FC2ブログ







2020年05月09日(土)

神様ドォルズ 12 〔完〕 



著者:やまむらはじめ
発売日: 2013/4/19

評価〔B+〕 予想以上にスパッと終わりました。
キーワード:超能力、案山子、隻、村の因習、アクション、恋愛、

「決着は、つけなくちゃならない。」(本文より抜粋)


最終巻らしく案山子が派手に暴れまわります。概ね予想通り戦っていて、初めからこれで決着つければすぐ終わりそうだと思ってしまうくらいの勢いでした。2人の対決を遠くから眺める紫音の感想が、なんか場違いのようだけど合っていて理解できます。

あの人物の「それなりに満足」「ザマミロだ」という台詞が印象に残りました。

村に帰ってきた後、あれだけ人を多く出したのにも関わらずみんな深く掘り下げられることもなく終わってしまったのは残念です。もう2、3巻あったら、他の隻たちの日常や事件も描かれ印象も変わったことでしょう。

最終話(72話)の冒頭に起きた出来事は意外でした。すんなり終わりそうだっただけに。でもまあ、あやふやでなくきちんと幕は下りたので良かったのではないでしょうか。



スポンサーサイト



[ 2020/05/09 11:23 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年04月02日(木)

白熱日本酒教室 3 〔完〕 



著者:アザミユウコ 、 杉村啓
発売日: 2019/10/12

評価〔B+〕 巻末おまけまんがも良かったです。
キーワード:日本酒、特定名称酒、漫画化、

「全体的に温度が高いと甘味や旨味を強く感じるんですね」(本文より抜粋)


前の2冊ではお酒の種類や作り方を見てきました。今回、この最終巻ではお酒の飲み方や買い方、保管の仕方まで説明しています。

日本酒度など知っていると便利な言葉から、どの料理とどのお酒が合うのか実践的なものまで今までどおり丁寧に解説してあります。このシリーズは専門的なことも平易に書かれているのが良いです。13時間目の買う時の味の目安は便利です。ここを読むだけでも日本酒を選ぶ基準ができて選びやすくなりそう。

同じお酒でも温度によって味が変わるのは本当に興味深いです。個人的には冷や(常温)や冷酒が好みなのですが、著者は燗酒を強く勧めています。そこまでお勧めなら今度温めて飲んでみようかな。

新書版を既読なので復習を兼ねて読みました。忘れかけていた知識が多々あり勉強になりました。新書も漫画もどちらも良いのですが、活字を読むのが苦手な方はこちらの漫画版をちょっと読んでみると日本酒にはまるかもしれません。




[ 2020/04/02 20:48 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年03月27日(金)

コンシェルジュ インペリアル 7 〔完〕 



著者:藤栄道彦、いしぜきひでゆき
発売日: 2017/11/20

評価〔A-〕 介護業界に入る人に読んでほしいです。
キーワード:介護、介護士、福祉、ケア・マネージャー、完結

「下手すれば健幸都市どころかインペリアルが消えて無くなるよ」(本文より抜粋)


様々なお年寄りやその家族を通じて優菜の成長とともに介護の現場を描いてきましたが、最後は個人的ではなくもう少し大きな話を扱っています。

劇中で優菜が「なんなんでしょうね。この他人事感・・・・・・」と言っているのですが、これはかなり重要な場面でした。私も老後や介護は考えなければならないけれどまだまだ先のことだから後回し、と思っているところがあります。本書の最後まで読むとこの台詞の重要性が分かるので読んでもらいたいです。

欲を言えば、もっと成長して指導する立場となった優菜を見てみたかったです。まあひとつの節目を迎えたと言えそうなので、終わるにはよい時期だったのかもしれませんね。

何回も書いてる気がしますが最後にもう一度書きます。ボスが格好良かったです。



[ 2020/03/27 20:08 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年12月22日(日)

アイドランク 4 〔完〕 



著者:宮場 弥二郎、 さきしまえのき
発売日: 2019/11/9

評価〔B+〕 ぶれない漫画でした。
キーワード:アイドル、お酒、アルコール、コミカル、

「スラム感が半端ないわね」(本文より抜粋)


呑んでばかりのアイドランクのアイドルたち。今回も相変わらず呑んでいます。完と書かれていませんけど本書が最終巻です。

最終巻にも関わらずアイドランク以外の酒のみアイドルが新登場します。サキたちに負けず劣らず個性的で、個人的にはナンバー3の人が面白いです。もっと活躍するところが見たかったです。

最後までアイドル活動よりお酒ばかりのんでいたのは良かったです。テンポも良く面白かったのでこれで終わってしまうのは残念です。また違う面白い作品を期待しています。



[ 2019/12/22 23:16 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年10月29日(火)

女騎士「姫には死んでいただきます。」 2 〔完〕 



著者:りしん、 あぶぶ
発売日: 2019/5/25

評価〔B+〕 姫の記憶力すごくない?
キーワード:ゲーム、脱出、漫画化

「そんな・・・まさかこんなことになるなんて・・・」(本文より抜粋)


この巻でも姫が嫌と言うほど失敗を重ねます。何度でも挑戦するその根性は目を見張るものがあります。姫、という言葉に似つかわしくはありませんが。

ひたすら同じことを繰り返すのかと思いきや、単なる脱出ものから転進します。結末は1つではなく、途中からゲームブック方式で簡易版マルチエンドとなっています。このあたりも原作がゲームであることを意識した結果でしょうか。変わらないと思われた彼女も最後は少しだけ成長して、ギャグなのですが読後感は良かったです。

だらだら引き伸ばすことなくテンポ良く綺麗に終わり、面白かったです。著者の他の漫画にも興味がわいてきました。



[ 2019/10/29 21:20 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)