FC2ブログ







2018年12月06日(木)

幽麗塔 5 



著者:乃木坂 太郎
発売日: 2013/5/30

評価〔B+〕 死番虫、大胆だよね。
キーワード:サスペンス、戦後、

・・・・・・あいつがやって来た・・・!!(本文より抜粋)


渦中の本の謎が明かされてからは、テンポよく進み面白かったです。

目を引いたのは、そろそろ本性が暴かれそうな丸部道九郎。うーん、あれでは沙都子があのような態度を取るのは仕方ないです。能力と性格が比例していない良い例ですが、実際にいそうですよね彼みたいな人。また、某活動グループも妙な現実味があって興味深いです。細かい点も丁寧に作られているので、古いのにも関わらずあまり違和感を感じません。

天野とテツオから丸部親子へと主導権が移っていきそうですが、もう1つ2つ大きな転機がありそう。



スポンサーサイト
[ 2018/12/06 21:49 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年12月06日(木)

幽麗塔 4 



著者:乃木坂 太郎
発売日: 2013/1/30

評価〔B+〕 昭和でジェンダー論。
キーワード:サスペンス、戦後、

「あんな谷底に、村が・・・」(本文より抜粋)


地下での事件後、天野とテツオは一冊の本に注目し、新たな手掛かりを求めて動き出します。

またも本編からずれてサイドストーリーへと突入しますが、ただのサスペンスではなくジェンダー問題と絡めて展開していくのがなんとも新鮮です。時代が現代でしたらよくありそうですが、昭和とジェンダーの組み合わせは目新しく、あれこれ考えてしまいます。シリーズとしては進まないので良くなかったですが、これ単体で見ると興味深い事件でした。

事件の結末は、うーん、なんかすっきりしないなあ。いや、分かるのですがもっと分かりやすく終わってほしかったです。



[ 2018/12/06 21:47 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年11月18日(日)

幽麗塔 3 



著者:乃木坂 太郎
発売日: 2012/7/30

評価〔B+〕 あの謎の人物・・・・・・
キーワード:サスペンス、戦後、

「あのう・・・ここに入ったんじゃないですかね?」(本文より抜粋)


物語はサイドストーリーから本編に戻り、大きく動きます。予期せぬことからある秘密が明るみに出るのですが、ホラー映画のような緊迫感があって良かったです。実際にその場にいたら、そうとう怖いと思います。

暴力的で痛々しい描写がいくつかあるので、苦手な人には読むのが辛いかもしれません。Amazonの書評にも、そのようなことを書いている人もいますし。こうした描写が減るとは思えないので、苦手だったらおすすめしません。

最後のテツオの決断がどうでるのか。次が早く読みたくなる引きでした。



[ 2018/11/18 10:32 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年11月08日(木)

幽麗塔 2 



著者:乃木坂 太郎
発売日: 2012/2/29

評価〔B〕 サイドストーリー編?
キーワード:サスペンス、戦後、

「お前に一週間時間をやろう」(本文より抜粋)


大きな目標を達成するために、違う小さな事件の解決に努める、なんだかRPGのような展開になってきました。それはそれで退屈せずに面白いのですが、あまり脇道にそれると「なぜこの人たちはこんなことをしているんだ?」と混乱してしまうかもしれないので、おおもとの事件と適度に織り交ぜてほしいですね。

事件を追えば追うほど関係者が増え複雑になってきますが、こうした寄り道のような事件に登場した人が重要人物であることも多々ありますので、頭の片隅に置いて読み続けようと思います。




[ 2018/11/08 21:00 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年11月08日(木)

幽麗塔 1 



著者:乃木坂 太郎
発売日: 2011/11/30

評価〔B〕 みんな怖いし怪しいです。
キーワード:サスペンス、戦後、

「もし君が、僕についてくれば、金も名誉も女もすべて手に入るけど?」(本文より抜粋)


うだつがあがらない青年が、突如現れた謎の男性に危機を救われ、幽霊が出ると噂される塔と関わっていくことになるサスペンスです。創作ではよくありそうな始まり方ですが、戦後間もない頃の神戸とよく合っていて引き込まれます。

サスペンスらしく不穏な雰囲気に満ちていて、猟奇的な場面や扇情的な場面があるので、人を選ぶ作品かもしれません。しかし、謎が謎を呼び、また登場する人物は皆怪しいので、好奇心が刺激され早く次が読みたくなる漫画でもあります。謎を解こうにもまだまだ序盤なので、物語はこれからといったところです。

本書は、黒岩涙香の小説「幽霊塔」のオマージュらしいです。私は黒岩涙香は名前しか知りませんでしたが、この漫画を完結まで読んだらそちらを読んでみるのも良いかもしれませんね。



[ 2018/11/08 20:58 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)