2012年05月28日(月)

絶対☆霊域1 

絶対☆霊域(1) (ガンガンコミックスJOKER)絶対☆霊域(1) (ガンガンコミックスJOKER)
著者:吉辺 あくろ
出版:スクウェア・エニックス
発行:2011/01/22

評価〔C〕 怖くない幽霊4コマ。
キーワード:幽霊、ギャグ、4コマ

「私は幽霊よ!?わかってんの!?」(本文より抜粋)


部屋に憑いている少女幽霊・ひな子と少女が好きな青年・後藤が同居生活するゆるいギャグ4コマです。幽霊と言っても怖い雰囲気はまったくなく、ほのぼのした感じです。

怖がらせるほうの幽霊が怖がりで、怖がるほうの生きている人間が全然嫌がらない、通常とは逆の立場なのがポイントです。ひな子の可愛らしさと後藤のさっぱりした言動のせいか、明るく和やかです。幽霊がツッコミ担当なのが個性的で良いと思います。登場人物も多過ぎず、2巻への引きもあって過不足なく出来ている感じです。

しかし、面白かった!とはそれほど思いませんでした。つまらなくはないですし悪くもないのですが、うーん、好みの問題でしょうか。後藤は変態変態と連呼されているけれど、かなりエッチなだけで手がつけられない程でもありませんし、ロリコンとしては並なんじゃないのかな。いや、それとも、アレだと既にかなり酷いのでしょうか。漫画でたくさん酷いキャラを見ていると、基準がよく分からなくなってきます。(笑) そもそもひな子の年齢って何歳なんだ。小学5年生くらい?

余談ですが、幽霊が出てくる4コマ漫画というと、どうもWEB漫画の『2K 庭付き 幽霊憑き』のほうが頭に浮かびます。

Amazonで評判が良かったので読んだのですが、やはり期待しすぎるのはよくないということですね。でも、嫌いではないです。





スポンサーサイト
[ 2012/05/28 22:36 ] 4コマ漫画 | TB(1) | CM(0)