FC2ブログ







2019年09月02日(月)

夫婦という病 



著者:岡田尊司
発売日: 2018/3/3

評価〔A〕 既婚者だったらSです。
キーワード:夫婦、結婚、出産、離婚、恋愛、

そこで一番変わった点は、互いの非に目を向けるのではなく、互いの失敗に対して優しさや寛容さを取り戻したことだ。(第十五章より抜粋)


夫婦やパートナーとの関係をより良くかつ安定したものにするために、精神科医である著者が21のケースを通して解決策を模索します。

前半は夫婦が上手くいかなくなっていく様を何回も見るので疲れてきます。お互いにもう少し思いやることができたならと思うのですが、感情的になってしまうのも良く分かります。様々なパターンが挙げられているのでどれかに当てはまる夫婦も多いのではないでしょうか。

基本的には対人関係を支える愛着に注目し、安定―不安定と回避―不安の軸で男女を分類して特性を掴み問題の解決をはかっています。愛着スタイルを踏まえた上で原因と対策を説明しているので、分かりやすく頭にすんなり入ってきます。

後半は一度は不安定になった関係が持ち直した例が描かれています。我慢以外の解決策が提示されているので、どれか一つは実践できそうな方法が見つかるかもしれません。

読んでいるうちに現在の夫婦制度は現代人の価値観に合っているのだろうか、合ってない人もいそうだな、と思い始めましたが、終盤では結婚という形にこだわらない関係や生き方について述べられていて興味深かったです。一夫一婦制ばかり考えが囚われていましたが、違う可能性を示しているのが良かったです。現代の倫理観とは離れていて驚きましたけど。一夫一婦制に向いている人ばかりじゃないからね。

個人的に価値観が合わない対策や関係もありますが、夫婦やパートナーとの良い関係を保ちたいもしくは改善したいと思っているなら一読の価値はあると感じています。これから親密になる二人にも役に立つでしょう。

巻末の科学者の方の解説も良かったです。


スポンサーサイト



[ 2019/09/02 21:59 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2010年03月11日(木)

「わたしは甘えているのでしょうか?」(27歳・OL) 

「わたしは甘えているのでしょうか?」(27歳・OL) (幻冬舎文庫)「わたしは甘えているのでしょうか?」(27歳・OL) (幻冬舎文庫)
著者:村上 龍
出版:幻冬舎
発行:2009/04

評価〔B+〕 現実論で一刀両断といった感じです。
キーワード:人生相談、トラブル、悩み

できるだけ優しく対応したつもりだが、現実と反することを言って慰めたり、不毛な精神論でごまかして叱咤激励したり、非合理な楽観論で甘やかしたりするのは徹底して避けた。(はじめにより抜粋)


20代から30代の社会人が切実な悩みを相談する、いわゆる人生相談の本です。本文には明記されていなかったと思うんですが、質問するのは皆女性のようです。裏表紙にはそう書いてあります。回答者は、小説家の村上龍が務めています。1つの相談に対してだいたい2ページぐらいの回答が用意されています。

具体的にどのような悩みを相談しているのか? 例を少し挙げると「やりがいのある仕事についた友人に嫉妬してしまう」「女友だちが安い服をバカにする」「本当に好きな人が見つかるか不安」と、このような感じです。お金・仕事・人間関係・恋愛と悩みの定番と言えるものばかりですが、深刻な悩みはもちろんバカバカしく感じる相談もあって、興味を引かれます。

上記の引用文にもあるように、村上龍は、その場限りの同情よりも現実的な対処法を重視して答えています。間違っていますとスパッと答えるのは明快で良いのですが、女性の共感重視のコミュニケーションからみると、巻末の解説の方も言っているように、少々冷たい感じもしました。だけど、甘やかさないぶん相手の身になって考えていて優しい対応ともとれます。

回答とは違う意見を持つ場合もありましたが、さすがと思える回答も多々ありました。若い女性の悩み相談ですが、男性が読んでもためになり面白いですよ。





[ 2010/03/11 20:30 ] 随筆 | TB(0) | CM(0)