2017年02月09日(木)

NKJK : 2 (完) 



著者:吉沢緑時
発売日: 2016/12/12

評価〔B+〕 病気と病院生活について考えてしまう。
キーワード:病気、笑い、免疫、ギャグ、シリアス、

「私・・・何キャラ・・・でしょうか?」(本文より抜粋)


笑いに疎い西宝夏紀は、病が進む友人・富士矢舞のために笑いを披露します。失敗しても諦めない健気な姿に、彼女の友人に対する友情の厚さを感じます。この点に関しては舞は幸せ者です。それにしても不治の病だからふじやまいって凄いネーミングだ。

見舞う側の描写だけでなく、見舞いに来てくれた病人の気持ちも表現されていて良かったです。これによって、本書の重みや説得力が増しているのではないでしょうか。私は入院したことはありませんが、舞やりんの心境は分かるような気がします。

他の書評でも触れられていますが、ENDの後の一文で、著者がどのような想いで本書を描いたのかがよく分かります。読んでよかったです。



スポンサーサイト
[ 2017/02/09 21:27 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年02月09日(木)

NKJK : 1 



著者:吉沢緑時
発売日: 2016/3/12

評価〔B-〕 ギャグなのかシリアスなのか。
キーワード:病気、笑い、免疫、ギャグ、シリアス、

「舞を笑わせてあげて頂けないでしょうか?」(本文より抜粋)


病気で入院した友人を、笑いによって助けようと試みる女の子の漫画なのですが、これがギャグなのか真面目なシリアスなのか、うまく説明するのが難しい漫画です。

笑いによって病人の免疫力を高めようと、笑いに疎い優等生の主人公・西宝がギャグを研究し、友人の前で実践するのは確かにギャグです。バラエティ番組すら見たことのない彼女の笑いは、どこかちぐはぐな感じで思いもよらいない結果になることもあります。西宝の用意した笑いは、個人的にはそれほど好みではないのですが、こうした予期せぬ笑いが面白いです。

笑える場面もありますが、やはりそこは病室であり、時々描かれる病人の様子に重い気分になります。アイスの話は実に現実味があって、なんとも言えず辛いですね。笑って、悲しみ、考えてしまう漫画です。

次で完結ですが、どのような結末が用意されているのでしょうか。



[ 2017/02/09 21:24 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2016年12月05日(月)

極黒のブリュンヒルデ 18 (完) 



著者:岡本 倫
発売日: 2016/5/19

評価〔C+〕 かなり強引でしたけど完結です。
キーワード:SF、現代、魔法、宇宙人

「お選びください。人を残すか残さないか」(本文より抜粋)


はたして誰の筋書きどおりになるのか。最終巻です。

前の巻から引き続き駆け足ではありましたが、大まかなところではきちんと方が付きました。強引に終わらせた感じがしますが、予想していたよりも中途半端ではありませんでした。しかし、終盤はもう少しじっくり見せてほしかったです。細かい謎がいくつか未解明のままですし、個性豊かな登場人物たちをもっと見ていたかったのもあります。

最終巻にして意外な人物が活躍したのが良かったです。逆に重要そうなのに出番がほとんどなかった人もいて、先が読めませんでした。意外と言えば、所長の「世界を総べても・・・」の場面で見せた意外な一面に驚きました。

終盤はバタバタしてちょっと不満ですが、この漫画全体としての評価はA-くらいです。笑いとシリアスの配分が絶妙でした。著者独特の個性ですね。楽しませてもらいました。次の作品が楽しみです。



ネタばれ話↓
[ 2016/12/05 21:32 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2016年11月14日(月)

極黒のブリュンヒルデ 17 



著者:岡本 倫
発売日: 2016/5/19

評価〔B+〕 どんどん明かされていく事実。
キーワード:SF、現代、魔法、宇宙人

「既にリザーブを用意してある」(本文より抜粋)


16巻に引き続き、良太や魔女たちが知らなかった事実が次々と発覚し、物語がどんどん進行します。

ヴィンガルフの深部で起きた一連の事件で、最後まで秘密にしておきそうな謎まで解明されます。急展開が続くので、慌ただしさを感じました。あの神祇官の正体はなんとなく予想がついていましたが、あの人がついでのように口にした、マキナに関する重要事項のほうが驚きました。また、核心に迫る場面が多いためか、ギャグが少なかったのが残念といえば残念でした。

某と良太の会話で出てきた『神の存在について』は興味深いです。結論はともかく、かなり説得力があり納得してしまいました。あのまま宗教についての見解も語ってほしかったです。

ついに次で最後です。終盤のあの復活は、最終巻できちんと説明されるのでしょうか・・・・・・気になる。全部すっきり解決とはいかなさそうですが、できるだけ納得のいく形で完結してほしいです。




[ 2016/11/14 22:55 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2016年10月20日(木)

極黒のブリュンヒルデ 16 



著者:岡本 倫
発売日: 2016/1/19

評価〔B+〕 急加速、急展開。
キーワード:SF、現代、魔法、宇宙人

「ぼくは新しい世界でアダムになる」(本文より抜粋)


傷が癒えたマキナは、自分の目的のため動き出します。

前回の日常ラブコメとは一変し、ヴァンガルフや宇宙人の新しい事実がいくつか発覚します。核心に触れたかと思ったら、新たな謎が生まれて、全容解明まではもう少しかかりそうです。さらに戦闘もありました。ある者は倒れ、別の者は生き返り、また違う者は退場し、状況は目まぐるしく変わります。あと2巻しかないので、話のテンポを急加速したのでしょうか。最後に表れた正体不明の人物も気になります。

マキナと寧子の会話は重要なのですが、ちょこちょこギャグをはさむのがいかにもこの漫画らしくて好きです。マキナの突っ込み能力が意外と高くて笑ってしまいます。さすが他の魔女とは次元が違う化け物です。

完結まであと2冊です。全ては回収しきれなさそうですが、大筋はきっちり片を付けて終わってもらいたいです。




[ 2016/10/20 22:04 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)