FC2ブログ







2018年07月23日(月)

ヒトの本性 なぜ殺し、なぜ助け合うのか 



著者:川合 伸幸
発売日: 2015/11/19

評価〔A-〕 攻撃的かつ協力的
キーワード:人間、本性、心理学、比較認知科学、攻撃性、援助行動、

ヒトが攻撃的な傾向を持っているとしても、進化の過程で、自分の攻撃性を抑えるように「進化」してきた、との仮説があります。(第四章より抜粋)


人間は同種の仲間のみならず、時には自分の子どもさえも殺してしまう攻撃性を持つ反面、自分を犠牲にしてまで他者を助けることもあります。果たしてどちらがヒトの本性なのでしょうか? 本書はこの疑問に対し、心や行動を動物と比較する比較認知科学の面から考察しています。暴力・攻撃性と援助行動・協調性が本書の二つの柱です。脳内物質は専門的なので難しいですが、それぞれについて心理実験が紹介されてこちらは分かりやすく説得力があります。

目を引いたのは上にも引用した自己家畜化仮説です。人類には極端に暴力的な人もいたが、そのような社会を破壊しそうな人は排除されていき、自ら攻撃性は低くなっていったという説なのですが、これはなかなか興味深いです。人間は他の動物を品種改良してきましたけど、まさか自らも知らず知らずのうちに変えていったとすると、まるで寓話のようです。

協調性のほうでは、言葉も理解できない赤ちゃんが他人を助けるという実験結果が印象に残りました。強制でも見栄でもなく、何の予備知識もなく援助行動を起こすのは、確かにヒトが持つ本性の一面なのでしょう。ある研究では他人にお金を与えても幸福感が得られるとしていて、協調的な面を補強しています。

実験・研究は多岐に渡り、内容はやや散漫的な感じもしますが、どの章も興味深く読めました。今後も暴力や協調性のどちらか片方だけでなく、同時に研究して新たな発見があることを望んでいます。




スポンサーサイト
[ 2018/07/23 22:39 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2015年07月22日(水)

迷いアルパカ拾いました 



著者:似鳥 鶏
発売日: 2014/7/10

評価〔C+〕 派手すぎず、どこかのんびりした雰囲気。
キーワード:動物園、飼育員、

自分のロッカーからコートを引っぱりだしポケットに携帯電話を入れ飛び出す。迷子のアルパカ。迷いアルパカ。何だそれは。(本文より抜粋)


動物園は普段お目にかかれない生き物を見物できる、非日常の楽しい場所です。しかし、働いている人にとってはあれだけの種類と数の生き物を世話をしなければならない、かなり大変な職場だと思います。よく分かりませんが、酪農家よりも大変なのでしょうか。そんな人たちが1匹のアルパカに出会ったことから、ある出来事に巻き込まれます。似鳥鶏の動物園ミステリーシリーズ、第3弾です。

「え、第3弾?」と思ったのは、家で手に取ってからでした。この著者の作品を読んでみたいなと思い、ネットで本書の書評をちょっと見てからすぐ注文したので、シリーズものとは知りませんでした。知っていれば1冊目から読んだのに。でも、この本から読んでも違和感なく読むことができます。

重厚なというよりは読みやすく親しみやすい雰囲気の文章です。主人公が周囲の人より特徴がないので、周囲の人たちが目立ちます。動物園が舞台なので動物に関する記述が多く、内情も垣間見えるのが興味深いです。結構重い事件のはずなのに、軽く感じるのは文章のおかげでしょうか。読後感も良いです。

しかし、どうもインパクトに欠ける感じがします。事件の進展が遅いせいなのか、文章がのんびりしているせいかのか、あまり強く印象に残りませんでした。自分でもうまく表現できませんが、少し物足りない気がしました。もしかしたら、動物に強い興味を持っていないのが原因かも。やはり、1冊目の『午後からはワニ日和』から読まなかったのが良くなかったのでしょうか。1冊目を読むかは、保留ということで。



[ 2015/07/22 22:14 ] 小説 | TB(0) | CM(0)