FC2ブログ







2019年10月06日(日)

無能なナナ 5 



著者:るーすぼーい、古屋庵
発売日: 2019/7/12

評価〔A-〕 橘も強いよね。
キーワード:能力者、学園、サスペンス、アクション

「いや、恐ろしい男だね」(本文より抜粋)


心が揺れるナナの前に上司が登場します。ナナを教育した人間みたいだからどのような人物なのかなとあれこれ想像していたのですが、彼の言動を見てナナがあのようなのも納得しました。概ね橘と同意見です。彼の上にもさらに上司がいるのでしょうか?

今までは変化があったとはいえナナと人類の敵との戦いが主軸でした。今もそれは続いていますが、いくつもの事件を経て物語は大きく動き始めました。次の巻から新章らしいのでまったく違った戦いになる可能性もあります。表紙の彼もどう動くのか。読んでいて最初の頃と同じくらいのめり込みました。

本編とは関係ありませんが、本がどんどん厚くなるのが気になります。区切りが良いところで切りたいのかもしれませんが、個人的には早めに区切って刊行ペースが早いほうが嬉しいですね。



スポンサーサイト



[ 2019/10/06 18:45 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年04月06日(土)

はっぴぃヱンド。 5 〔完〕 



著者:有田イマリ
発売日: 2019/1/22

評価〔B+〕 読後感は悪くなかったかな。
キーワード:田舎、日常系、ホラー、サスペンス、

「さて、答え合わせをしようか」(本文より抜粋)


首謀者との賭け、茜の作戦の結末が描かれます。最終巻です。

村の秘密や首謀者の意図など明かされた真実もありますが、全てがすっきり終結するわけではないのが残念でした。まだまだ物語は続くので半端な印象を受けますが、個人的に知りたかった事柄は分かったので不満よりは満足のほうが大きいです。あまりに半端なところで終わってしまうと物足りなさばかりが目立ってしまうので、切りが良いのが救いです。

あとがきを読む限りでは考えなしの結末とは思えないので、できればこの事件の全貌を見たかったですね。辻褄を合わせるのは容易ではないけれど、著者ならできそうですので。

駆け足で終わった感もあるので、きちんと理解できていない箇所が多そうです。後で1巻から読み直します。


少しだけネタばれ話↓
[ 2019/04/06 21:18 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年03月16日(土)

はっぴぃヱンド。 4 



著者:有田イマリ
発売日: 2018/9/21

評価〔B〕 賭けの行方。
キーワード:田舎、日常系、ホラー、サスペンス、

「もうすぐ・・・私が全部終わらせるから」(本文より抜粋)


あの人物との賭けに勝つため、茜が奮闘します。

序盤12話の茜の答えは私も勘でそうじゃないかなと思っていた答えと同じで、なんだかちょっと嬉しかったです。結構あの結論に達した人はいるんじゃないのかな。

また同じ12話で某が「別の・・・」と言っていたのもかなり気になります。茜にも読者にも明かされていない何かが確実にあり、それを知らない限り答えに行く着くのは難しいと思います。

前も書きましたけど読者が推理できるようになっているのでしょうか? それともその点はあまり重要ではないのかな。次で最終巻ですが果たして説得力のある終わり方になるのか。納得できる結末であって欲しいです。



[ 2019/03/16 18:41 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年03月16日(土)

はっぴぃヱンド。 3 



著者:有田イマリ
発売日: 2018/4/21

評価〔B+〕 一歩進んだけど。
キーワード:田舎、日常系、ホラー、サスペンス、

あぁそうか―――やっと繋がった(本文より抜粋)


いくつかのヒントを見つけ、真相解明に全力を尽くす茜。仮説を立ててついにある真実にたどり着きますが、これは予想していませんでした。驚きです。いやー、まあしかしこれならば納得できる、かな。

真実を知り大きく前進しましたが、新たなる謎も出現しました。明確な目標ができ、なんだかホラーからミステリーっぽくなってきた気がします。やはり訳が分からない状況のほうがずっと怖いということですね。

最後のページで早くも・・・・・・となっていますけど、うーん、まだ何か謎が残されていそう。


[ 2019/03/16 18:40 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年03月09日(土)

死人の声をきくがよい 12 〔完〕 



著者:ひよどり祥子
発売日: 2019/2/20

評価〔B-〕 それなりの形にはなったけれど。
キーワード:ホラー、霊感、オカルト、

「自分の身に何か起こる前に、ちゃんと決断しなきゃと思ってる」(本文より抜粋)


まさかの最終巻です。11巻ではまだ終わる雰囲気ではなかったので、唐突で驚きました。

急ではありますが登場人物たちにそれぞれの結末が用意されています。以前から用意されていたようにみえる幕切れもあれば、なんだか雑にみえる決着のつけ方だなあと感じるものあり、著者にとって不本意な完結だったのではと勘ぐってしまいます。せめてもう1冊あればもっと綺麗に、まとまって終わったのではないでしょうか。ただ、一番肝心なあの人物の結末だけはしっかりしていたので、その点は良かったです。

もうこれ以上彼と彼女の物語を読むことができないのは残念ではありますが、今まで楽しませてもらいました。次回作を期待しています。




[ 2019/03/09 21:37 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)