FC2ブログ







2019年04月17日(水)

さぐりちゃん探検隊 4 〔完〕 



著者:あきやま 陽光
発売日: 2019/4/4

評価〔B+〕 また探検がみたいものです。
キーワード:探検、写真、

「私だって今までに探検の中でちゃんと成長してるんだから!」(本文より抜粋)


唐突ですが最終巻です。今回も遠出をしてあちこちで色々と体験します。

どの場所も日常とはかけ離れていて魅力的です。前の巻でも書きましたが、国内でも有名でないだけで面白そうなところがたくさんあるのだと思います。行ってみたくなります。しかし、遠出ばかりですと旅行漫画のようで、探検とは少し違うような印象も受けます。昆虫採集のような近場でもできる探検ももっと見てみたかったです。

探検や名所の良さに力を入れたため、それぞれの生徒たちを深く掘り下げることなく終了してしまったのが残念です。特にこの巻では主役の二人以外は目立っていないのが惜しいです。

次の作品は長編が読んでみたいです。


スポンサーサイト
[ 2019/04/17 21:21 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年04月06日(土)

はっぴぃヱンド。 5 〔完〕 



著者:有田イマリ
発売日: 2019/1/22

評価〔B+〕 読後感は悪くなかったかな。
キーワード:田舎、日常系、ホラー、サスペンス、

「さて、答え合わせをしようか」(本文より抜粋)


首謀者との賭け、茜の作戦の結末が描かれます。最終巻です。

村の秘密や首謀者の意図など明かされた真実もありますが、全てがすっきり終結するわけではないのが残念でした。まだまだ物語は続くので半端な印象を受けますが、個人的に知りたかった事柄は分かったので不満よりは満足のほうが大きいです。あまりに半端なところで終わってしまうと物足りなさばかりが目立ってしまうので、切りが良いのが救いです。

あとがきを読む限りでは考えなしの結末とは思えないので、できればこの事件の全貌を見たかったですね。辻褄を合わせるのは容易ではないけれど、著者ならできそうですので。

駆け足で終わった感もあるので、きちんと理解できていない箇所が多そうです。後で1巻から読み直します。


少しだけネタばれ話↓
[ 2019/04/06 21:18 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年03月09日(土)

死人の声をきくがよい 12 〔完〕 



著者:ひよどり祥子
発売日: 2019/2/20

評価〔B-〕 それなりの形にはなったけれど。
キーワード:ホラー、霊感、オカルト、

「自分の身に何か起こる前に、ちゃんと決断しなきゃと思ってる」(本文より抜粋)


まさかの最終巻です。11巻ではまだ終わる雰囲気ではなかったので、唐突で驚きました。

急ではありますが登場人物たちにそれぞれの結末が用意されています。以前から用意されていたようにみえる幕切れもあれば、なんだか雑にみえる決着のつけ方だなあと感じるものあり、著者にとって不本意な完結だったのではと勘ぐってしまいます。せめてもう1冊あればもっと綺麗に、まとまって終わったのではないでしょうか。ただ、一番肝心なあの人物の結末だけはしっかりしていたので、その点は良かったです。

もうこれ以上彼と彼女の物語を読むことができないのは残念ではありますが、今まで楽しませてもらいました。次回作を期待しています。




[ 2019/03/09 21:37 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年01月27日(日)

幽麗塔 9 〔完〕 



著者:乃木坂 太郎
発売日: 2014/12/26

評価〔B+〕 Qの個性が強過ぎ。
キーワード:サスペンス、戦後、完結、

「そうじゃない・・・。もっと短いたった一つの言葉だよ。」(本文より抜粋)


財宝探しに終止符が打たれましたけど、もう一つの大きな問題には決着がついていません。この巻では、テツオの決断とその行方について描かれています。

最終巻にふさわしく、どの登場人物もそれぞれの思惑で動き、それぞれの結末をむかえます。印象に残ったのは丸部の本心です。あの格好で口から出た「野望でも欲望とかじゃない」という言葉は、どこか説得力のあるものでした。ミステリーの部分も含めて、裏の主人公は彼だったと思います。

このシリーズの主題は時代によって評価が変わりそうです。戦後直後でしたらセンセーショナルですし、おそらく理解の進んだ近未来なら理解されないなんてなんて野蛮な、となるかもしれません。

結末については賛否両論ありそうですが、すっきり終わり読後感は悪くありません。



[ 2019/01/27 21:30 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年08月19日(日)

うわばみ彼女 5 〔完〕 



著者:後藤羽矢子
発売日: 2018/1/29

評価〔B+〕 題名どおり呑んでばかりで良かった。
キーワード:アルコール、恋愛、同棲、

「それ、お前の基本だよな」(本文より抜粋)


最終巻も彼女がアルコールを呑み、好奇心からつまみを試作する日々です。彼氏がお酒に強くないのは可愛そうですが、彼女の呑み方は酔っぱらって迷惑をかけることもなく、楽しい呑み方で良いですね。

仲が良い時にアルコールの話になるのはもちろん、ちょっとした口喧嘩でもアルコールの話なのがこの2人らしくて笑ってしまいます。そんな二人の結末ですが、概ね予想していたとおりといったところでした。奇をてらわず最後までお酒だったので良かったです。

本書でこの漫画は完結しましたが、続編が連載中とのことでそちらも後で読んでみようかなと思っております。



[ 2018/08/19 10:40 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)