FC2ブログ







2014年12月30日(火)

2014年のまとめ 

もう30日、残すは大晦日のみとなりました。今年の読書の総括です。

2014年に読んだ書籍は125冊でした。昨年よりやや多いのですが、漫画がかなり多かったので、数字ほど本を読んだという感覚はありません。その内訳ですが、

小説 (20)
ライトノベル (18)
漫画 (64)
4コマ漫画 (1)
随筆 (1)
社会・歴史 (4)
心理・哲学 (2)
自然科学・医学 (10)
言語 (0)
実用 (5)
WEB漫画 (0)

となりました。

漫画が昨年の2倍以上で、全体の51パーセントを占めています。確かに漫画は良く読んだなあという記憶があります。特に夏は漫画ばかりと言っても過言ではなかったと思います。しかし、4コマ漫画はほとんどと言っていいほど読んでませんね。嫌いになったのではなく、好みに合いそうなものが見つからなかったのが原因です。じっくり探します。

小説もライトノベルも少しずつ減り、自然科学・医学が増えました。理系の新書も読みたいなと感じていたので、それが反映しているのではないでしょうか。心理・哲学が減ったのは意外でした。部屋には結構あるので、勘違いしていたようです。

また、評価別の数は以下のとおりです。

〔S〕 2冊
〔A〕 19冊
〔B〕 93冊
〔C〕 10冊
〔D〕 1冊
〔E〕 0冊

今年はSが2冊ありました。「2」と「密室殺人ゲーム2.0」ですが、後者は読み終わった直後からまた読みなおし、しばらくずっと読み返していました。S-ではなくSにすれば良かった。どちらも創作でしたので、来年は新書でSをつけたくなるような本が読みたいです。一方、悪いほうはというと、Eは0だったもののDは1冊ありました。意見の違いは仕方ないのですが、近年どんどん新書の内容が軽く、薄くなってきている気がします。数は少なくなっても、読み応えのある面白いものを出版してほしいですね。

予想よりもBの割合が多かったです。4分の3がB。今年は結構評価が散らばるようにAとCを多くしたつもりでしたが、そうでもありませんでしたね。もう少しAとCが多くても良かったかもしれません。来年はそうしよう。

昨年に続き、電子書籍を利用しています。セールの時をうまく利用して購入しています。電子書籍は読む権利をどこかの組織が一括して管理してくれれば、どの電子書籍サイトがつぶれないで長く使えそうか、などと考えずにすむのですが。長い間ずっと解決しないのを見ると、やはり難しいのでしょうね。

来年も漫画を多めに読もうかと思いますが、活字本も疎かにすることなく読む予定です。バランスが大切。娯楽のための本も良いのですが、知的好奇心を満たすような本が良いです。もしくは、良くも悪くも衝撃的なものも読みたいですね。それでは、良いお年を。



[ 2014/12/30 22:22 ] 年別まとめ | TB(0) | CM(0)

2013年12月31日(火)

2013年のまとめ 

もう今年もあと数時間で終わりです。今年の読書を総括します。

2013年に読んだ書籍は107冊でした。昨年より少なくなりましたが不満はありません。その内訳ですが、

小説 (26)
ライトノベル (21)
漫画 (27)
4コマ漫画 (4)
随筆 (1)
社会・歴史 (9)
心理・哲学 (9)
自然科学・医学 (4)
言語 (2)
実用 (5)
WEB漫画 (0)

となっています。

漫画がかなり減って、心理・哲学が増えたのが目につきます。あとは少し増えたり少し減ったりと、昨年と比較してあまり変わらない結果だと思います。

漫画は4コマ漫画を含めても全体の29パーセントと3割を切りました。ブログを始めてからは初めてでしょうか。今年こそ漫画が多くなるのかな~と思っていたのですが、我ながら当てにならないものですね。(笑)

ライトノベルはあまり読んでいない印象だったのですが、それなりに読んでいますね。小説より少ないけれど。ラノベも小説も、自分に合いそうなものがよく分からず迷ってしまいます。直感で選ぶのが良いのでしょうか。


また、評価別の数は以下のとおりです。

〔S〕 0冊
〔A〕 16冊
〔B〕 73冊
〔C〕 18冊
〔D〕 0冊
〔E〕 0冊

Eに加えてDもゼロ。しかし、Sもゼロでした。悪かったのがないのは良いけれど、最高評価がないのは寂しいです。Sはつけようか迷ったものもあったのですが、悩んでA+などに。来年は迷うことなくこれはSだ!と言い切れる本と出会えることを期待しています。また、昨年よりもBの割合が減って上下に散りました。

今年の目立った出来事は、少しずつではありますが電子書籍をきちんと買い始めたことでしょうか。今のところAmazonとebookjapanの二店舗を利用しています。特に漫画は実際の本だと場所も取ることもあり、そうした欠点のない電子書籍を増やしていこうかと思っています。

来年の読書の抱負は……ネットで眺めるだけでなく、なるべく実店舗でどのような本があるのか見て回ること。意外な本との出会いが嬉しいし楽しいので。あとは、価値観が変わるような本が見つかれば良いですね。大人になってからは何かと変化が少なくなっている気がします。それと、今年こそ漫画を多く読もうと思っています。それでは、良いお年を。



[ 2013/12/31 20:46 ] 年別まとめ | TB(0) | CM(0)

2012年12月29日(土)

2012年のまとめ 

昨年の大晦日更新を反省して、今年は早めに。といってももう29日ですけどね。

2012年に読んだ書籍は122冊でした。昨年より多く読むことができ、また毎月10冊くらい読めるといいなーという願望のような目標を達成できて良かったです。時間的にも経済的にも、これを超えるのは……現時点では難しそうです。

その122冊の内訳ですが、

小説 (26)
ライトノベル (24)
漫画 (34)
4コマ漫画 (7)
随筆 (3)
社会・歴史 (13)
心理・哲学 (4)
自然科学・医学 (4)
言語 (0)
実用 (7)
WEB漫画 (0)

となっています。昨年のまとめにも書いたように、推理小説のカテゴリーを廃止しました。

自然科学・医学が減って、社会・歴史がかなり増えました。それと実用が増えましたが、これはどのカテゴリーにも属さない本を全てここに収めているからだと思います。自己啓発やビジネス書は分類に迷います。新たに増設すべきなのかな。

漫画と4コマ漫画は全体の約33.6パーセントでした。昨年とほぼ同じ数字です。漫画はある程度好き勝手読むことにしたので、かなり多くなると思ったのですが予想が外れました。凄く読みたい漫画が少ないのが原因かも。面白い漫画を発掘しよう。

小説はライトノベルより多かったのでよしとします。でも、メディアファクトリー文庫をラノベとして換算すると逆転しそうです。このレーベルに限らず、表紙がイラストの小説って最近増えましたよね。何でもラノベに見えてしまいそうだ。


また、評価別の数は以下のとおりです。

〔S〕 2冊
〔A〕 15冊
〔B〕 86冊
〔C〕 18冊
〔D〕 1冊
〔E〕 0冊

昨年同様、今年もEがゼロで良かったです。結果を見るとDよりSが多くて良いように見えますが、実感としてはそれほど良好ではなかったと思います。ま、自分でも評価が辛めかなーとは思っていましたが、それを差し引いても平均点は昨年より良くなかった印象です。Sが2つのみで、しかも両方ともS-なのが寂しいですね。来年はS+をつけたくなるような凄い本に出会えますように。

今年の収穫は、野崎まどを知ったことでしょうか。あの急転回が好きです。未読の他の作品も気になります。それと、「漫画版・罪と罰」と「付喪堂骨董店」の2つのシリーズを完結まで読み終えることができて満足しています。

来年の読書の抱負はまだ何も決めていません。うーん、何も思いつかない。本を選ぶ際に、値段を重視し過ぎないとかかな?(笑) それでは、良いお年を。



[ 2012/12/29 22:45 ] 年別まとめ | TB(0) | CM(0)

2011年12月31日(土)

2011年のまとめ 

がんばって年内にまとめを更新します。

今年読んだ書籍は106冊でした。106。ついに百冊を超えました。途中から百に届くのではないかと気づき、なんとか大台に乗せ、達成感を得ることができました。一昨年の49、昨年の79と順調に増えています。新しい本を多く読んだため、過去に読んだ本を読み返すことが減った一年だったと思います。

さて、その内訳ですが、

小説 (24)
ライトノベル (21)
推理小説 (0)
漫画 (29)
4コマ漫画 (7)
随筆 (2)
社会・歴史 (5)
心理・哲学 (5)
自然科学・医学 (9)
言語 (3)
実用 (1)
WEB漫画 (0)

となっています。自然科学を自然科学・医学へ変更しました。来年から推理小説のカテゴリーを廃止します。今までそのカテゴリーに属していた本は、小説へ移します。

漫画についてですが、4コマを含む漫画は全体の約34.0%でした。約3冊に1冊は漫画です。主観的に少なかったと感じました。読み返している回数が多いから、漫画を読んでいる時間が多くて錯覚したのでしょう。小説とライトノベルが増え、フィクションの楽しみを活字で補った形となりました。来年は漫画を控えないで好きなように読もうかな。

評価別の数は以下のとおりです。

〔S〕 3冊
〔A〕 12冊
〔B〕 73冊
〔C〕 14冊
〔D〕 4冊
〔E〕 0冊

Bより評価の高いものよりも、Bより低いもののほうが多いです。春から夏あたりはBとCばかり続きましたからね。秋ぐらいから平均的に良くなってきました。Sは3冊。昨年と同じです。もう少し多いと嬉しい。Aは12冊で全体の約11.3%で、昨年よりずっと減りました。Cよりも少ないですしね。見る目も養わないと。今年もEがなかったのが救いです。

一ヶ月で読んだ最高記録が16冊になりました。数をこなせば良いかと言うとそうではありませんが、達成感や充実感があって良かったと思います。時間とお金に都合がつけば、17冊以上に挑戦してみます。

今年ももう数時間しかありませんが、よいお年を。



[ 2011/12/31 18:32 ] 年別まとめ | TB(0) | CM(0)

2010年12月31日(金)

2010年のまとめ 

昨年と同じように、年内のうちに一年のまとめを。

今年読んだ書籍は78冊でした。感想はそれにWEB漫画1つを加えた79作品書きました。昨年の49を大幅に上回りました。最低50はと意気込んで読み始めたので、目標達成できて良かったと思います。漫画を含めてこの数字だから、できれば漫画とライトノベル以外でこれくらい読みたいですね。さて、ジャンル別でみると

小説 (13)
ライトノベル (11)
推理小説 (0)
漫画 (24)
4コマ漫画 (7)
随筆 (4)
社会・歴史 (7)
心理・哲学 (8)
自然科学 (3)
言語 (0)
実用 (1)
WEB漫画 (1)

となりました。分野の変更点は、4コマ漫画を漫画から独立させました。また、WEB漫画を追加しました。推理小説は独立じゃなく小説に含めようかと検討中です。また、古典や近代文学の数が増えたら独立カテゴリーにするかもしれません。

WEB漫画を除くと、4コマを含め漫画は全78冊中31冊で、約39.7%を占めます。密かな目標であった、漫画以外を全体の半分以上にすることが達成できました。まあ、調整しながら読んでいたのでそうなるのは当然なのですが。漫画を控えるとフィクションが読みたくなり、小説とライトノベルの数が自然と増えました。でも、小説がラノベより多かったのは意外です。もっとラノベを読んだ気がしていたので。

そして、評価別の数は以下のとおりです。

〔S〕 3冊
〔A〕 22冊
〔B〕 43冊
〔C〕 7冊
〔D〕 4冊
〔E〕 0冊

これにはWEB漫画「メンヘラちゃん」の評価Sも含まれています。メンヘラちゃんを除くとSは「知性の限界」と「ロボットとは何か」の2冊だけですね。一方、Aは22冊で全体の約28.2%でした。少し評価が甘かったのか、それとも良書を上手く選んでいただけなのか……悪いのが多いよりはいいか。この頃は、質よりも満足感で評価をつけることが多いような気がします。評価Eは印象はS並で、Sとは正反対の評価のものにつけようと予定しているのですが、今年もEがでなくて良かった良かった。

それでは良いお年を。





[ 2010/12/31 10:16 ] 年別まとめ | TB(0) | CM(0)