2017年01月28日(土)

非言語表現の威力 パフォーマンス学実践講義 



著者:佐藤 綾子
発売日: 2014/7/18

評価〔C+〕 名演説は一日にしてならず。
キーワード:パフォーマンス学、プレゼンテーション、言語学、心理、

七人の映像をたった二秒間見ただけで、被験者はこの大学院生たちが正直なのか、頼りないのか、まじめなのか、日頃の大学院生たちの個性を正確に見抜いているのです。(第3章より抜粋)


人と話をする時、喋った内容よりも話者の表情や身振り手振りから多くの情報を得ている、と耳にしたことがあります。言葉だけでは分からない感情や思惑が、態度から強く伝わってくることは珍しくありません。一般的に、表情や仕種は非言語表現と呼ばれています。パフォーマンス学の第一人者である著者が、その非言語表現の重要さを分かりやすく解説します。

読むとすぐ気づきますが、本題はパフォーマンス学のほうで、非言語表現はその一部として取り扱っています。パフォーマンス学はコミュニケーション学や心理学などを含む自己表現のための複合的な学問で、本書ではプレゼンテーションや演説をメインに説明しています。演説の具体的な練習の仕方など、大勢の前で話をする機会のある方には有益なものですが、私のようにそういった機会のない人にとっては実用的とは言えません。とはいえ、自己紹介や交渉のポイントは役に立ちそうなので、知っておいたほうが得だと思います。

残念なのは非言語表現を扱ったところが少ないことと、一つひとつの表現の解説が浅いことです。意見を聞く際、相手を指差すのは良いことか悪いことか、悪いならどうした仕種なら良いのか、どうした仕種や表情が相手の発言を促すことができるのか、など細かいことが知りたかったのですが書かれていませんでした。プレゼンの指導を生業とし、人間嘘発見器とまで呼ばれているならば、もっと具体的なことを教えて欲しかったです・・・・・・というのは欲張りなのかな?



スポンサーサイト
[ 2017/01/28 21:46 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2016年12月21日(水)

葬式は必要! 



著者:一条 真也
発売日: 2010/4/20

評価〔C+〕 遺族のためは分かるけど・・・・・・。
キーワード:葬式、儒教、葬儀業者、

愛する者を失った遺族の心は不安定に揺れ動いています。そこに儀式というしっかりした形のあるものを押し当てることによって「不安」を和らげます。(本文より抜粋)


葬式無用論が話題となって葬式の形が変わりつつあります。しかし、このまま葬式をなくしてしまってよいのでしょうか。危機感を持った著者が、自身の冠婚葬祭業の経験を踏まえ、葬式の意義と大切さについて説きます。

先日「葬式は、要らない」を読み、片方の主張だけでは分からないこともありそうだと感じ、その反論である本書を手に取りました。時代の流れで葬儀の個性化が進んでいること、葬式代が高いのが不満であること、納得のいくお別れができれば良いということは、両者の意見が似ていて意外でした。

著者は論理よりも人情を重視していて、うなずける部分もあります。けれども、葬式は最高の自己実現・最大の自己表現である、はどうも腑に落ちませんでした。また、儒教を重視し過ぎて、葬式をしないのは人ではないと非難するのは言い過ぎだと思います。仕事にしているので、思い入れが強過ぎるのではないでしょうか。8章で紹介されていた寺の息子の意見が、一般の人の考えに一番近そうだと思うのですがどうでしょう。

葬式は故人の遺志を尊重したいですが、絶対必要とまでは本書を読んでも思えませんでした。故人の死を悲しむこと自体は大切だと思いますけどね。



[ 2016/12/21 21:52 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2016年11月26日(土)

葬式は、要らない 



著者:島田 裕巳
発売日: 2010/1/28

評価〔A-〕 見栄と世間体と贅沢。
キーワード:葬式、仏教、戒名、家族葬、直葬、

どうせ授かるなら平凡なものではなく院号のついた立派なものが欲しい。本人もそれを望むが、喪主となった遺族も世間に対する見栄から立派な戒名を望む。都会における院号のインフレ化の背景には、そうした都会人の欲望がからんでいる。(第6章より抜粋)


家族葬という言葉を数年前に初めて見ました。その時に、家族だけで行われる質素な葬式だと知ったのですが、あまり気にしていませんでした。しかし、それから目にしたり耳にしたりする機会が増え、今ではすっかり社会に定着しつつあります。この家族葬をはじめ、葬式のあり方がどんどん変化しているのを実感しています。高すぎる費用もよく話題にあがります。どうしてこんなにかかるのか、そもそも葬式と戒名とはどのようなものなのか。根本的なところから、日本の葬式のあり方について述べています。

あまり知られていない葬式仏教の成り立ちや戒名の意味、戦後の家族のあり方と葬式の変化が分かりやすく書かれています。最新の葬式にも触れていて、樹木葬なるものは初めて知りましたし、宇宙葬が普通の葬式よりずっと安いのには驚きました。また、戒名は見栄や名誉が強く関係していると指摘している点は、同意します。そうした例を見たことがありますので。現代社会が葬式無用論に近づいているという見解が印象に残りました。

過激な題名ですが、批判や否定だけしているわけではありません。「法的には葬式をあげなくても良い」「本来仏教には戒名という慣習はない」「家を単位とした葬式は現代と合っていない」と説明していますが、上層階級でしかなれなかった檀家になれる贅沢という葬式仏教の良い点もきちんと説明しています。寺の経済事情と戒名料の話も興味深かったです。

出版された当時に読もうと思っていて読まなかった本ですが、数年遅れたとはいえ読んで良かったです。楽しい話題ではありませんが、葬式について家族と話す機会をもうけるのが良さそうですね。本書のすぐ後に、反論するかのように 「葬式は必要!」という題名の新書が出ています。そちらも興味がありますので、近いうちに読むつもりです。



[ 2016/11/26 21:06 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2016年10月29日(土)

面白いほどよくわかる! 犯罪心理学 



著者:内山絢子 (監修)
発売日: 2015/1/16

評価〔C+〕 やや硬い文章ですが、分かりやすいです。
キーワード:犯罪、加害者、被害者、心理学、

なぜ「真面目な人」「よい子」は犯罪とは無関係に見えるのでしょうか。それは、社会や私たちが犯罪を行った「真面目な人」や「よい子」に無関心であったためかもしれません。(第7章より抜粋)


犯罪を行う人に注目し、加害者はなぜ犯罪に手を染めてしまったのか?を分析し分かりやすく解説した、犯罪心理学の入門書です。

犯罪を殺人、性犯罪、詐欺と系統立てて説明していて、理解しやすいのが良いです。また、加害者の心理に興味をひかれ読んだのですが、法律ではどのように扱っているのかや、逮捕後から更生までの流れも触れられていて、犯罪全般について知識を得ることができて良かったです。また、犯罪心理学を使った捜査も簡単に説明しています。

入門書としては良いのですが、用語の大まかな説明のみで終わってしまう項目では物足りなく思うこともあり、もう少し専門的な解説があっても良かったと思います。また、読み物としてはやや硬い文章、教科書のようだったのが残念です。

普段考えることはありませんが、社会で生活していく上では知っておくべきことなのかもしれませんね。




[ 2016/10/29 18:51 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2016年10月29日(土)

「なるほど!」とわかる マンガはじめての恋愛心理学  



著者:ゆうきゆう
発売日: 2014/12/4

評価〔C+〕 恋愛相談のお供に。
キーワード:心理学、恋愛、カップル、夫婦、入門書、

付き合い始めの段階でカギとなるのは類似性です。恋愛に限らず、共通点を発見したことで相手との距離がぐっと縮まった経験は、誰にでもあるはずです。(Part 1より抜粋)


恋愛に関する心の動きについて易しく説いた入門書です。

表紙からも分かるように、マンガやイラスト、図解を多く用いて、できるだけ分かりやすいように書かれています。マンガで具体例が示されているので、解説が多少抽象的な場合でもすんなり理解できるのではないでしょうか。一目惚れや年の差カップルから、相手からの束縛や浮気とやっかいな問題点まで、多種多様な項目があり興味深いです。

ただ、心理学の本を初めて読む人向けに書かれているので、既に知っていることも多く、もう少しだけ深い内容も書いて欲しかったです。それと、昨今話題のLGBT、性的少数者の恋愛にも触れてほしかったかな。入門書にそこまで求めるのは贅沢でしょうか。

心理学の本を読んだことのない人に、試しに読んでもらいたいシリーズです。




[ 2016/10/29 18:49 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)