FC2ブログ







2019年05月22日(水)

ナナマルサンバツ 15 



著者:杉基 イクラ
発売日: 2018/3/2

評価〔B+〕 ようやく役者が揃いました。
キーワード:クイズ研究会、学園、部活、早押し

「ああ・・・まさかここでこんな煽られ方をするとは思わなかった。」(本文より抜粋)


予選の敗者復活戦と全国大会招集とSQはどんどん進みます。今まで盛り上がり続けていたためかどうかは分かりませんが、この巻では一時休憩のような展開です。

予選を勝ち抜いたチームは招集直後からクイズを警戒しているのが面白いです。現実の高校生クイズでも、いつどのような形でクイズが行われるのか分からないので当然と言えば当然なのですが、あの立場になったら凄く気疲れしそうです。全国大会の本選は次の巻になりますが、また熱い戦いが見られそうです。

また、本書ではこの漫画の題名に関するエピソードが出てきます。あのシーンが一番の見どころかもしれません。クイズに関しては本当に笹島は格好良いなあ。

恒例の巻末クイズは50問。私の苦手な分野でした。正解は11問、意外にも14巻の時よりは当たってました。




スポンサーサイト
[ 2019/05/22 20:43 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年04月17日(水)

さぐりちゃん探検隊 4 〔完〕 



著者:あきやま 陽光
発売日: 2019/4/4

評価〔B+〕 また探検がみたいものです。
キーワード:探検、写真、

「私だって今までに探検の中でちゃんと成長してるんだから!」(本文より抜粋)


唐突ですが最終巻です。今回も遠出をしてあちこちで色々と体験します。

どの場所も日常とはかけ離れていて魅力的です。前の巻でも書きましたが、国内でも有名でないだけで面白そうなところがたくさんあるのだと思います。行ってみたくなります。しかし、遠出ばかりですと旅行漫画のようで、探検とは少し違うような印象も受けます。昆虫採集のような近場でもできる探検ももっと見てみたかったです。

探検や名所の良さに力を入れたため、それぞれの生徒たちを深く掘り下げることなく終了してしまったのが残念です。特にこの巻では主役の二人以外は目立っていないのが惜しいです。

次の作品は長編が読んでみたいです。


[ 2019/04/17 21:21 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年04月06日(土)

はっぴぃヱンド。 5 〔完〕 



著者:有田イマリ
発売日: 2019/1/22

評価〔B+〕 読後感は悪くなかったかな。
キーワード:田舎、日常系、ホラー、サスペンス、

「さて、答え合わせをしようか」(本文より抜粋)


首謀者との賭け、茜の作戦の結末が描かれます。最終巻です。

村の秘密や首謀者の意図など明かされた真実もありますが、全てがすっきり終結するわけではないのが残念でした。まだまだ物語は続くので半端な印象を受けますが、個人的に知りたかった事柄は分かったので不満よりは満足のほうが大きいです。あまりに半端なところで終わってしまうと物足りなさばかりが目立ってしまうので、切りが良いのが救いです。

あとがきを読む限りでは考えなしの結末とは思えないので、できればこの事件の全貌を見たかったですね。辻褄を合わせるのは容易ではないけれど、著者ならできそうですので。

駆け足で終わった感もあるので、きちんと理解できていない箇所が多そうです。後で1巻から読み直します。


少しだけネタばれ話↓
[ 2019/04/06 21:18 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年03月30日(土)

生贄のジレンマ〈下〉 



著者:土橋 真二郎
発売日: 2010/12/25

評価〔C-〕 唐突な展開がどうも・・・・・・。
キーワード:ホラー、囚人のジレンマ、学園、

――これはコミュニケーションなのだ。自分だけの行動では意味がないのだ。(本文より抜粋)


中巻の終盤の出来事によってゲームは大きく動き出しましたが、それでも予想よりは静かな展開でした。個人ではなく集団の思惑が鍵を握ると思っていただけに意外です。

気になったのはそこではなく、北校舎での出来事です。理不尽なゲームに巻き込まれるのはそういうものだと分かります。その中でしっかりと物語が繋がっていけばよいのですが、どうも唐突な展開に感じられ違和感が残りました。重要な共通項があるのは理解できますが、著者が書きたい場面だけ書いたような印象がありました。5階でのあの勝負も。

一つの場面でのやり取りや心理描写は興味深いし、考えさせられるところもあったのは良かったです。読者をハラハラさせる点は秀でていると思います。しかし、生徒の数を活かしきれていないところや、結末がはっきりせずぼんやりしているのは残念でした。



[ 2019/03/30 20:44 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2019年03月30日(土)

風ヶ丘五十円玉祭りの謎 



著者:青崎 有吾
発売日: 2017/7/20

評価〔B+〕 登場人物たちの個性が出ています。
キーワード:推理、学園、連作短編集、文庫化

「・・・それが他のよくわからないとは別の意味でよくわからん話でさ。向坂と裏染に相談したんだよ」(天使たちの残暑見舞いより抜粋)


裏染天馬シリーズ初の連作短編集です。学食や部活と日常に現れた謎を解き明かしていきます。全五編。

オタク趣味の探偵なので少々ライトノベルのような雰囲気がありましたが、本書では各章に扉絵がありますのでよりラノベ感が出ています。しかし、肝心の推理のほうは長編と同じように切れの良い推理が楽しめますのでご安心を。気に入ったのは「天使たちの残暑見舞い」です。謎あり笑いありで意外性ありで面白いです。

5つの短編は3つの長編と並行した物語なので、できれば長編を先に読んだほうがいいのかも。読まなくても楽しめるとは思いますけど、知っている人物が多いほうが読みやすいかな。

また、長編ではなかなか焦点が当たらない登場人物たちの詳細も描かれていて、このシリーズをさらに楽しめるようになっています。長編より気軽に楽しめるので、このシリーズを読み続けている人には特におすすめです。


[ 2019/03/30 20:43 ] 小説 | TB(0) | CM(0)