FC2ブログ







2020年06月18日(木)

「めんどくさい」がなくなる本 



著者:鶴田豊和
発売日: 2015/2/20

評価〔C+〕 もう少し説明をしてほしかったです。
キーワード:めんどう、心理学、実用、

何か新しいことをする前は、いろいろと考えすぎてしまい、よりめんどくさくなって、行動できなくなります。(だお3章より抜粋)


めんどくさいと思う原因とその対処法がいくつか書かれています。他の自己啓発書で見たものが多く、やはりそうだよなと再確認することが多かったです。考え方を変える、自ら進んで行うようにする方法が効果的なのは理解できました。

ある単語を違う単語に言い換えているだけに感じる場合がいくつかありました。やる気と情熱、相手への期待と相手への信頼、目標と幸せ、など二つの単語を同じ意味で使用しているように見えます。もう少し具体的に違いを述べて説得力を持たせてほしかったです。

他の自己啓発書ではよく○○と書いてありますがそれとは違う、と記述している箇所が数か所ありました。しかし、自分を受け入れ好きなことをするという結論は、著者の主張とは異なり自己啓発本ではめずらしくないと思います。

後半は人間関係がめんどくさいということで、自分の内面ではなく対人関係について書かれています。これはこれで役に立つのかもしれませんけど、本書の主旨から少々外れている気がします。人間関係も大切ですが、しなければならないことの対処法をもう少し説明してほしかったです。

「自分に甘いと自分に甘い行動は違う」の件は興味深く読みました。意見に賛同するかは別として、こうした考え方はしてこなかったので面白かったです。また、自分のルールが少数派の環境から多数派の環境へ移動するとストレスがなくなるというのも目を引きました。価値観が合う合わないことをそう言いかえると、なんだか印象が変わってきます。価値観が合わないよりは自己主張が弱くなるのでしょうか。

本書を読んでみて新鮮さをがあまり感じることができなかったのは残念でした。帯に「本を読むのもめんどくさいあなたへ」とありますが、活字が苦手な人が最後まで読めるかは怪しいと思うんだけどなあ。



スポンサーサイト



[ 2020/06/18 22:25 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2020年05月22日(金)

もっと言ってはいけない 



著者:橘 玲
発売日: 2019/1/17

評価〔A〕 問題点を間違わないように。
キーワード:社会学、遺伝学、先天的、進化、脳科学、

もしひとびとの素朴な常識が正しいなら、成長につれて一卵性双生児の類似性は下がっていくはずだが、実際には逆に高まっていくのだ。(2、一般知能と人種差別より抜粋)


受け入れがたい冷酷な真実を数々の実験やデータから明らかにしています。本書は前作「言ってはいけない」の続編ですが、こちらだけ読んでも理解できます。ただ、本書のほうが知能と遺伝と進化に絞って前作よりも論じる範囲を狭めているので、少し読む人を選ぶかもしれません。

タブーとされる知能や人種間の違いについても遠慮せずに書いているのが特徴です。読みながらツイッターなどで発言したら大いに話題になりそうな意見が多かったです。データに基づく結論は刺激的で説得力のあるものでした。著者の個人的な意見に対しては自分の意見とは違うなと思うことが時々ありましたが。

引用した上記の「知能に及ぼす遺伝の影響は年齢とともに増加」をはじめ、「同性愛が残った理由」「遺伝子から分かったサピエンスの移動」「アメリカで成功している高知能集団」「東アジア人は幼形成熟説」など興味深いものが多く読みごたえがありました。同性愛の項目では、男性の同性愛者は一見子孫を残すのに役に立っていないようにみえるけれど、彼らは男性を引き付ける魅力があり彼らの女性の血縁者も同様に男性に対して性的魅力を持つので、結果として自分に近い遺伝子を残す機会に恵まれると説明していて疑問は残りますが面白かったです。

また3章にある、犬種の違いを論じても差別ではないのに人種の違いについては否定される、は斬新で新鮮な意見でした。反発する人は出てくるでしょう。しかし研究は進んでいて、遺伝的には東アジア人とヨーロッパ人の差よりもタンザニア北部の人と西アフリカの人の差のほうが大きいことが明らかになっています。アフリカ内でそれだけ差があるなら一言で黒人と呼ぶには大雑把過ぎます。集団の特性を論じるべきか、論じるならどこで集団を区切るのか。難しいですね。

研究や実験によって自分には不愉快な結論が導かれても認めるのが公平であると考えます。問題をタブーとせず、何がダメなのかどこが不公平なのかを議論していく姿勢が大切なのではないでしょうか。



[ 2020/05/22 20:50 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2020年02月16日(日)

ゆるす力 



著者:植西 聰
発売日: 2012/7/28

評価〔B〕 分かってはいるけれど難しい。
キーワード:ゆるす、心理学、人間関係、

ゆるしとは相手を忘れる、無罪放免にする手段ではなく、自分を自由にする手段、それがゆるしです。(第一章12より抜粋)


怒りに注目した書籍は時々見かけますけど、許すことについて書かれたものは珍しい気がします。

他人のためでなく自分のために誰かをゆるすことが大切だとし、受け止め方を変える方法や人それぞれと諦める方法、怒りから気分を切り替える方法を紹介しています。とにかく数多くの手段・方法が書かれているので、自分に合ったもの興味のあるものから試していくのが良いです。また、第三章の「相手に事情があったのかも」などいくつかは既に実践していたものもありました。

上記の引用の、ゆるしとは自分を自由にする手段、という表現が印象に残りました。他には「気持ちを客観的に表現してみる」「石ころを握る」あたりが興味深く試してみたくなりました。特に後者は自分にはない発想です。

しかし、頭では分かっていてもいざ腹が立つ状況になると怒ってしまうものです。怒りをうまく制御するのは本当に難しいです。無意識にストレスを貯めこまない程度に怒りをあらわにするのは控え、他人と衝突しないようにしたいです。



[ 2020/02/16 21:44 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2019年11月23日(土)

コーチングのプロが教える 「ほめる」技術 



著者:鈴木義幸
発売日: 2009/10/8

評価〔A-〕 相手の望みを見抜くのが難しい。
キーワード:ほめる、アクノリッジメント、管理職、コミュニケーション、家族、

相手をよく見て、相手が日々どんなことを思っているのかを洞察して、どんな言葉を投げかけられたいのかを熟慮して、初めて「ほめ言葉」は発せられるべきものです。(第二章より抜粋)


会話する相手にエネルギーを与えることをアクノレッジメントと呼ぶそうです。アクノレッジメントの中の一つである褒めることを中心に他者との意思疎通の技術とそのメリットを紹介しています。

部下に怒るのは簡単ですが、ほめるのは彼らをきちんと観察していないと難しいものです。単に褒めても喜んでくれないこともありますし、見当違いのことを褒めても効果は少ないこともあります。著者は褒めることも技術だと主張し、上記の引用のようによく考えて練習あるのみと説いていて、やはり近道はないのだなと納得しました。まったく褒め方が分からないという方は、人を4つのタイプに分類してそれぞれ効果的な褒め方と具体例が書かれていますので、参考にしてみたらどうでしょうか。

ほめること以外にもアクノレッジメントの手法がいくつか解説されていて参考になります。相槌の打ち方から信頼して見守ることまで、他人のやる気を引き出す方法はいくつもあると考えさせられました。別れ際の一言が印象に残るのはよく分かります。また、初対面の相手を調べて欲しいものを贈り物をするのは、評判が良いそうです。調べてと言う点がポイントですね。部下に対してでなくでも色々と使えそうです。

相手に少しずつでも頻繁に存在を認めるようなことをすることが重要だと知りました。会話は得意ではないので少しでもアクノレッジメントが上手くなるようになりたいです。



[ 2019/11/23 20:21 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2019年10月23日(水)

「時間の使い方」を科学する 思考は10時から14時、記憶は16時から20時 



著者:一川 誠
発売日: 2016/7/15

評価〔B+〕 公私ともに使えそう。
キーワード:時間、実用、サーカディアンリズム、目標勾配、

この規則性は、総合的な印象は、最も明確であった際の印象強度と最終段階での印象強度によって決定されているということで「ピーク・エンドの法則」と呼ばれています。(第9章より抜粋)


時間を科学するのではなく、使い方を科学的に考察する本です。学問というよりは実用書っぽいです。

心理学の研究によって分かってきた人の心の時間的特性が紹介されています。ひとつの項目を深く掘り下げるのではなく、いくつもの項目が列挙されていて雑学の本のようです。主観的な時間の長さ、身体変動のリズム(サーカディアンリズム)、作業効率を高める手段など様々な面から研究しているのが分かります。各章はコンパクトにまとまっていて読みやすいですし、「はじめに」でも書かれているように自分の興味がある章から読んで試してみるのも良さそうです。

印象に残ったのは上記の引用の「ピーク・エンドの法則」です。事後の印象はピークとエンドの中間になりやすく、持続時間は影響しないとのこと。確かに終わってみれば長時間嫌なことがあった時よりも、ごく短時間すごく嫌なことがあった時のほうが嫌です。楽しいときもそうかもしれません。関連して楽しい時間を長引かせる方法、すなわち細部に注意して、代謝を上げ、刺激を受けることの3つも覚えておいたほうが得しそうです。

他にも時間を作り出す技術、優先順位を決めるなどもすぐにでも使えそうな技術がいくつも書かれています。ちょくちょく読み返したい本です。



[ 2019/10/23 21:06 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)