FC2ブログ







2019年02月11日(月)

はっぴぃヱンド。 2 



著者:有田イマリ
発売日: 2018/1/22

評価〔B+〕 物理的ではなく精神的な恐怖。
キーワード:田舎、日常系、ホラー、サスペンス、

「それは私達の知っている・・・誰か・・・?」(本文より抜粋)


状況は解決へと少しずつ進んでいるかに見えましたが、思わぬ事件が発生し謎は深まるばかり。彼女にしてみればまさに絶望とも思える事態なのですが、諦めずにもがき続ける姿が印象に残ります。

1巻同様テンポは良いし、怖いところはきちんと怖いので面白いです。平常時の絵柄や雰囲気と非常時のそれの落差があるので、分かっていても少し驚いてしまいます。

黒幕の存在を臭わせてきたので、単なる自然現象ではないことは確かなのですが・・・・・・これって真相を推理できるたぐいのものなのでしょうか。最後の茜の台詞をヒントにちょっと考えてみようかな。



スポンサーサイト
[ 2019/02/11 17:10 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年02月05日(火)

はっぴぃヱンド。 1 



著者:有田イマリ
発売日: 2017/8/22

評価〔B+〕 1話だけは読んだことありました。
評価〔A-〕 1話だけは読んだことありました。
キーワード:田舎、日常系、SF、サスペンス、ホラー、

「・・・何コレ?」「日誌だ」(本文より抜粋)


絵柄も冒頭も田舎の少女たちの日常系なのですが、主人公のある行動をきっかけに世界が一変する物語です。いや驚きました。なかなかのものです。人には進めづらい。裏表紙に書いてあるので書きますが、タイムリープが重要なキーワードとなります。しかし、今のところSFと評するよりはサスペンス、またはホラーと評したほうが良いような気がします。

ある人物が豹変する場面では怖さよりも驚きが勝ったのですが、1話の最後の見開きは臨場感がありかなり怖くて良かったです。怖くて良かったというのも変ですが、雰囲気が出ていて引き込まれました。

Amazonの書評に「Re:ゼロから始めるのんのんびよりの鳴く頃に」と書いた方がいますが、すごい要約力だと感心しました。

この手の話は話の進みが遅くなりがちですがそのようなこともなく、新たな展開をむかえて2巻へとなります。分かりやすい引き。読者の読みをどんどん外して突き進んでほしいです。



[ 2019/02/05 21:21 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年10月27日(土)

無能なナナ 4 


著者:るーすぼーい、古屋庵
発売日: 2018/10/22

評価〔B〕 髪をおろしたナナが多く見られます。

キーワード:能力者、学園、サスペンス、アクション

なにが起こった? まさか・・・(本文より抜粋)


人類の敵とひたすら戦ってきたナナに、心境の変化の兆しがあらわれます。今までほとんど触れることのなかった彼女の内面が少し明かされますので、彼女の見方も変わってくるかもしれません。

前回までとは違った展開で印象が変わりました。終盤の結末も含めて、こうしたことはもっと後の巻で起きるのかとぼんやり予想していただけに、進展の速さに驚きました。個人的には、もう少し今までの調子で人類の敵と戦う姿を見たかったかな。

3巻は厚いと驚きましたが、本書はさらに厚いです。途中で切っても良かったのになぜ。電子書籍で読んでいる方には、是非現物を見て驚いてほしいです。




[ 2018/10/27 10:22 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年10月12日(金)

ナナマルサンバツ 14 



著者:杉基 イクラ
発売日: 2017/7/4

評価〔B+〕 笹島が格好良い。
キーワード:クイズ研究会、学園、部活、早押し

越山くんにとってクイズは・・・単なる文章でも情報でもない「作品」なんだ(本文より抜粋)


SQ関東予選の決勝。一対一ではなく全チーム参加の早押しなので、今まで登場した強豪たちが同時に競い合うオールスターのような一戦です。

ここまでくると、問題も全文読んでも分からないことがほとんどです。問題の意図を読み解く高校生たちの能力は秀逸で、解説を読むたびに感心してしまいました。同じことの繰り返しのようですが盛り上がります。

この巻ではあまり触れられなかったある問題に進展がみられ、関係者たちに影響を与えています。このあたりの葛藤や会話もなかなか良かったです。

巻末クイズは33問で、私の成績は9問正解でした。あまり当てる気がなくなってきました。




[ 2018/10/12 22:40 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年10月04日(木)

さぐりちゃん探検隊 3 



著者:あきやま 陽光
発売日: 2018/9/4

評価〔B〕 真面目に探検してます。
キーワード:探検、写真、

「こんな探検!って感じのことするの初めてじゃない?」(本文より抜粋)


この巻の行先や遊びは、1巻や2巻よりも非日常の探検が多かったです。中でも岐阜県でのあの遊びは、まさに探検と言った感じで面白そうです。後でネットで調べてみたらここが唯一無二の場所ではなく、他の場所でも行われているみたいです。試してみたいような躊躇われるような。

前の2冊同様、見せ場であるカラーの見開きページが凄く綺麗で目を引きます。遊びは実際に体験してみないと分かりづらいですが、景色はその場の雰囲気がよく伝わってきます。でも、実際に行ってみるとまた違った感想を抱くことになるのでしょう、おそらく。

日本国内でもまだまだ色々な場所や遊びができるのだと教えてくれる漫画です。次も意外な探検をして楽しませてほしいです。



[ 2018/10/04 22:24 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)