2015年07月13日(月)

イスラムの人はなぜ日本を尊敬するのか 



著者:宮田 律
発売日: 2013/9/14

評価〔B〕 日本とアラブ、イスラムの関係を考える。
キーワード:イスラム、アラブ、イスラム教、外交、対日感情、

イスラムの人々が日本人を評価するのは、彼らが理想とするような心意気や感情を日本人が備えていると見ているからである。(第1章より抜粋)


ネットで中東のテレビ番組が日本のことを褒めている知り、視聴したことがあります。確か公園でゴミを落とした人が、自分のゴミを拾って持ち帰る場面を見て、素晴らしいと賞賛していましたと記憶しています。本書の題名を見て、ちょうどそのことを思い出しました。ちなみに、この番組のことは第1章に書かれていました。最近外国を紹介する番組が多いですが、日本人にとってイスラム、アラブ世界はまだまだ未知の部分が多いと思います。彼らの対日感情はどのようなものか、過去の日本との関係はどのようなものだったのか、を分かりやすく論じています。

序盤は日本を褒めてばかりでよくある日本礼賛の書かと思ったのですが、対日感情を歴史から考察し、具体的な宗教観や文化を紹介し、逆に日本の外交を論じたりと、予想より幅広く書かれていました。興味深かったのは、後半のイスラム教の細かい概念の説明です。イスラムの寛容性や「イスラムの家」「戦争の家」という価値観、ジハードの起源と意味などは具体的でかなり分かりやすいと感じました。

また、ページ数は少ないですが、中東各国の日本への要望・注文が書かれた章があったのが良かったと思います。経済的援助を望んでいるなど抽象的な単語ではなく、なるべく生の声を伝えようとしている姿勢が好感が持てます。そういえば、日本でも観光の分野では対応しはじめていて、イスラム教の戒律を守って作られるハラール料理を用意している場所が増えてきているそうです。ゆっくりでもいいから相互理解が進むと良いですね。



スポンサーサイト
[ 2015/07/13 21:51 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2015年05月29日(金)

韓国人による恥韓論 



著者:シンシアリー
発売日: 2014/5/1

評価〔A-〕 内側から見た韓国国内の事情
キーワード:韓国、外国、対日観、日本観、

これから、私は、そんなあなたに、この国を支配している絶対的な力を紹介したいと思います。(序章より抜粋)


日本から見た韓国分析の本は数多くでていますが、これらの本では実際に韓国の人が日本をどう見ているかは分かりません。しかし、本書は生まれも育ちも韓国の著者が、韓国人の対日観の実態を教えてくれる珍しい本です。ネットで匿名で書いたブログがもととなっています。ハンドル(ネーム)なので、本当に韓国人なのかは信じるしかありませんが、見解は日本人っぽいです。でも、相当韓国に通じた人でないと書けないことがたくさんあって、韓国の内情を知るうえで大変興味深いです。

主に反日の実態が冷静に解説されています。儒教思想と法律システムの揺らぎを起源とした反日は、なかなか説得力があると感じました。社会への不満が土壌となっているようです。逆に言えば、もしその二つが強固だったなら、韓国の日本観は違ったものになっていたのでしょうか。それとも、やはり同じ日本観になったのでしょうか。それと、韓国の過去との関連も書かれています。昔、朝鮮では王に対してマンセー(万歳)と叫べなかった、は初めて知りました。上下関係には敏感だった。勉強になります。

また、4章では競争の激化や世代間の対立と反日の悪化について書かれています。自国民を酔っていると表現する気持ちも、分かるような気がします。併合の歴史もあってか、日本に対しては感情が先にきてしまうのでしょうね。こういう関係の国々は他にもありそう・・・・・・。それにしても、韓国では身内の中で身内の批判は構わないが、外国で身内の批判は売国、みたいな言葉があったような気がしますが、よくここまで書いたと思います。いや、日本のブログだから書けたのでしょう。

著者は読者に自国の反日をよく知ってもらいたい、知らなければ始まらないと説いています。きちんと相手のことを知り、話しにくいことを避けずに対処、または話し合うことが重要だと再確認しました。続編があるみたいなので、機会があれば読んでみたいですね。




[ 2015/05/29 20:46 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2015年05月10日(日)

爆笑!エリート中国人 




評価〔B〕 彼らの行動が見えてきます。
キーワード:中国、体験談、ビジネス、

中国人のモチベーションを上げるもの、それは目の前にニンジンをぶらさげ、ヨイショして持ち上げること。ニンジンとアメをうまく使えば、気持ちよく働いてくれるに違いありません。(本文より抜粋)


自国と距離の近い国の人々は容貌が似ているせいか、習慣や文化も近いであろうと思いこみがちです。しかし、そこはやはり外国で様々な面で常識が異なります。著者は、中国と日本の橋渡しをするような仕事をし中国人の部下とともに働く、中国に精通した人物です。彼女が肌で学んだ中国人の実態を紹介しています。

公私ともに中国人と接しているだけあり、ニュースで知るような中国人の姿よりもずっと身近な例が挙げられていてためになります。飛行機は着陸前から出口に並んだり、仕事の商談中であっても私用の電話に出たりと、自己主張の強さや欲に忠実なところが日本と違っていて興味深いです。日本の感覚からすると子供っぽく感じられる面があるのが、中国人の特徴でしょうか。一方で、女性にも男性と同じくらい出世して仕事を任されている人が多いことや、現場に責任者が来て即決できるのは良いところだと思います。

仕事での体験談が多いため、これから中国と取引したり中国で店を出す予定の人には、かなり役に立つ情報がのっています。中国の社会人はご褒美に弱く、国有企業は提携先としておすすめできず、できないこともできると主張する人がいるので注意するなどなど。大企業ならば色々安心といかないのが中国だそうですよ。

風習や文化の違う人々と接してこちらの常識が通じなかったときは、酷いとむやみに怒らずに、著者のように面白がる広い心が大切なのだと感じました。



[ 2015/05/10 11:02 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2013年09月14日(土)

イラン人は面白すぎる! 

イラン人は面白すぎる! (光文社新書)イラン人は面白すぎる! (光文社新書)
著者:エマミ・シュン・サラミ
出版:光文社
発行:2012/04/17

評価〔A〕 これぞ生のイラン。
キーワード:イラン、イスラム教、アラブ、ペルシャ

バスや電車などの交通機関が時間通りに到着することはあまりない。平気で一時間以上遅れるのだが、そんなとき運転手はそろって「アラーの導きによって遅れてしまったのだ」と、遅刻の言い訳にしてしまう。(本文より抜粋)


中東やイスラム教に関する報道は、戦争や内戦など良くないイメージのものが多いです。本書の題材であるイランも核兵器問題で取り上げられますが、そこに住む人々がどのような生活をしているのかはほとんど伝わってきません。イラン生まれ日本在住のお笑い芸人である著者が、日本人に定着してしまった誤解や偏見を少しでもなくしたいと思い書いたイラン及びイスラム文化の紹介本です。

文化や宗教の紹介と書くとお堅い文章を想像してしまいますが、本書はユーモアと笑いがあります。イスラム教徒は教義に厳格そうですがさぼってお祈りしない人がいたり、遅刻をアラーのせいにする人などがいて面白いです。また、身なりに気をつかう乞食たちや、外では顔をチャドルで隠すにも関わらずオシャレする女性たちも興味深いです。

かたい肩書の人では書くのを躊躇ってしまうことも平気で書いてあるのが、面白いし強みでもあると思います。数字や理念でなく、口語で体験談を交えている点が良いです。現実味があります。

もちろん近所のおじさんが、みたいな軽い話ばかりではなく、貧富の差、男尊女卑の文化、恋愛、そしてアラブ諸国との関係と、真面目で避けることのできない話題もきちんと語られています。恋愛や刑罰の違いは日本とだいぶ異なり、そこは大きな隔たりを感じました。しかし、こうして分かりやすく難しくせず、読者の興味をひきつつ異文化を紹介できるのは素晴らしいと思います。イランやイスラム文化に怖いイメージしかない人ほど読んでほしい本です。




[ 2013/09/14 22:28 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)