2017年09月28日(木)

死人の声をきくがよい 10 



著者:ひよどり祥子
発売日: 2017/9/20

評価〔B+〕 週末はアポカリプスだ!
キーワード:ホラー、霊感、オカルト、

「500年振りに出てくる。うふふふふふふふ」(本文より抜粋)


相変わらず岸田純は良く生きているな、と思わずにはいられません。

このホラー漫画の怖いところは、怪奇現象なのか、未知の生物の仕業なのか、はたまた宇宙人なのか、パッと見て分からないところです。それらのどれでもなく、常軌を逸した人間の行動のときもあります。真相が明らかになるまでどこか落ち着きません。

曾祖母の話は前後編で長いこともあり印象に残りました。「時と場所をわきまえろ」や「こんな時のために」なんて台詞、どうやったら思いつくのか。凄いセンス。

最後の岸田の旧友の話で、ある事実が発覚します。アハハと笑われていますけど大事です。これからどうなってしまうのか。



スポンサーサイト
[ 2017/09/28 21:40 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年09月14日(木)

儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫) 



著者:米澤 穂信
発売日: 2011/6/26

評価〔B+〕 人の持つ残酷さが強烈。
キーワード:連作短編集、暗黒ミステリ、ホラー、文庫化

わたしは初めて、疑問を持ちました。変わった買い物には、どんな意味があるのだろうか、と。(北の館の罪人より抜粋)


時代は昭和初期あたり、旧家や本家という呼び方が似合う裕福な家々で起きる事件を綴った連作短編集です。裏表紙には暗黒ミステリとありますが、サスペンスホラーと呼んだほうがしっくりくる内容です。

どの逸話もバベルの会という読書会が登場し、これによって5つの短編が繋がっていることがわかります。前から順に読んだほうがよいと思いますが、各々独立していますので読む順番はそれほど気にすることはありません。もう少し強い繋がりのほうが、連作短編らしくて良かったかな。

途中で結末が読めてしまったものもありましたが、「身内に不幸がありまして」や「北の館の罪人」は、意外なオチで面白かったし怖かったです。推理小説とはまた違った面白さですね。使用人や料理人が当たり前のようにいる昔の上流階級の様子や、彼らの価値観も描かれていて、もしかしたらこういう人々や事件があったのかもしれないなと思ってしまいました。

著者の作品は、古典部シリーズや小市民シリーズでおなじみの、日常の謎の印象が強いので、本書のようなホラーも書けるとは驚きました。この作風の短編でこれなら、長編はどうなるのだろうかと思ってしまいます。



[ 2017/09/14 22:38 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年03月29日(水)

死人の声をきくがよい 9 



著者:ひよどり祥子
発売日: 2017/2/20

評価〔B+〕 ゴーストはやっぱり個性的で面白いです。
キーワード:ホラー、霊感、オカルト、

『岸田さま、お久しぶりです』(本文より抜粋)


相変わらずの怪奇事件が目白押しです。質は下がっていないのですが、9巻にもなると多かれ少なかれ慣れてしまい、読み始めた当初のように楽しめないのが残念です。

しかし、ゴーストが登場する連作は面白かったです。ゴーストの個性の強さも面白さの一つですが、裏表紙に完結!?と書かれていてどうなるか分からなかったのも、いつもと違って緊張感がありました。クライマックスで岸田が目を覚ました時に言った、ゴーストの台詞が意外で、でもゴーストらしくて良かったです。

今後、話を進めて完結に向かうかどうかは分かりませんが、次も今回のゴースト編くらい面白いと良いなあ。



[ 2017/03/29 22:00 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年02月25日(土)

死人の声をきくがよい 8 



著者:ひよどり祥子
発売日: 2016/7/20

評価〔B-〕 岸田君の演技が良かったです。うまい。
キーワード:ホラー、霊感、オカルト、

「チョコリンヌつってさー、今ハマってて」(本文より抜粋)


前の巻に比べて、少々インパクトに欠けてきたように感じました。内容の激しさは変わりませんが、読むほうが何でも慣れてきてしまうようで、恐ろしいことです。

中には笑える場面もありますが、不幸な結末で終わる話が印象に残りました。こうした事件が完全に解決していない終わり方は、想像の余地があって怖いですよね。

ある話で野良神と呼ばれるものが登場しますけど、あの外見はどうやって思いついたのでしょうか。かなり独創性のあるデザインで戸惑ってしまいます。怖い怖くないよりも違和感がすごい。さすが(?)です。



[ 2017/02/25 21:30 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年02月18日(土)

死人の声をきくがよい 7 



著者:ひよどり祥子
発売日: 2016/1/20

評価〔B+〕 脇役も個性豊かで面白いです。
キーワード:ホラー、霊感、オカルト、

「発端はそう・・・・・・ウサギ島の一件よ」(本文より抜粋)


多種多様な恐怖を楽しめるホラー漫画も、もう7巻です。今回も岸田君があれこれ巻き込まれます。推理漫画の名探偵役のようです。

7巻にもなると、オカルト研究会以外でも複数回登場している人も何人かいます。彼らは皆個性豊かで、物語を怖く、時には面白くしてくれます。「魔を呼ぶ書物」は、意外な展開で良かったです。あの人、準レギュラーになるのでしょうか・・・・・・。

いつもにまして早川さんのゼスチャーが表現豊かです。無表情で真面目にやるので、危機的状況でもなんか笑ってしまいます。きちんと彼女の意図を読み取っている岸田君が素晴らしい。また、某女の子も珍しい表情を見せるのでお見逃しなく。




[ 2017/02/18 21:30 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)