2016年01月27日(水)

図解 ギリシア神話 歴史がおもしろいシリーズ 



著者:松村 一男
発売日: 2011/1/10

評価〔B-〕 聞いたことのある神々が多く登場します。
キーワード:神話、ギリシア、伝承、宗教、

神々は、自らの掟と階級を持つ社会を作り上げ、最高位には偉大な12の男女の神々がいました。(第3章より抜粋)


外国の神話を聞いて連想するのは、おそらくギリシア神話をあげる人が多いのではないでしょうか。ゼウスやアテナなど名前くらいは知っていましたが、どのような逸話があるのかまでは詳しく知らなかったので、ちょっと興味を持ち読んでみました。

アポロン、ヘルメスと多少は知っている神々はもちろんですが、パンドラ、ヘラクレス、ピュグマリオン、エコーなどもギリシア神話の登場人物とは知りませんでした。トロイアの木馬まで含まれているとは驚きです。それと、ゼウスはずっと創造主だと思っていたのですが、読み始めてすぐに勘違いしていたことに気がつきました。全知全能とかどこかで聞いたことがあったので、てっきりそうだとばかり・・・・・・。世界はカオスと呼ばれる混沌から始まったとされています。有名なオリュンポス12神が出てくるのは、少し後です。

神々は色恋沙汰が多いですね。一目惚れしたり、嫉妬に狂ったりと人間味にあふれています。特にゼウスは女性が好きで、次から次へと表現して良いほど遊んでいます。もっと堅苦しい神だと思っていただけに意外でした。

全体的に大まかな流れが分かるように、説明は簡略化されています。興味を持ったら詳細は他の本で、というスタイルなのでしょう。概要をざっくりつかむには分かりやすくて良いと感じました。



スポンサーサイト
[ 2016/01/27 21:15 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2015年10月03日(土)

知っておきたい伝説の秘境・魔境・古代文明 



著者:秦野 啓 (監修)
発売日: 2009/02

評価〔B〕 空想と実在が入り混じっています。
キーワード:遺跡、伝説、伝承、オカルト、歴史、

「これのどこが理想郷だ」と思う人もいるかもしれないし、「なるほどこれは理想郷だ」と思う人もいるかもしれない。(ユートピアより抜粋)


桃源郷や不夜城、黄泉の国・・・・・・聞いたことがあるし、まったく知らなくはないけれど、詳しくは知らない場所や建物は多々あります。架空のものだけでなく、実在するエルサレム神殿やオリュンポス山も同じです。そうした世界各地の伝承の地や、古代文明が短かめに分かりやすく書かれた解説書です。

ムー大陸、エデンの園、ネバーランドと誰もが聞いたことがありそうなものから、バビロンの空中庭園、鬼が島など変わったところもあります。95項目ありますので、聞いたことのあるものや興味のあるものだけ読むのもありだと思います。実在するものの中には世界遺産もあります。クレタ島、チチェン・イツァ、グレート・ジンバブエ。世界史は取っていなかったので勉強になります。

「もっと知りたい」というコーナーで、余談が書かれているのですが、ゲームや漫画に関することが多いです。RPGと相性がいいせいか、ドラゴンクエストとファイナルファンタジーの登場回数が多め。特に前者は、古い作品の核心部分があっさりと明かされているのですが、良いのでしょうか・・・・・・少々心配です。

じっくり読んでも良いですし、暇つぶしにも良いと思います。クイズに強くなれそうな一冊です。




[ 2015/10/03 21:24 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2011年05月29日(日)

ペンギン・サマー 

ペンギン・サマー (一迅社文庫)ペンギン・サマー (一迅社文庫)
著者:六塚 光
出版:一迅社
発行:2009/04/20

評価〔B〕 地方の伝承とSFの融合
キーワード:伝承、伝説、SF

「隆司ー! クビナシ様捜索ツアーに行こうぜー!」(本文より抜粋)


高校生の東田隆司は幼馴染の相馬あかりから、伝説のクビナシ様探しにつきあって欲しいと頼まれます。クビナシ様とは街に古くからある伝承で、白首山の悪者を懲らしめた存在です。街で話題の秘密結社や埋蔵金伝説、はては喋るペンギンまで巻き込み、事態は大きく動き出します。

ジャンルとしては民俗学・伝承+SFでしょうか。ライトノベルで地方で語り継がれた伝承を主題にしたものは、珍しいですね。しかし、民俗学のような重々しさはなく、ラノベらしいコミカルな軽い感じで書かれています。文体も日記、音声メモ、書籍、演劇の台本調と様々です。これらが終盤で収束し、すべてが繋がります。数多くの伏線がありますが、はっきりとこうだと説明していないものもあり、読者として試されているような気もしてニクイですね。すぐ再読してしまいました。

構成や伏線は上手なのですが、登場人物やクライマックスの描写はあまり……といった感じです。ラノベ特有のキャラの濃さがなく、印象が薄いといいますか何といいますか。もう少し話を長くしても良いから、人物を個性豊かに書いて欲しかったです。

このタイトルはエンジンサマーなるSF小説が元ネタのようですね。そちらも気になってきたので、後で探してみようと思います。





自分メモ用、ネタばれ伏線回収は続き↓にて。

[ 2011/05/29 10:27 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)