2017年12月22日(金)

白蝶記 3 ―どうやって獄を破り、どうすれば君が笑うのか― (完) 



著者:るーすぼーい、 白身魚
発売日: 2016/9/21

評価〔C+〕 クライマックスがいまひとつ。
キーワード:児童養護施設、サスペンス、教団、子供、

陽咲に会えるのならば、なんでもやってやろうという覚悟だったのに、その一言でおれはとたんに青ざめた。(章一より抜粋)


復習、逃亡と続いて、最終巻は救出劇です。

旭は危険を顧みず陽咲を助けるために動き出しますが、彼女よりも今回手を組んだ相手のほうがよっぽどヒロインっぽくて良かったです。陽咲は捕らわれているだけで、どのような人物なのか、どこが魅力的なのかがあまりはっきり分からず残念でした。これは最後の敵にも言えるかもしれませんね。

中盤までは少年たちの冒険といった感じで盛り上がりましたが、決着をつけるあの場所についてからは今一つ盛り上がりに欠けました。道中に比べるとあっさり終わってしまった気がします。もう少し何かあると面白かったと思うのですが。

このシリーズは1巻から3巻までだいたい同じ質と雰囲気ですので、最初で気に入ればかなりおすすめですし、逆に物足りないなと思った人には最後まで同じ感想で終わりそうです。



スポンサーサイト
[ 2017/12/22 22:02 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2017年12月12日(火)

白蝶記 2 



著者:るーすぼーい、 白身魚
発売日: 2016/3/25

評価〔C+〕 ミステリ要素は薄れアクション多め。
キーワード:児童養護施設、サスペンス、教団、子供、

「教えてくれよ。あんたたちは、何者で、一体どこに向かってるんだ?」(一章より抜粋)


ひとまず難を逃れた旭は、逃亡中に出会った二人と行動を共にすることになります。前回が復讐劇なら今回は逃亡劇です。

旭や樹など子供たちからすれば大きな力を持つ教団に、彼らがどう立ち向かうのかは1巻と同じですが、今度は個人ではなく人数が揃っている組織が相手なので手強いです。子供対大人、子供の冒険という軸は共通しています。

時任や新しい登場人物である金城の考えや発言から、教団がどのような組織であるか徐々に見えてきます。それぞれの立場や思惑があり、単純ではないのが良かったです。全体像が見えてきたせいか、1巻より面白かったと思います。

次の最終巻では幕間に登場した謎の男の目的が明らかになりそうです。あっと驚くような真相が隠されているのか否か。



[ 2017/12/12 21:47 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2017年12月07日(木)

白蝶記 ―どうやって獄を破り、どうすれば君が笑うのか― 



著者:るーすぼーい、 白身魚
発売日: 2015/11/25

評価〔C〕 予想よりも重く暗かったです・・・。
キーワード:児童養護施設、サスペンス、子供、

どうすれば一日も早く小倉から樹を取り返せるのか。そして、今後、ヤツを陽咲を近づけさせないためには?(本文より抜粋)


人里離れた児童養護施設で暮らす旭、樹そしての陽咲の物語です。副題からも想像できるように、明るく楽しい世界ではなく、閉ざされた施設で平穏無事を望むという重くシリアスな内容です。しかし、痛々しくて読むこともできないというほどではないと思います。

サスペンスの手法で書かれ推理の要素も含んでいますが、どちらかと言えば青春もののような気がします。主人公である旭の正義感や行動力が強く印象に残りました。未成年のせいか、全体的に健気な3人というイメージ。もちろん、推理ものとして読んで楽しむこともできます。私は深く考えずに読んでいましたが。

予想外の展開や隠された真相があるのだろうかと期待しながら読んでいたのですが、そういうことはありませんでした。何か期待し過ぎていたのかもしれません。でも、もう少し何かインパクトが欲しかったかなとも思います。

一応、事件は区切りのよいところまで進みますが、完全には終わりません。2巻へ続きます。それを知らずに読んで、最後で驚いてしまいました。これから読む人は注意してください。



ちょっとネタばれ↓
[ 2017/12/07 21:54 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

2017年11月23日(木)

The Book jojo’s bizarre adventure 4th another day 



著者:乙一 、 ‎荒木 飛呂彦
発売日: 2012/11/20

評価〔B〕 ジョジョだけど乙一らしい物語でした。
キーワード:スタンド、超能力、第4部、小説化、文庫化、

何者もその文章を拒否することはできない。(第三章より抜粋)


人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」を小説化したものです。ただし原作ではなく第4部の外伝として、杜王町に新たなスタンド使いが登場します。文章担当は乙一。挿絵は本人が描いています。

不可解な事件が発生し、スタンド使い同士は引かれあい対峙する。原作を踏襲した展開で、違和感はあまり感じませんでした。現在起きている出来事と、全ての発端となった事件が交互に語られ、徐々に繋がりが見えてくるのが良かったです。新登場のスタンドは、個人的にはあまり強くないと思うけれど、使用者が使い方を熟知していて戦闘も盛り上がりました。

しかし、全て原作通りかと言えばそうでもなく、良くも悪くも別の人が書いたものだと感じました。特に、物語の締め方に乙一らしさが強く出ています。物悲しいというか切ないというか。著者の他の小説を読んだことのある方なら分かるかと思います。

できれば終業式の夜、家での出来事を全部書いてほしかったかな。見方によっては一番肝心な場面だったので。




[ 2017/11/23 21:38 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年09月28日(木)

死人の声をきくがよい 10 



著者:ひよどり祥子
発売日: 2017/9/20

評価〔B+〕 週末はアポカリプスだ!
キーワード:ホラー、霊感、オカルト、

「500年振りに出てくる。うふふふふふふふ」(本文より抜粋)


相変わらず岸田純は良く生きているな、と思わずにはいられません。

このホラー漫画の怖いところは、怪奇現象なのか、未知の生物の仕業なのか、はたまた宇宙人なのか、パッと見て分からないところです。それらのどれでもなく、常軌を逸した人間の行動のときもあります。真相が明らかになるまでどこか落ち着きません。

曾祖母の話は前後編で長いこともあり印象に残りました。「時と場所をわきまえろ」や「こんな時のために」なんて台詞、どうやったら思いつくのか。凄いセンス。

最後の岸田の旧友の話で、ある事実が発覚します。アハハと笑われていますけど大事です。これからどうなってしまうのか。



[ 2017/09/28 21:40 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)