FC2ブログ







2020年01月10日(金)

残業の9割はいらない ヤフーが実践する幸せな働き方 



著者:本間浩輔
発売日: 2018/7/18

評価〔B〕 人事関係者に読んでもらいたいです。
キーワード:働き方、残業、人事、管理職、

働き方改革がうまくいかないとしたら、その原因の一つは成果主義の不徹底にあるとだろうと私は見ています。(第三章より抜粋)


過労死や離職率の高さなどの問題から発生した働き方改革により、残業を減らそうという流れになりつつあります。昔に比べれば社会人の労働時間は減ったように感じます。しかし、外国と比べると有給休暇の取得率ひとつ取ってもわかるように、日本人まだまだ職場に縛られています。

著者はヤフーで人事制度改革を行っています。少し前に週休三日制を検討していると話題になった会社です。これは単に休みを増やすのではなく、働き方の広げると同時に成果主義を取り入れた厳しい試みだとあります。働き方改革がうまくいくかどうかは、努力や貢献ではなく成果で評価することや管理職は部下を観察して評価して褒めることが重要だと述べています。

成果主義の職場は競争ばかりでギスギスしていそうという意見がありますが、アンケート調査によると日本企業よりも欧米企業の社員のほうが助け合いや情報共有している人が多いそうです。意外ですね。また、日本人の睡眠時間が少ないことも取り上げています。様々な要因が絡み合って生産性が低くなってしまっているのだと感じました。

かつての日本では転職など滅多になかったそうですが、今では珍しくありません。転職と同じように成果主義や長期有給休暇取得が当然の世の中になっていくのかもしれません。



スポンサーサイト



[ 2020/01/10 21:16 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2019年12月14日(土)

世にも奇妙なニッポンのお笑い 



著者:チャド・マレーン
発売日: 2017/12/9

評価〔B〕 悪口や愚痴を書かないのが偉いです。
キーワード:お笑い、漫才、芸能、オーストラリア人、

対して、日本ではすぐ「何を言うてんねん」とツッコミを入れる。「否定の文化」と言えるのかもしれません。(第三話より抜粋)


外国人の目から見た日本を語る本はたくさん出ていますが、お笑いに特化して分析し説明している本は稀ではないでしょうか。日本のお笑い界に飛び込み、漫才師として時には字幕翻訳家として活躍中の著者が思いのままに語っています。各国のお笑いの紹介から日本のお笑いの魅力まで笑いに関して幅広く書かれているので、お笑いにあまり興味のない私でも楽しめます。あるあるネタが日本的である説明は筋が通っていて分かりやすかったです。

政治や宗教を扱う社会派お笑い芸人がほとんどいない点について、レベルが低いからではなく簡単に笑いを取れる話題で勝負しないからと述べているのはどこか新鮮に感じました。どちらかにあまり片寄らず公平に物事を見ようとしているのでしょう。

また、字幕翻訳の仕事の良さや難しさが興味深かったです。駄洒落や諺なんか訳すのに苦労するだろうなーと思っていましたが、やはり大変そうです。「チリンチリン」の件は上手いですね。専門家でなければ意図が上手く伝わらないのは良く分かります。記事やレポートも詳しい人が書いたものは面白いですし。

著者の漫才を一回見てみたくなりました。



[ 2019/12/14 21:30 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2019年12月07日(土)

サラリーマンの悩みのほとんどにはすでに学問的な「答え」が出ている 



著者:西内 啓
発売日: 2012/3/23

評価〔B+〕 簡単にできることから試してみたいです。
キーワード:悩み、サラリーマン、学問、

そろそろこの何度も繰り返した議論に終止符を打っても良いとは思いませんか?(はじめにより抜粋)


給料が上がらない、出世するには何が必要か、上司や部下と良い人間関係を築くには、とサラリーマンのよくある悩みについて、一個人ではなく学問の専門知識によって解決策を提示してく一風変わった実用書です。ビジネス書と言えなくもないです。

数々の問題に具体的な対策が用意されていますが、学問的な見地からはこうしたほうが良くなるという一案に過ぎないと感じました。これらが唯一無二の真実ではないと思うので、哲学や数学のような真実を求めている方々はがっかりしてしまうかもしれません。分野によっては既知のものがあったので、物足りなかった章もありました。

興味を引いたのは2章の行動経済学を駆使したお金の貯め方です。人の金銭に対する感覚は穴だらけと説き、お金の貯め方と使い方を細かく書かれています。一番効率が良いのは自分の能力を高めることに使うのが経済学っぽくなくて面白いです。

3章の出世する方法では天職を見つけるためにVIAテストという才能を見つけるためのテストが紹介されています。以前読んだ「さあ、才能に目覚めよう」のストレングスファインダーと同じ考え方なのですぐ理解できました。性格診断や性格分類は好きなのでさっそく試してみましたところ、一番の才能は忍耐力と出ました。詳細はつづきに書いておきます。

また、6章の家庭がうまくいく方法のポジティブサイコロジーの知見は、サラリーマンでなくても有益なので読んでほしい内容です。口論になりそうになったら話す順番を決めるのは良い意見だと思います。怒った時に実践できれば良いのですがなかなか難しそうです。

最後のほうに幸福感を得られる3つの考え方に触れています。どの悩みも最終的には本人がどう感じるのかに尽きるのかもしれません。



VIAテストの詳細はつづきにて↓
[ 2019/12/07 20:44 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2019年10月15日(火)

アイデアを盗む技術 



著者:山名 宏和
発売日: 2010/03

評価〔C+〕 盗むというより真似るかな。
キーワード:アイデア、真似、応用、実用、

疑問もまた細部に宿っています。それはすなわち、「おもしろい」ことやアイデアの手がかりも、細部に宿っているということなのです。(第二章より抜粋)


良いアイデアを思いつく方法は小説家や漫画家に限らず意味あることです。仕事で役立つかもしれませんし、遊びがさらに面白くなる可能性もあります。おもしろいアイデアを日々考えている放送作家の著者が、このアイデアを発想する方法について書いています。

もはや独自の発想はなく、物の見る角度を変えたり他人の視点を利用することと説いています。新しいものに出会うのは稀なので、今までとは違った見方で物事を見てみる、ということなのでしょう。ただ、印象に残ったこと、疑問に思った事、不便に感じた時などがチャンスなのは他の本で知っていたので目新しさはありませんでした。それに立場が違う人の意見を聞くことも特別な方法とは感じませんでしたし、どこかで聞いたような技術が多かった点が残念でした。

電車などで耳にする他人の話が好奇心を刺激して面白いというのは共感しました。疑問を作る時は細部を観察することは、面白かったしすぐ実践できそうで良かったと思います。

最後の章ではテレビ番組は発想の宝庫と様々な番組の技術を紹介しています。放送作家らしい発想ですが、挙げられている技術は見慣れてしまって飽きているものばかりでした。同じようなテーマの同じようなつくりの番組が多いのも、なんだか納得しました。



[ 2019/10/15 21:29 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2019年09月02日(月)

敗者復活戦! 2 



著者:辻灯子
発売日:

評価〔C〕 穏やか過ぎるのも・・・・・・。
キーワード:古本屋、古書店、4コマ

「この辺りに疎遠にしている祖父母の店があるはずなんです」(本文より抜粋)


元キャリアウーマンを月穂と高校生アルバイトのニーナたちが描く、古書店での日常4コマ。

1巻は人物紹介でこの2巻から何か大きく進展するかなと期待していたのですが、予想よりも何も起きません。月穂をはじめ段々と人物が掘り下げられていくのは良いのですが、生活の中で起きる出来事が現実のそれとあまり変わりなく、よく言えば共感できる、悪く言えば退屈に感じました。もう少し漫画っぽくおもしろ可笑しいやり取りが欲しかったです。

次で最終巻ですが大きな事件は起きるのでしょうか。


[ 2019/09/02 21:57 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)