2017年06月08日(木)

男はなぜこんなに苦しいのか 



著者:海原純子
発売日: 2016/1/13

評価〔B〕 分かりやすく言うと時代の流れ。
キーワード:心理、男性、ジェンダー、仕事

整形外科や消化器科で抗うつ剤を処方されながら心の病気を否定している男性は多いのだ。(第1章より抜粋)


この題名ですと、男ばかりが苦労しているとも取れますが、内容は男性ならではの悩みやストレスに注目し、どうすればより良い生き方ができるのかを考察しています。

男はこうあるべしという信念や、この方法で順調だったので今後もこれでと従来の方法や価値観にとらわれ、結果として心の病で苦しむ事例が数多く挙げられています。どちらも一昔前では常識だったかもしれませんが、現代社会では柔軟に対応したほうが上手くいくことが多いと感じました。昭和的な価値観が全て悪いわけではありません。

印象に強く残ったのは、3章コラムの「男性の多くは、話を聞くなど気持ちを分け合うことが大きな支援となることに気づかない」です。確かに直接支援にばかり意識が向くことが多いので、周囲の人が困ったり悩んでいたら、声をかける等の直接支援以外の支えも心がけていきたいです。

後半は、承認欲求や自己実現願望、結婚やメンタルケアなど男女に限らず重要なことが書かれています。これらは他の本を読んで知っていたので、新鮮味はありませんでしたが、大切さを再認識しました。自分を知る手法としてエゴグラムが挙げられていたので、あとで久しぶりに診断してみようと思います。


スポンサーサイト
[ 2017/06/08 19:56 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2017年03月14日(火)

「自分はこんなもんじゃない」の心理 



著者:榎本 博明
発売日: 2013/5/17

評価〔C+〕 新しい知識が欲しいところです。
キーワード:若者、心理学、人生観、

「自分はこんなもんじゃない」と思うだけではダメだ。それをエネルギー源にして、現実の壁を乗り越えようとする行動につなげていくことが大切なのだ。(本文より抜粋)


若者がよく口にする台詞「自分はこんなもんじゃない」に対して、心理学者である著者が分析し助言する本ですが、現実でこの台詞をあまり聞いたことがありません。実際はどうなんでしょうか?

それはそれとして、前向きな向上心と努力が人生をより良いものにする、というのが主題です。現状をただ否定するだけの「こんなもんじゃない」ではなく、理想に近づくために能力を伸ばす原動力となる「こんなもんじゃない」が好ましいという訳です。社会や人生をこんなものだと簡単に見切りをつけてしまわず、夢や自己表現に向かって行動することが大切と説くのは賛成です。

しかし、夢の追い方や自分らしさの分析では目新しさはなく、独特の手段や考え方を得られなかったのが残念でした。偶然のチャンスを生み出すのは、好奇心や柔軟性、楽観性だと再認識できたのは良かったです。

文章に説得力をつけるために、歌を多数引用しています。歌に詳しくないので、いくつも引用するのは返って読みづらかったです。1章につき1曲くらいで良いのではと思ってしまいました。





[ 2017/03/14 21:40 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2016年12月29日(木)

ちょっと今から仕事やめてくる 



著者:北川恵海
発売日: 2015/2/25

評価〔B+〕 実に現代的なエピソードじゃないのかな。
キーワード:仕事、職業、人生、

「久しぶりやな! 俺や、ヤマモト!」(本文より抜粋)


あー、初めて働く会社でうまくいかず、行き詰ってしまうことってあるよなー、と思って読んでいたのですが、よく考えたら私もそうでした。時間が経った今となっては客観的に見られるようになったと思いますが、それでも主人公・青山隆の人生がうまくいかない気持ちはよく分かります。

隆は疲れ切って会社から帰る途中、ヤマモトに助けられます。ヤマモトと接するうちに、隆は少しずつ変わり始めて・・・・・・という話ですが、推理小説のようなどんでん返しやコメディのような笑いはありません。中盤の事件の真相やヤマモトの正体も、途中で分かってしまいましたので驚きもありませんでした。しかし、読後感はかなり良かったです。帯に書かれた『人生応援ストーリー』という言葉がしっくりきます。

ライトノベルのような読みやすさと一般書籍で扱うテーマが合わさった、メディアワークス文庫らしい本だと感じました。劇中の隆のような状態の人にとって、本を読むことは時間もないし体力も使うので気が向かないと思いますが、そういう人にこそちょっとでも余裕があるうちに読んでもらいたい本です。これから社会人になる人にもおすすめです。



[ 2016/12/29 21:35 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2014年02月28日(金)

回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち 

回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち (光文社新書)回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち (光文社新書)
著者:岡田 尊司
出版社:光文社
出版日:2013/12/13

評価〔A-〕 自覚があるので気をつけないと。
キーワード:心理学、回避性、愛着障害、人生観、社会問題、

回避型愛着スタイルの最大の特徴は、他人との間に親密な関係を求めようとしないという点にある。(本文より抜粋)


性格分析の本が好きで結構読んでいるのですが、回避性と呼ばれるタイプがあります。消極的、失敗を恐れるなどの特徴があるそうで、自分はこれに近いかなと思っています。本書にも題名の中に回避性とあったので、すぐピンときて手に取りました。

回避性愛着障害とは親密な関係を避けるタイプで、僕の知っていた回避性の性格を含むもっと大きな枠での分類です。どのような性格であるのか、どうしてそのような性格になったのか、利点と欠点は何かを、具体例を挙げて説明しています。淡々とした解説なので面白みに欠けるのが難点でしょうか。このタイプの人々の一面をより深く考察した4章の愛情・性生活や、5章の職業生活は興味深かったです。

また、こうした人を個人の問題で終わらせないで、少子化・晩婚化社会の原因かと危惧しています。なるほどと思いましたが、全て幼児期の育てられ方で説明がつくとも思いませんでした。経済的事情などもありますしね。

いろいろと当てはまっていることが多く、正直耳が痛いです。でも、こうした事実に目をそむけず、本書に書かれている克服法を参考にし、自分の人生の改善に役立てようと思います。




ちなみに巻末のテストの結果は、A安定が4、B不安が10、C回避が6、D未解決が0でした。分類上は不安型になるのでしょうか。参考にします。


[ 2014/02/28 21:18 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2013年12月31日(火)

女子校育ち 

女子校育ち (ちくまプリマー新書)女子校育ち (ちくまプリマー新書)
著者:辛酸 なめ子
出版:筑摩書房
発行:2011/03/09

評価〔B〕 異性がいない長所もあります。
キーワード:女子校、東京、

ある時、「女子校出身者は生きづらそう」と知人に指摘されて、ハッとしたことがあります。(本文より抜粋)


女子校と聞いてどのようなものをイメージしますか? 暑いと人目をはばからずスカートの中を下敷きでバサバサあおぐ、という情報をどこかで聞いて以来ずっとそのイメージなのですが、実際のところはどうなのか。自身も女子校卒の著者が、インタビューや文化祭潜入をとおして女子校育ちの実情に迫ります。

閉ざされた印象の強い女子校について、生徒の生の声はもちろん教師や卒業生たちの意見も集めてある点が良いです。女子校と言っても様々で、校風によって雰囲気・自尊心・外からの評価が大きく変わってくるのが興味深いです。ただし、本書の分類では東京を中心に解説されているので、都内やその近郊以外の地域の人にとってはよく分からないのが難点です。

女子校育ちは同性の扱いが上手く、異性との交流が下手なようです。後者はともかく前者の話で、男性と接する際に女らしくふるまえないという意見はなるほどと思いました。共学とは違い恋愛は乏しくなりますが、それ以外では意外といってはなんですが楽しそうです。仲も予想していたよりは良さそう。しかし、なぜ女子校では「男は野獣だ」と教え込むのでしょうか。読んでいるうちになんか嫌な気分になりました。適度に教えれば良いのに。

現役の生徒と学校に重点が置かれ、女子校育ちがどのような大人なったかはそれほど語られていなくて少々残念でした。そちらのほうがメインかと思っていたので。女子校に入る前の生徒たち及びその親たちに、入学する前に読むと参考になるかもしれません。



[ 2013/12/31 19:53 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)