FC2ブログ







2019年09月02日(月)

敗者復活戦! 2 



著者:辻灯子
発売日:

評価〔C〕 穏やか過ぎるのも・・・・・・。
キーワード:古本屋、古書店、4コマ

「この辺りに疎遠にしている祖父母の店があるはずなんです」(本文より抜粋)


元キャリアウーマンを月穂と高校生アルバイトのニーナたちが描く、古書店での日常4コマ。

1巻は人物紹介でこの2巻から何か大きく進展するかなと期待していたのですが、予想よりも何も起きません。月穂をはじめ段々と人物が掘り下げられていくのは良いのですが、生活の中で起きる出来事が現実のそれとあまり変わりなく、よく言えば共感できる、悪く言えば退屈に感じました。もう少し漫画っぽくおもしろ可笑しいやり取りが欲しかったです。

次で最終巻ですが大きな事件は起きるのでしょうか。


スポンサーサイト



[ 2019/09/02 21:57 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年07月29日(月)

格差と階級の未来 超富裕層と新下流層しかいなくなる世界の生き抜き方 



著者:鈴木 貴博
発売日: 2019/1/19

評価〔A〕 お金を上から見た話。
キーワード:資本主義、富裕層、貧困層、搾取、労働、

なぜこれまでの歴史の中で、資本家は労働者から搾取をしてきたのでしょうか。その理由は「富は労働が生むもの」だったからです。(第五章より抜粋)


庶民目線ではなく富裕層・資本家から見た富の流れと世の中の仕組み解説しています。

どうして富を持つものが現れたのか、どうして今のような資本主義社会になったのかが、お金の流れのみで考察し説明されているのですっきりしていて分かりやすかったです。基本的に誰が誰から搾取するのかに注目しているので内容は殺伐としています。しかし、文化や個人の心理を排して考察しているので、より簡潔でより本質的な説明になっているのではないでしょうか。

単なる現状説明で終わらず、労働者がどうすれば富を持てる可能性があるのかについても言及しているのが本書の良いところです。解決策は誰もが富裕層になれる訳ではありませんが、現実的な案だと感じました。調べてみたら似たようなことを主張している本も見つけましたので説得力があります。

富の偏重は加速するのか、新しい価値観が覆すのか。次に世の中の仕組みが大きく変わった後で、また読み返してみたいです。


[ 2019/07/29 23:21 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2019年07月16日(火)

敗者復活戦! 1 



著者:辻灯子
発売日: 2016/2/5

評価〔B〕 何か起きそうで起きない。
キーワード:古本屋、古書店、4コマ

「古書店には「買い一番、売り二番」って言葉があってね。仕入れは大事なの。」(本文より抜粋)


チェーン展開している古本屋ではなく、昔ながらの古書店が舞台の4コマです。祖父の店で働く田邑月穂が元気な女子高生・新名と出会い何か変化が起きそうですが起きない、そんな日常を描いています。全体的にのんびりしていて、激しさや緊迫感はありません。

知られざる古書店の仕事を垣間見ることができます。買取り不可の分野の本や古書市のことなどなかなか興味深いです。こういう職業の一面が見られるのは面白いです。

1巻なので登場人物たちの紹介で終わってしまった感じがするのが残念です。月穂の過去は仄めかしていましたが、結局明かされませんでしたし。次あたりで明らかになりそう。


[ 2019/07/16 21:07 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年06月02日(土)

性格スキル 人生を決める5つの能力 



著者:鶴 光太郎
発売日: 2018/2/2

評価〔B-〕 大人になってもまだ成長できます。
キーワード:性格スキル、仕事、学業成績、自己啓発、ビッグ・ファイブ、

この研究は、「真面目さ」の重要性は仕事の種類や特徴にはあまり依存せず、広範な職業に影響を与えることも明らかにしている。(第2章より抜粋)


性格スキルとは心理学の非認知能力のことで、平たく言えば性格の個性やある要素のことだそうです。なぜスキルと呼ぶのかというと、固定的なものでなく学んで成長させることが可能だからと続きます。中でも重要な5つの因子「開放性」「真面目さ」「外向性」「協調性」「精神の安定性」、これらビッグ・ファイブが人生においてどのように影響するのかを事例を交えて解説しています。

性格スキルは性格のように各々が違うものを持っているのではなく、それぞれ程度の差こそあれ持っている、まさに技術(スキル)のようなもののようです。本書では性格スキルそれ自体の説明はほとんどせず、学歴や収入、犯罪との相関関係について深く掘り下げています。学校の成績や職業、人生で成功するためには何が必要かが多く語られていて、心理学の本というよりはビジネス書と呼んだほうがしっくりきます。

性格分類や身近な私生活での活用法を期待していたので、本書の内容とは少々ずれていたので残念でした。説明がいくつかの因子に偏っているのも不満です。しかし、思いがけず知った有益な知識もいくつかあります。大人になってからでも伸ばせる性格スキルがあることです。「協調性」が伸び続けるのは信じがたいですが、経験を積むと慣れてくるのでしょうか。

最後の章は著者が教育の場で、学生の性格スキルを伸ばす実践法と結果が書かれていて興味深かったです。このような例をもう少し読みたかったです。



[ 2018/06/02 18:42 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2017年11月05日(日)

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 



著者:堀江 貴文
発売日: 2015/12/5

評価〔B+〕 率直で分かりやすい言葉でした。
キーワード:人生観、本音、言い訳、プライド、ネット、

本音で生きるために、まずやるべきは、「言い訳をしない」ということである。(1章より抜粋)


かつてライブドア社長として時代の寵児と持てはやされ、現在も精力的に様々な活動をしている著者が、後悔しない人生を送る方法を簡潔に伝えています。

要点は、本音は言ってやりたいことは今すぐやる。分かりやすいです。そのためには、お金や時間がないと言い訳しないとあり、具体的な解決策も提示している点が良いです。本文で、自分は拝金主義の権化のように扱われるが、世間のほうがお金にとらわれている、という一文が目につきました。彼を見た視聴者や読者が、自分の嫌なところを著者に投影しているみたいで興味深いです。

考えてしまう人間はチャンスを逃すのは、耳が痛い言葉でした。ゴルフのパターを例に、リスクをとることの意義を説いていて説得力があります。興味が出てきたら挑戦してみることが大切です。

意外なのは、睡眠時間は大切と書いてあった点です。睡眠時間なんて削っても平気、時間の無駄と主張するのだとばかり思っていました。また、物事の上手なやり方なんてなく、全てはトライ&エラーだと主張しているのも、ちょっと意外かな。覚えておこう。

すべて最適化せよ、では常に時間の使い方のよりよい方法を探っています。確かに効率はよくなりますが、なんだか疲れそうです。何もしない時間も欲しい私は、そこまで効率の良さは求めないけれど、こうした姿勢が現在の著者を作っているのは間違いないです。

他の人と大きく異なるのは、能力の高さではなくその行動力です。本人は当たり前のことだと思っていそうですが、これほど徹底して行動に移すのは難しそう。でも、少しでも見習って行動します。



[ 2017/11/05 21:30 ] 実用 | TB(0) | CM(0)