2016年10月07日(金)

「ストーカー」は何を考えているか 



著者:小早川 明子
発売日: 2014/4/17

評価〔A-〕 誰しもなりうる可能性があります。
キーワード:ストーカー、心理学、犯罪、精神医学、

『全宇宙の生命を脅かすモノ―― 災いの渦』(本文より抜粋)


相手にしつこく付きまとい最後には事件へと至ってしまう出来事をニュースでときどき見ます。彼ら彼女らはなぜストーカーになってしまったのか? 何をどのような思いでストーキングをしているのか? カウンセラーとして500人以上のストーカーに対応してきた経験から、その本質を分析しています。

序盤から何件もの事例が挙げられていて、自分が思っている以上にストーカー問題は珍しくないことなのだなと認識を改めました。加害者には加害者なりの言い分がありそれが解決への鍵であると説いています。また、ストーカーは何もしなければ事態は悪化していくのみで改善することはないそうです。被害者の新しい恋人が介入するのも危険だそうです。経験豊富なだけあって説得力があります。また、危険度の見分け方やどう対処すべきかの章は、問題が差し迫った人たちへの助けとなるでしょう。警察へどのように相談したら良いかも書いてあります。

ちょっと興味深いと感じたのは、自然相手の職業に就いているストーカーは今までいなかったことです。自然の力や理不尽さを頻繁に体験していると、相手を思惑通りにしてやろうという気が起きないのかもしれません。それと、男女でストーカーの行動に違いがあること。男性は相手の私生活を狙い、女性は相手の公的な場面を狙うそうです。また、ストーカーの半分は女性なのは知りませんでした。

著者は被害者や加害者と直接会いますが、両方に会うカウンセラーは稀だそうです。正しいかどうか断言できないと書いていますが、他の方法と比較してより効果的であると認められるなら、もっと普及してほしいですね。社会の理解が深まり、専門家が増えることで、不幸な事件が起きないことを望みます。



スポンサーサイト
[ 2016/10/07 21:49 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2016年03月08日(火)

人は、誰もが「多重人格」 誰も語らなかった「才能開花の技法」 



著者:田坂 広志
発売日: 2015/5/19

評価〔C〕 知らなかったらB以上です。
キーワード:人格、才能、自己啓発、人間関係、

誤解を恐れずに言えば、「ある人格を演じる」ということと、「ある人格を育てる」ということは、同じことなのです。(第三話より抜粋)


人は自分の中に多重人格のように幾つもの人格を持っていて、適切に切り替えることができるなら、色々な才能が開花していくというのが主旨です。人格の切り替えを上手に行うための、「多重人格のマネジメント」を紹介しています。人は誰しも多重人格になる可能性があるのではなく、あたかも多重人格者のように振る舞うという意味です。

相手や状況によって、人格を変えるように言い方や考え方を変えるのは、確かに有効だと思います。適切な態度を表に、つまり相手に分かるよう示すことで、円滑に物事が進むこともあるでしょう。この切り替えは無意識的にも行われていますが、意識的に行うとより効果的なのではと感じています。さらに、幾つもの人格を育てて、現時点以上の才能を開花させるという意見も理解できます。

概ね肯定的なのですが、実は過去に同じような内容の本を読んだことがあり、ほとんど再確認に終わってしまったのが残念です。しかも、既読の本でもモードという言葉を使っていたと思うので、印象は良くありません。終盤のエゴに対する対策も、別の本で同じことを主張しているのを見ましたしね。

また、多様な人格・豊かな人間像を育てるために映画が勧められていますが、素直に賛成できません。映画は時間が短いので、本に比べると少し物足りなかったり駆け足になってしまうことが多いからです。純文学ではない娯楽本でも演劇でも奉仕活動でもいいから何か自分に合う方法を探して、人生経験の幅を広げていけば良いのではないでしょうか。

個人的に不満な点を挙げましたが、主旨は良い本です。対話形式でかなり読みやすく分かりやすいですので、この考え方を知らない方には読んで損はないと感じました。




[ 2016/03/08 22:08 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2016年02月02日(火)

他人をほめる人、けなす人 (草思社文庫) 



著者:フランチェスコ・アルベローニ (著), 大久保昭男 (翻訳)
発売日: 2011/4/12

評価〔C〕 エッセイにしては硬い文章かな。
キーワード:エッセイ、人間関係、短編集、

こういうタイプの人びとは、自分の日常生活の出来事のなかから多くのことを学びとる。あれこれ出来事を観察し、対比し、判断し、辛抱強く関連づけることによって学びとる。(「真の教養がある人」より抜粋)


世の中には色々な人がいます。ほめない人、冒険できる人、先入観にとらわれない人。観察と洞察によって、短い文章で人の本質に迫ります。

一項目4~5ページでどの項目から読んでも大丈夫なので、読みやすいです。ただし、簡潔に書かれてはいますが、抽象的な単語や婉曲的な表現を使っているので、分かりやすくはないと思います。また、理解しやすい流れではないのが、読みづらさを感じました。例えば、題名のような人物を最初から説明するのではなく、逆のタイプの人物の考察から入ったり、全然関係ない話題が長く続く場合もあるので、何について話しているのか良く分からなくなってしまった時もありました。

良かったのは、自分の考えと同じでも反対でもなく、まったく違った見方をしていることを知ることができた点です。こういう見方は考えたことなかったなぁと思うこともありました。例えば、「困惑させる人」は単なる意地悪や気晴らしではなく、他人を利用するために行動している、というのはなるほどと思いました。なかなか合わないタイプの人を理解するための、より良い人間関係を築くための助けとなるかもしれないですね。

序盤に好ましくないタイプが固まっているのも良くなく、始めは読んでいてあまりいい気分ではありません。しかし、徐々に見習うべき人物が出てくるので、途中で読むのをやめないほうが良いです。



[ 2016/02/02 21:36 ] 随筆 | TB(0) | CM(0)