2017年01月21日(土)

六花の勇者 archive1 Don’t pray to the flower 



著者:山形石雄 (著), 宮城 (その他)
発売日: 2016/3/25

評価〔B+〕 勇者たちの前日譚。
キーワード:ファンタジー、ミステリー、サスペンス、

「あなたに頼みがあります。あなたにハンスさんを見せたのは、この頼みが可能かどうかを、確かめてもらうため」(「密偵と猫」より抜粋)


六花の勇者シリーズの短編集です。彼らが勇者に選ばれる前の日常を描いた前日譚です。

どのエピソードも登場人物たちの個性がよく出ています。特に、ハンスやフレミーは印象に残りました。なかなか内面が読めない二人を、より理解できるようになります。ハンスの異性の好みは昔からのようです。また、中には本編で起きる事件を仄めかしている場面もあります。本編を読み直す時に思い返すでしょうし、本編の続きを読む時に物語の深みに繋がると思います。

ふと思ったのですが、現在の六花ではなく過去の六花の話でも面白いかもしれませんね。多少語られていますが、過去にどのような戦いが繰り広げられた詳しく知りたいです。短編でいいから読んでみたいです。

本書を読まなくても差し支えありませんが、シリーズのファンでしたら読んでおくことをお勧めします。




スポンサーサイト
[ 2017/01/21 21:24 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2016年01月24日(日)

六花の勇者 6 



著者:山形 石雄
発売日: 2015/7/24

評価〔S〕 挨拶と愛が好きなあの方が大活躍。
キーワード:ファンタジー、ミステリー、

「・・・・・・そうだ。愛は必ず奇跡を起こすんだ」(本文より抜粋)


テグネウの計画、黒の徒花編も、ついにクライマックスを迎えます。

4巻5巻の終盤で徐々に明かされていったテグネウの謀略。ようやく本書で全貌が明らかになります。展開が遅いかなとか、なんか都合のいい設定だなあと思うことも少々ありましたが、それらが気にならないほど盛り上がり面白かったです。テグネウの陰謀、六花の勇者たちの策と奮戦、そして繋がる一本の糸・・・・・・。Amazonの書評でも書いていた方がいますが、ここで終わってしまっても良いかも、と思ってしまうくらい秀逸でした。目立ったのはテグネウの知能と用意周到さです。5巻の終わりでもすごいと思いましたが、それをさらに上回った印象を受けました。

今まで各巻で登場人物たちの過去や内面が詳しく紹介されてきましたが、この6巻ではなんとテグネウにスポットライトが当たります。どのような出来事を経て現在のような凶魔となったのか。単に人間には理解できない敵とせず、性格や信条を丹念に解説しています。物語の途中で撤退するかどうか迷う場面があるのですが、過去を読んだ後だと、あの決断は説得力があって良かったです。

大きな区切りがつき、エピローグで新たな動きを見せ始めました。次はどのような物語が待っているのか。非常に楽しみです。



ネタばれ話はつづきにて↓
[ 2016/01/24 20:06 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2015年12月29日(火)

六花の勇者 5 



著者:山形 石雄
発売日: 2014/11/21

評価〔A-〕 黒の徒花と7人目の狙い。
キーワード:ファンタジー、ミステリー、

手立ては、何かないのか。ここから、できることはもうないのか。アドレットは必死に頭を巡らせる。(三章より抜粋)


情報が増えるにつれて新たな謎も出現し、アドレットは苦悩します。テグネウの渾身の罠、黒の徒花を打ち破ることはできるのか。

ここ数巻は六花の勇者の中の一人にスポットを当て、内面や境遇を詳しく紹介していました。そして本書ではフレミーです。彼女の人生は予想通り激動で、なかなか表に出てこないフレミーの心情も知ることができます。現在のような彼女に至ったのも、当然かなと感じました。

残念だったのは、同じような議論が繰り返され、あまり話が進まなかったことです。疑心暗鬼の勇者たちを見せ緊張感を出すのは良いのですが、何度も見せられるとさすがにもういいかな、と思ってしまいます。しかし、終盤になって某からある重大な謎が明かされます。おそらく僕が今まで見たことがなかったような種類の策略に、そしてテグネウの狡猾さに驚きました。いやー、唸ってしまうくらい良かったです。秀逸。

テグネウが有利な状況で、六花の勇者たちはどのような決断をし行動するのか。6巻も楽しみです。



[ 2015/12/29 18:54 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2015年11月26日(木)

六花の勇者 4 



著者:山形 石雄
発売日: 2013/7/25

評価〔B+〕 誰の策が実を結ぶのでしょうか。
キーワード:ファンタジー、ミステリー、

何としてでも、これを伝えなければならない。さもなくば世界が滅んでしまう。(二章より抜粋)


テグネウの策略に翻弄されてきた六花の勇者たちでしたが、協力者を得て反撃する可能性がでてきました。テグネウには切り札があることを知った彼らは、その正体を探るため動き出します。敵の意図を暴こうとする謎解きの部分はもちろん、本筋の世界を救う話のほうもきちんと進んでいて面白いです。

六花や三匹の凶魔たち以外でこの話の鍵となる人物が登場します。勇者たちの活躍の裏でどのような行動を取っていたか、どのような心情だったかが描かれていて、読んでいて引き込まれます。結末が予想できてしまう反面、盛り上がりました。

また、一つの事件ごとに登場人物を深く掘り下げてきましたが、今回はロロニアにスポットライトが当たります。他の勇者たちよりも出てくるのが遅かったためか、どこか目立たない印象がありましたが、この事件では彼女の信念や想いが強く表れていると思います。

この切り札のエピソードは4巻から6巻まで続くそうなので、どちらがどのように相手を出し抜くのか楽しみです。



[ 2015/11/26 20:56 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2015年09月20日(日)

六花の勇者 3 



著者:山形 石雄
発売日: 2012/11/22

評価〔B+〕 誰の策が実を結ぶのでしょうか。
キーワード:ファンタジー、ミステリー、

「この戦いの鍵を握るのは、ゴルドフとみて間違いないだろう。」

(本文より抜粋)


アニメ化決定、放映おめでとうございます。そろそろ終わってしまいそうですが、アニメをずっと見ていて、急にまた読みたくなりました。

3巻も駆け引きばかりかと思いきや、少しずつではありますが魔神退治の旅も進んでいます。途中でてくる谷なんかは、ファンタジーっぽくていいですね。人間対凶魔という単純な構図ではなく、どちらの陣営も内部で対立が起きているのが面白いです。本書の最後でも関係は変化したしね。しかし、本シリーズの魅力はやはり策略、知恵比べだと思います。

上記の引用のとおりゴルドフが重要人物となります。偽物の勇者や特質凶具など、相変わらず話をややこしくしてくれる要素がいくつかあります。中でも、大きな謎はあの人物の隠れ場所、隠れ方です。これが当てられなくて残念でした。あれ、分かった人はどれくれいいるのだろうか。

1巻は結構覚えているのに、2巻の内容がおぼろげです。後で2巻を読み返してみます。



[ 2015/09/20 21:05 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)