2012年03月30日(金)

新編 悪魔の辞典 (岩波文庫) 

新編 悪魔の辞典 (岩波文庫)新編 悪魔の辞典 (岩波文庫)
著者:アンブローズ ビアス
出版:岩波書店
発行:1997/01/16

評価〔B〕 悪魔紹介の図鑑ではありません
キーワード:箴言、ブラックユーモア、ジャーナリズム、アメリカ、

電話 (telephone n.) 気に食わぬ奴を寄せつけないでおく便宜の一部を放棄せざるを得ぬ悪魔の発明品。(本文より抜粋)


最初手に取った時は、様々な悪魔を紹介している本かと思ったのですが、そうではなく、まるで悪魔が書いたかのように辛辣でブラックユーモアあふれる辞書です。芥川龍之介にも影響を与えた、アメリカ草創期のジャーナリスト・ビアスによる箴言用語集。

名言集はたいてい深みのある真面目な言葉が列挙されているのですが、本書は思わずひどいと笑ってしまうような皮肉と風刺に満ちています。こういったものは、権力や財力のある人が目標になるものですが、彼はそれだけでは飽き足りないとばかりに、。「歯医者」「銀行預金」などたくさん書き連ねています。また、特定の人たちだけでなく普遍のものとして人の心を皮肉っている項目もあり、「友のない」「無謀な」「罵詈雑言」「無感動の」が目につきました。「無感動の」は、あれで良いのでしょうか……。

しかし、機知に富んだ教訓もきちんと書いています。例えば、怠惰を

悪魔が新しい罪なる種でもってさまざまな実験を試み、かつ主要作物である悪徳の成長を促進させる模範農園。

と説明しています。「運命」「哲学」の項目も興味深いです。「誕生」の説明は、シェイクスピアでも似たような表現がありますよね。リア王だったかな。単なるブラックユーモアで終わらず、物事の違う見方を示してくれるのが面白いです。

項目ごとに文章の量が異なりますが、長いのより短いほうが切れが鋭く面白いと思います。また、宗教関係から引用していて、分かりにくい項目もありました。少々残念です。

ブラックユーモアを解さないもしくは苦手な方は読まないほうが良いです。それに、女性にもすすめられません。編者が女性に対して大変辛らつであるからです。書いた本人のせいか、当時の社会のせいかは分かりませんが。もし、読むならば真面目に読まず、あくまでブラックユーモアだということをお忘れなく。





スポンサーサイト
[ 2012/03/30 22:50 ] 随筆 | TB(0) | CM(0)

2010年10月22日(金)

サキ短編集 

サキ短編集 (新潮文庫)サキ短編集 (新潮文庫)
著者:サキ
出版社:新潮社
出版日:1958/02

評価〔B〕 オー・ヘンリの最大ライバル
キーワード:外国文学、近代、短編集

ユーモアとウィットの糖衣の下に、人の心を凍らせるような諷刺を隠した彼の作品は、ブラックユーモアと呼ぶにふさわしい。(裏表紙より抜粋)


欧米においてはO・ヘンリと並ぶ短編の名手として有名なサキ(本名ヘクター・ヒュー・マンロー)の短編集です。彼は19世紀後半から20世紀初めを生きた、ミャンマー生まれのスコットランド人で、ブラックユーモアが得意。ジョークと言えば、以前英語を教わった英国人教師が、いつもジョークばかり言っていたを思い出しました。あんな感じなのかな、と思いつつ読んでみることにしました。ちなみに、文字が大きくなって読みやすくなった改版です。

訳者が135編の短編から、日本のSFやホラーに影響を与えた「開いた窓」や「おせっかい」を含む代表的な21編が収録されています。読んでいて思ったことは、どこか読みにくい、です。僕の理解力が足りないのか、原文が修飾が多く分かりにくいのか、はたまた訳文が教科書的で読みにくいのか、物語がすんなり頭に入ってこないことがありました。昔の海外の小説は、皆、こんな感じなんでしょうか。

一言で今までの物語をひっくり返す手腕は、さすがだと感じました。落ちは皮肉や諷刺が効いていたり、不条理で冷酷だったりと痛烈です。結末が酷いなと思うこともある反面、現実はこんなもんだと思うこともあり、複雑な心境になります。明るく楽しくではなく、シニカルで読者を出し抜く一筋縄ではいかない類のユーモアです。印象的だったのは、「話上手」「七番目の若鶏」「休養」「家庭」かな。

これらの短編の影響を受けた日本の作品を先に読んでいるので、構成の新鮮さはあまりありませんでしたが、内容は独特でした。ハッピーエンドが好きな人には薦められませんが、捻ったユーモアが好きな人には合いそうです。





[ 2010/10/22 21:24 ] 小説 | TB(0) | CM(0)