じはなく潔かったです。次の作品も期待できそう。



スポンサーサイト
[ 2016/12/29 21:33 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2016年12月10日(土)

恋愛しませんか? 2 



著者:タチバナ ロク
発売日: 2013/3/1

評価〔B+〕 ヒロイン二人の魅力もよく出ています。
キーワード:恋愛、オタク、現代、

「たぶん・・・あの時から私は――、不破くんのことが――」(本文より抜粋)


オタク趣味の彼と彼女たちの恋愛。三角関係はどうなるのでしょうか。

ある人物の発言から三角関係に変化が起きます。恋愛ものと言えば行ったり来たりでなかなか話が進まないのが定番ですが、この漫画の人物は結構行動力があるので、じれったさやもどかしさは感じません。結果はどうあれ、見ていて気持ちいいです。

1巻ではいまいち分からなかった主人公・利斗の魅力でしたが、るりやふわりの過去編から彼の良さが伝わってきました。2人がなぜ彼に惚れたかも分かり、ぐっと盛り上がって面白かったです。

この巻で終わっても良かったかのような感じでした。最後で新しい登場人物をにおわせていたので、3巻では何か揉め事が起きそうです。


[ 2016/12/10 21:27 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2016年12月05日(月)

恋愛しませんか? 1 



著者:タチバナ ロク
発売日: 2012/10/1

評価〔C+〕 まだ序盤なのでなんとも。
キーワード:恋愛、オタク、現代、

「一ヶ月の間だけ・・・私を信じてみてくれませんか?」(本文より抜粋)


過去に嫌な思い出のせいで異性が苦手な青年と、彼の後輩と、彼にある提案をするメイドさんの3人の恋愛ものです。分かりやすい三角関係のお話。

登場人物たちの趣味で、ギャルゲーやメイド喫茶、コスプレなどオタク系のものが多く出てきます。現代ではあまり目新しくありませんが、純粋な恋愛ものではまだ珍しいのかな? 絵柄も見やすく、二人の女の子も魅力的に描かれています。初単行本なのにうまいですよねぇ。

ただオタクであること以外は結構普通の恋愛なので、いまいち印象が弱い気がします。もっと個性的でも・・・・・・いや変人だとそれはそれでギャグになってしまうから難しいですよね。それと、彼のほうの魅力があまり描かれていないので、どうもしっくりきません。次の巻では理由が明らかになるのでしょうか。大きなイベントが発生しそうなので、彼らの関係も変化しそうです。



[ 2016/12/05 21:40 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2016年11月19日(土)

ギリギリアウト 4 



著者:ソウマトウ
発売日: 2016/8/26

評価〔B+〕 アウトが多すぎませんかね・・・・・・。
キーワード:尿意、トイレ、ギャグ、学園、恋愛、ラブコメ、

「私のようなおもらしの犠牲者は増やしたくない」(本文より抜粋)


表紙を見ると予想がつきますが、新しい登場人物が現れます。最初はハナとソラの二人だけのやり取りだけでしたが、徐々に人が増え、笑いや恋愛に幅が出てきて読者を飽きさせません。

今回はソラの出番は少なめです。代わりにクラスメイトたちにスポットが当たり、ハナの交友関係にも変化が出てきます。色々問題が起きて、それを乗り越え良い雰囲気になるのですが、そこはこの漫画、しっかり笑わせてくれます。本書では、ハナは諦めが良くなっている気がします。羞恥心がなくなってきている? どちらにしても問題だ・・・・・・。

終盤、ある人物が重大発言をします。次の巻で物語が大きく動くかもしれません。展開としては笑うところではないのですが、あの演出は、いや、あの人らしくて良かったと思います。



[ 2016/11/19 21:28 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2016年10月29日(土)

「なるほど!」とわかる マンガはじめての恋愛心理学  



著者:ゆうきゆう
発売日: 2014/12/4

評価〔C+〕 恋愛相談のお供に。
キーワード:心理学、恋愛、カップル、夫婦、入門書、

付き合い始めの段階でカギとなるのは類似性です。恋愛に限らず、共通点を発見したことで相手との距離がぐっと縮まった経験は、誰にでもあるはずです。(Part 1より抜粋)


恋愛に関する心の動きについて易しく説いた入門書です。

表紙からも分かるように、マンガやイラスト、図解を多く用いて、できるだけ分かりやすいように書かれています。マンガで具体例が示されているので、解説が多少抽象的な場合でもすんなり理解できるのではないでしょうか。一目惚れや年の差カップルから、相手からの束縛や浮気とやっかいな問題点まで、多種多様な項目があり興味深いです。

ただ、心理学の本を初めて読む人向けに書かれているので、既に知っていることも多く、もう少しだけ深い内容も書いて欲しかったです。それと、昨今話題のLGBT、性的少数者の恋愛にも触れてほしかったかな。入門書にそこまで求めるのは贅沢でしょうか。

心理学の本を読んだことのない人に、試しに読んでもらいたいシリーズです。




[ 2016/10/29 18:49 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)