2017年05月07日(日)

快楽の脳科学 「いい気持ち」はどこから生まれるか 



著者:廣中 直行
発売日: 2003/8/30

評価〔B〕 脳の一部だけでは決まらない。
キーワード:脳、快楽、不快、低次脳、高次脳、

私の想像ではあるが、人間は世界を制御できたと思ったときにもっとも強烈な快感を感じるのではないだろうか。(第二章5より抜粋)


気持ち良いという感情を、心理学ではなく脳科学の見地から分析した本です。題名の「快楽」とついていますが、快を知るためには不快・辛さを知る必要として、問題行動が多く取り上げられています。楽しそうだなと思って読むと、なんか違うと思ってしまうかもしれません。

脳を原始的な低次脳と人間らしい高次脳の2つに大まかに分けて、何がどのように作用しているのか細かく説明しています。私は生物には疎いので、化学物質などの専門用語を羅列されると分かりにくいのですが、詳しい人には丁寧に書かれていて分かりやすいでしょう。

他の動物も同じようにある食欲や睡眠欲から、本来避けるべきものに接近する「怖いもの見たさ」まで幅広く取り扱っています。項目により分量に差があり、もっと快の部分を多く書いてほしかったです。また、読んでいるときはあまり感じませんでしたが、全体的にまとまりに欠けるような印象を受けました。各項目では研究が進んでいるけど、それらの軸となる分かりやすい共通点がない、のかな?

正直、理解できているかどうか怪しいです。後でまた読もうかな。本書はもう十年以上前のものなので、著者が新しい本を書く時は進展がありそうなので、気長に待つのも良さそうです。




スポンサーサイト
[ 2017/05/07 17:42 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2016年11月03日(木)

平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫) 



著者:M・スコット・ペック (著), 森英明 (翻訳)
発売日: 2011/8/5

評価〔B+〕 序盤は解説よりも具体例が興味深い。
キーワード:心理学、邪悪、善、虚偽、文庫化

これにたいして、私が邪悪と呼んでいる人たちの最も特徴的な行動としてあげられるのが、他人をスケープゴートにする、つまり、他人に罪を転嫁することである。自分は非難の対象外だと考えている彼らは、だれであろうと自分に近づいてくる人間を激しく攻撃する。(第2章より抜粋)


主題は人間の邪悪さ、邪悪な人々についてです。悪と聞くと殺人や詐欺のような犯罪を連想してしまいますが、本書で問題となる悪はそれらとは違います。自分の評価が落ちそうになると、理由をつけて否定する人たちのことです。有能で正しそうに見えるけれど、家族であれ誰であれ責任を押し付け保身を図ります。違法ではないけれど、自分に問題があることが分かっていない厄介な人です。

邪悪な人たちの例として、精神科医の著者と面談をした何人かの人たちが挙げられています。問題行動を起こす子の親や夫婦が登場しますが、著者は特徴として嫌悪感を覚えると記しています。読んでいくと、他人の立場にたって想像することができないので、説得や治療が非常に困難です。邪悪さの中核はナルシシズム(自己愛)であるとする著者の持論は、正しいのかもしれませんね。また、失敗談も隠さず挙げているので、好感が持てます。

こうした特徴を邪悪と呼んだり、邪悪性を精神病と呼ぶのは、まだ何か違和感があります。意識して行っている悪は悪ではないのだろうか、心の特徴を病気と呼ぶのはしっくりこないなあ、と色々考えてしまいます。これから研究されていく新しい分野だと思うので、概念をうまく理解できていないのかもしれません。

悪の治療も少しだけ述べられていますが、実践するのは難しそうです。著者は残念ながら亡くなってしまいましたが、誰か後を引き継いだ研究者がいるのでしょうか? 邪悪性の研究が続いていることを願います。ただ、邪悪な人たちの心配をするだけでなく、自分も邪悪な人になっていないか自問自答することを怠らないようにしたいです。



[ 2016/11/03 18:46 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2016年10月29日(土)

面白いほどよくわかる! 犯罪心理学 



著者:内山絢子 (監修)
発売日: 2015/1/16

評価〔C+〕 やや硬い文章ですが、分かりやすいです。
キーワード:犯罪、加害者、被害者、心理学、

なぜ「真面目な人」「よい子」は犯罪とは無関係に見えるのでしょうか。それは、社会や私たちが犯罪を行った「真面目な人」や「よい子」に無関心であったためかもしれません。(第7章より抜粋)


犯罪を行う人に注目し、加害者はなぜ犯罪に手を染めてしまったのか?を分析し分かりやすく解説した、犯罪心理学の入門書です。

犯罪を殺人、性犯罪、詐欺と系統立てて説明していて、理解しやすいのが良いです。また、加害者の心理に興味をひかれ読んだのですが、法律ではどのように扱っているのかや、逮捕後から更生までの流れも触れられていて、犯罪全般について知識を得ることができて良かったです。また、犯罪心理学を使った捜査も簡単に説明しています。

入門書としては良いのですが、用語の大まかな説明のみで終わってしまう項目では物足りなく思うこともあり、もう少し専門的な解説があっても良かったと思います。また、読み物としてはやや硬い文章、教科書のようだったのが残念です。

普段考えることはありませんが、社会で生活していく上では知っておくべきことなのかもしれませんね。




[ 2016/10/29 18:51 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2016年10月29日(土)

「なるほど!」とわかる マンガはじめての恋愛心理学  



著者:ゆうきゆう
発売日: 2014/12/4

評価〔C+〕 恋愛相談のお供に。
キーワード:心理学、恋愛、カップル、夫婦、入門書、

付き合い始めの段階でカギとなるのは類似性です。恋愛に限らず、共通点を発見したことで相手との距離がぐっと縮まった経験は、誰にでもあるはずです。(Part 1より抜粋)


恋愛に関する心の動きについて易しく説いた入門書です。

表紙からも分かるように、マンガやイラスト、図解を多く用いて、できるだけ分かりやすいように書かれています。マンガで具体例が示されているので、解説が多少抽象的な場合でもすんなり理解できるのではないでしょうか。一目惚れや年の差カップルから、相手からの束縛や浮気とやっかいな問題点まで、多種多様な項目があり興味深いです。

ただ、心理学の本を初めて読む人向けに書かれているので、既に知っていることも多く、もう少しだけ深い内容も書いて欲しかったです。それと、昨今話題のLGBT、性的少数者の恋愛にも触れてほしかったかな。入門書にそこまで求めるのは贅沢でしょうか。

心理学の本を読んだことのない人に、試しに読んでもらいたいシリーズです。




[ 2016/10/29 18:49 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2016年10月07日(金)

「ストーカー」は何を考えているか 



著者:小早川 明子
発売日: 2014/4/17

評価〔A-〕 誰しもなりうる可能性があります。
キーワード:ストーカー、心理学、犯罪、精神医学、

『全宇宙の生命を脅かすモノ―― 災いの渦』(本文より抜粋)


相手にしつこく付きまとい最後には事件へと至ってしまう出来事をニュースでときどき見ます。彼ら彼女らはなぜストーカーになってしまったのか? 何をどのような思いでストーキングをしているのか? カウンセラーとして500人以上のストーカーに対応してきた経験から、その本質を分析しています。

序盤から何件もの事例が挙げられていて、自分が思っている以上にストーカー問題は珍しくないことなのだなと認識を改めました。加害者には加害者なりの言い分がありそれが解決への鍵であると説いています。また、ストーカーは何もしなければ事態は悪化していくのみで改善することはないそうです。被害者の新しい恋人が介入するのも危険だそうです。経験豊富なだけあって説得力があります。また、危険度の見分け方やどう対処すべきかの章は、問題が差し迫った人たちへの助けとなるでしょう。警察へどのように相談したら良いかも書いてあります。

ちょっと興味深いと感じたのは、自然相手の職業に就いているストーカーは今までいなかったことです。自然の力や理不尽さを頻繁に体験していると、相手を思惑通りにしてやろうという気が起きないのかもしれません。それと、男女でストーカーの行動に違いがあること。男性は相手の私生活を狙い、女性は相手の公的な場面を狙うそうです。また、ストーカーの半分は女性なのは知りませんでした。

著者は被害者や加害者と直接会いますが、両方に会うカウンセラーは稀だそうです。正しいかどうか断言できないと書いていますが、他の方法と比較してより効果的であると認められるなら、もっと普及してほしいですね。社会の理解が深まり、専門家が増えることで、不幸な事件が起きないことを望みます。



[ 2016/10/07 21:49 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)