FC2ブログ







2019年02月11日(月)

はっぴぃヱンド。 2 



著者:有田イマリ
発売日: 2018/1/22

評価〔B+〕 物理的ではなく精神的な恐怖。
キーワード:田舎、日常系、ホラー、サスペンス、

「それは私達の知っている・・・誰か・・・?」(本文より抜粋)


状況は解決へと少しずつ進んでいるかに見えましたが、思わぬ事件が発生し謎は深まるばかり。彼女にしてみればまさに絶望とも思える事態なのですが、諦めずにもがき続ける姿が印象に残ります。

1巻同様テンポは良いし、怖いところはきちんと怖いので面白いです。平常時の絵柄や雰囲気と非常時のそれの落差があるので、分かっていても少し驚いてしまいます。

黒幕の存在を臭わせてきたので、単なる自然現象ではないことは確かなのですが・・・・・・これって真相を推理できるたぐいのものなのでしょうか。最後の茜の台詞をヒントにちょっと考えてみようかな。



スポンサーサイト
[ 2019/02/11 17:10 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年02月05日(火)

はっぴぃヱンド。 1 



著者:有田イマリ
発売日: 2017/8/22

評価〔B+〕 1話だけは読んだことありました。
評価〔A-〕 1話だけは読んだことありました。
キーワード:田舎、日常系、SF、サスペンス、ホラー、

「・・・何コレ?」「日誌だ」(本文より抜粋)


絵柄も冒頭も田舎の少女たちの日常系なのですが、主人公のある行動をきっかけに世界が一変する物語です。いや驚きました。なかなかのものです。人には進めづらい。裏表紙に書いてあるので書きますが、タイムリープが重要なキーワードとなります。しかし、今のところSFと評するよりはサスペンス、またはホラーと評したほうが良いような気がします。

ある人物が豹変する場面では怖さよりも驚きが勝ったのですが、1話の最後の見開きは臨場感がありかなり怖くて良かったです。怖くて良かったというのも変ですが、雰囲気が出ていて引き込まれました。

Amazonの書評に「Re:ゼロから始めるのんのんびよりの鳴く頃に」と書いた方がいますが、すごい要約力だと感心しました。

この手の話は話の進みが遅くなりがちですがそのようなこともなく、新たな展開をむかえて2巻へとなります。分かりやすい引き。読者の読みをどんどん外して突き進んでほしいです。



[ 2019/02/05 21:21 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年08月04日(土)

死人の声をきくがよい 11 



著者:ひよどり祥子
発売日: 2018/7/20

評価〔B-〕 少しだけ進展したかな?
キーワード:ホラー、霊感、オカルト、

「もしかして思い出してらっしゃいました? 10年前の・・・・・・」(本文より抜粋)


新刊見るたびに副題って意味あるのかなと思っていましたけど、今回は分かるような気がします。

ホラーシーンの激しさは健在ですが、同時に登場人物たちの恋愛も語られていてます。なんだか不釣り合いな感じもしますが、この漫画だとすんなり受け入れられるので不思議です。この手のエピソードが出ると終わりは近いのかなとも思います。

終盤では思わぬ人物の登場で、次の巻ではさらに波乱を呼ぶ展開が起きそうです。二人によって良い方向に進むのか否か。



[ 2018/08/04 22:36 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年06月29日(金)

ハラサキ 



著者:野城 亮
発売日: 2017/10/25

評価〔B-〕 不可解な不気味さが良いけれど。
キーワード:ホラー、温泉街、現代、

「あたしたちの罪を掘り起こして、償わせようとしているんだ」(第二章より抜粋)


幼いころの記憶をなくした百﨑日向が、帰郷中に不思議な世界に迷い込むホラー小説です。第24回日本ホラー小説大賞読者賞受賞作。

特殊な環境ではなくよくありそうな舞台だけに、想像するのが容易で、しかしどこか訳のわからない怖さもあって物語に引き込まれます。怖いシーンと対になるように、主人公・日向の恋人の様子も描かれていますが、そのバランスもちょうどよく、お互いに引き立てあっていると感じました。

結末はおぉっと少し驚きました。この一連の出来事で一番可愛そうなのは誰なのか、意見が分かれそうですね。

怖いことは怖いのですが、圧倒的というほどでもなく、また全て説明されている訳ではないので、その点が不満が残りました。ホラーだから論理よりも雰囲気重視なのは分かりますが。個人的にはもう少し派手なほうが良かったかな。





[ 2018/06/29 23:03 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年09月28日(木)

死人の声をきくがよい 10 



著者:ひよどり祥子
発売日: 2017/9/20

評価〔B+〕 週末はアポカリプスだ!
キーワード:ホラー、霊感、オカルト、

「500年振りに出てくる。うふふふふふふふ」(本文より抜粋)


相変わらず岸田純は良く生きているな、と思わずにはいられません。

このホラー漫画の怖いところは、怪奇現象なのか、未知の生物の仕業なのか、はたまた宇宙人なのか、パッと見て分からないところです。それらのどれでもなく、常軌を逸した人間の行動のときもあります。真相が明らかになるまでどこか落ち着きません。

曾祖母の話は前後編で長いこともあり印象に残りました。「時と場所をわきまえろ」や「こんな時のために」なんて台詞、どうやったら思いつくのか。凄いセンス。

最後の岸田の旧友の話で、ある事実が発覚します。アハハと笑われていますけど大事です。これからどうなってしまうのか。



[ 2017/09/28 21:40 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)