FC2ブログ







2019年09月02日(月)

敗者復活戦! 2 



著者:辻灯子
発売日:

評価〔C〕 穏やか過ぎるのも・・・・・・。
キーワード:古本屋、古書店、4コマ

「この辺りに疎遠にしている祖父母の店があるはずなんです」(本文より抜粋)


元キャリアウーマンを月穂と高校生アルバイトのニーナたちが描く、古書店での日常4コマ。

1巻は人物紹介でこの2巻から何か大きく進展するかなと期待していたのですが、予想よりも何も起きません。月穂をはじめ段々と人物が掘り下げられていくのは良いのですが、生活の中で起きる出来事が現実のそれとあまり変わりなく、よく言えば共感できる、悪く言えば退屈に感じました。もう少し漫画っぽくおもしろ可笑しいやり取りが欲しかったです。

次で最終巻ですが大きな事件は起きるのでしょうか。


スポンサーサイト



[ 2019/09/02 21:57 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年07月16日(火)

敗者復活戦! 1 



著者:辻灯子
発売日: 2016/2/5

評価〔B〕 何か起きそうで起きない。
キーワード:古本屋、古書店、4コマ

「古書店には「買い一番、売り二番」って言葉があってね。仕入れは大事なの。」(本文より抜粋)


チェーン展開している古本屋ではなく、昔ながらの古書店が舞台の4コマです。祖父の店で働く田邑月穂が元気な女子高生・新名と出会い何か変化が起きそうですが起きない、そんな日常を描いています。全体的にのんびりしていて、激しさや緊迫感はありません。

知られざる古書店の仕事を垣間見ることができます。買取り不可の分野の本や古書市のことなどなかなか興味深いです。こういう職業の一面が見られるのは面白いです。

1巻なので登場人物たちの紹介で終わってしまった感じがするのが残念です。月穂の過去は仄めかしていましたが、結局明かされませんでしたし。次あたりで明らかになりそう。


[ 2019/07/16 21:07 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)