2016年06月15日(水)

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの 



著者:松尾 豊
発売日:2015/3/10

評価〔A-〕 超えるのはもうしばらく先になりそうだけど・・・・・・。
キーワード:人工知能、科学、コンピュータ、IT、

ディープラーニングによって、これまで人間が介在しなければならない領域に、ついに人工知能が一歩踏み込んだのだ。(本文より抜粋)


日本で屈指の人工知能の研究者が、人工知能がどのように発展してきたか、人工知能にとって何が難しいかを、分かりやすく解説しています。

上のサムネイルは単行本版ですが、所持しているのはKindle版なので、アニメ「イヴの時間」で登場する人工知能が表紙のものです。そういえば、数年前、学会誌にアニメ風のイラストを使用したことで話題になったことがありました。それが著者が編集長を務めたものだそうです。

人工知能をレベル分けして、流通倉庫の労働者や天気予報を例にした説明は、かなり分かりやすく面白かったです。後者の説明によって、ディープラーニングと特徴が完全に理解したとは言えませんが、分かったような気になりました。自分で概念を獲得する、つまり自分で物事を区別する線引きができるようになるのは、相当凄いですねよ。

そうして得た意味・概念が、人間のものとかなり違ってしまう可能性があり、今度は人間と人工知能とのやり取りを難しくと予測しているのは、専門家ならではの発想だと思いました。これは本能の話と連結していて面白いです。生物が持つ本能も、もしかしたら人工知能が獲得する日が来るのかもしれません。

欲を言えば、もう少し現在の研究を紹介してほしかったです。半分くらい人工知能の歴史でしたので、新しい事例を知りたかった。また、技術的な記述が多いので、機械で生活や社会の仕組みがどう変化するのかを知りたい方には、やや物足りない内容かもしれません。

本書の題名の問いには、最後に答えが書かれています。科学者・研究者の予想は当たるとは限りませんけど、最先端を走っている著者が言うと説得力がありますね。どうなるんだろう。



スポンサーサイト
[ 2016/06/15 22:07 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)