FC2ブログ







2020年01月21日(火)

広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由―フェルミのパラドックス 



著者:スティーヴン ウェッブ, Stephen Webb, 松浦 俊輔 (翻訳)
発売日: 2004/6/1

評価〔B+〕 こういうのこそテレビ番組で見たい。
キーワード:天文学、ETC(地球外文明)、宇宙人、

あちらが見つかりたくないと思っていて、こちらからは向こうが見えないようにする技術的能力もあるだろうというわけだ。(解5 動物園シナリオより抜粋)


もし地球外文明(本書ではETCと呼ぶ)が存在するなら、なぜその兆しや証拠が見つからないかというパラドックスについて、50もの答えを紹介し考察しています。

解1の『ハンガリー人だと名乗っている』という冗談から、解34の『われわれが一番乗り』が示すように人類が宇宙で最初の知的生命体であると論じるものまで実にさまざまです。映画や小説でよく登場しそうな何らかの理由があって地球を隠れて監視している説も、解5として挙げられています。宇宙の専門家以外の一般の人が考えつきそうな答えはおそらく挙げられているでしょうから、探してその可能性と弱点を読むのも面白いと思います。

終盤の解は、知的生命体まで進化しないという意味ではすべて一緒だと思います。その原因がどの時点で起きるかで解が分かれているだけで。専門家にはその部分が重要なのでしょう。

可能性は低そうですがETCの環境のせいで天文学が発明・開発されない解29の『いつも曇り空』は、考え方として非常に盲点をついた興味深い説でした。なにかと地球や人類を基準に考えがちなのを教えてくれます。それと、解27のすでにETCが破滅している可能性を説明する際に使われているデルタ t論法も、新鮮で面白い考え方だなと感じました。

理系の、特に物理と生物を使って説明するので、高校の理系科目が大まかにわかるくらいの知識があると、より深く理解できます。まったくないと退屈かもしれません。私は生物の知識がないので、進化を論じている部分は難しかったです。分厚い本なので時間があるときにじっくり読んでもらいたい1冊です。



スポンサーサイト



[ 2020/01/21 21:28 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)