FC2ブログ







2019年09月18日(水)

アイドランク 2 



著者:宮場 弥二郎、 さきしまえのき
発売日: 2018/8/8

評価〔B+〕 幸子の将来が心配です。
キーワード:アイドル、お酒、アルコール、コミカル、

「片手で!?」(本文より抜粋)


アイドルたちが隙あらば呑む酔いドルコメディです。

本書ではやくも登場人物が増え、増々賑やかになっていきそうです。でも目立っているのはやはり全人類の妹かな。表紙で見せている姿からは想像できないほどの活躍ぶりです。中盤で選んだツマミに個性が出るという話題になりますが、全人類の妹は通ですね。酒好きの人はあれをツマミにする人が多いとか。

なにはともあれ彼女たちはどんどんアルコールを飲みます。飲んでばかりで中毒なのかと疑ってしまうくらいです。ギャグとツッコミに勢いがあって、飲むのがダメな人でも雰囲気を楽しむことができそうですよ。


スポンサーサイト



[ 2019/09/18 21:37 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年09月08日(日)

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? 7 



著者:ぽんとごたんだ
発売日: 2019/8/28

評価〔B〕 絵柄が少しだけ変わった?
キーワード:グルメ、食材、雑食、珍味、

「海外では古くから食用としている地域があり、万能薬と信じられていたそうです」(37食めより抜粋)


この漫画を読んでいると、人間の食への好奇心と探究心は尽きることがないのかなと様々な感情がわきあがりました。

今回もあれこれ食べています。番外編では話には聞いていたけれど見たことのなかった食材が写真付きで掲載されていて、驚くとともに興味深く読みました・・・・・・いやー、私は遠慮したいです。

いつもどおり味は正直に書いてあって好きです。著者が実食しているだけありますね。さすが。なんかそのうち食べたことのないものまで挑戦しそうな勢いです。




[ 2019/09/08 21:34 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年06月24日(月)

アイドランク 1 



著者:宮場 弥二郎、 さきしまえのき
発売日: 2018/5/10

評価〔B+〕 幸子は明らかに飲み過ぎです。
キーワード:アイドル、お酒、アルコール、コミカル、

すいません! ほんっとすいません! 酒飲んでます! 超美味しいですココ!!(本文より抜粋)


アイドルが美味しく可笑しくアルコールを呑むお酒漫画です。

呑んでいる場面が多いです。表紙よりは裏表紙のイメージのほうが本編に違いです。美味しそうに飲む姿は楽しそうですし、専門家ぶる人はいないし、食べ物に対する過剰なコメントもありません。グルメ漫画の一種ですが気軽に読めます。

もちろんもう一つの要素、アイドルの要素も程よくあり、うまく笑いに繋げています。アイドルとお酒のバランスが良いのでしょうか。テンポよく飲み、いや話が進むので勢いがあります。

どのお酒も高価でなく庶民的なものばかりだと思いますので、試しに自分で呑んでみるのも良いかもしれませんね。



[ 2019/06/24 19:13 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年04月23日(火)

最後のレストラン 10 



著者:藤栄道彦
発売日: 2017/11/9

評価〔B+〕 同じパターンですが面白いです。
キーワード:料理、偉人、歴史、グルメ、

「多分、ひと口で勝負つくわ」(本文より抜粋)


店の状況が変化し登場人物も増えて、少しずつではありますが変化が見られます。しかし、劇中で某が言っているように、園場はあまり変わっていないように見えます。彼は変わらないけれど、周囲の人々が彼によって変わったのでしょう。

難しい注文をうまくこなす姿は相変わらず格好良いです。漫画としては教訓はほどほどで説教くさくないのが丁度いいと思います。著者の主張が強過ぎると娯楽としては面白くなくなってしまいますので。

残念ながらお見合い相手の好美の出番は少なく、恋愛事情の変化はありません。10巻を超えたので次はそろそろ大きく動くのかな。


[ 2019/04/23 22:39 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年02月28日(木)

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? 6 



著者:ぽんとごたんだ
発売日: 2019/1/28

評価〔B〕 見た目に反して味は普通なのが多い?
キーワード:グルメ、食材、雑食、珍味、

「しこたまビビッてしこたま喰らいなさい・・・!」(33食めより抜粋)


いつもの二人がある施設へ行き、食べなれない生き物の料理に挑戦します。知人が行って食事をしたことのある実在する施設なので興味津々でしたが、食事だけではなく展示もあり、まさにあの生き物づくしと言ったところです。肝心の料理ですが、見た目はともかく味はよさそうで機会があったら挑戦してみたいですね。

また、昆虫大好き楢崎君の知人としてこれまた実在する人物が登場します。読んでいるときはてっきり想像上の人物かと思っていたのですが、調べてみて驚きました。事実は小説よりも奇なり、かもしれない。

毎度のことながら著者が実際に挑戦しているのは頭が下がります。しかし、考えてみたら自分が見慣れない食べ慣れないだけで、他の国や地域では普段から食べられているので、食べても全然不思議ではないんですよね。そう思うと面白いだけでなく勉強になります。



[ 2019/02/28 20:59 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)