FC2ブログ







2019年06月24日(月)

アイドランク 1 



著者:宮場 弥二郎、 さきしまえのき
発売日: 2018/5/10

評価〔B+〕 幸子は明らかに飲み過ぎです。
キーワード:アイドル、お酒、アルコール、コミカル、

すいません! ほんっとすいません! 酒飲んでます! 超美味しいですココ!!(本文より抜粋)


アイドルが美味しく可笑しくアルコールを呑むお酒漫画です。

呑んでいる場面が多いです。表紙よりは裏表紙のイメージのほうが本編に違いです。美味しそうに飲む姿は楽しそうですし、専門家ぶる人はいないし、食べ物に対する過剰なコメントもありません。グルメ漫画の一種ですが気軽に読めます。

もちろんもう一つの要素、アイドルの要素も程よくあり、うまく笑いに繋げています。アイドルとお酒のバランスが良いのでしょうか。テンポよく飲み、いや話が進むので勢いがあります。

どのお酒も高価でなく庶民的なものばかりだと思いますので、試しに自分で呑んでみるのも良いかもしれませんね。



スポンサーサイト
[ 2019/06/24 19:13 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年04月23日(火)

最後のレストラン 10 



著者:藤栄道彦
発売日: 2017/11/9

評価〔B+〕 同じパターンですが面白いです。
キーワード:料理、偉人、歴史、グルメ、

「多分、ひと口で勝負つくわ」(本文より抜粋)


店の状況が変化し登場人物も増えて、少しずつではありますが変化が見られます。しかし、劇中で某が言っているように、園場はあまり変わっていないように見えます。彼は変わらないけれど、周囲の人々が彼によって変わったのでしょう。

難しい注文をうまくこなす姿は相変わらず格好良いです。漫画としては教訓はほどほどで説教くさくないのが丁度いいと思います。著者の主張が強過ぎると娯楽としては面白くなくなってしまいますので。

残念ながらお見合い相手の好美の出番は少なく、恋愛事情の変化はありません。10巻を超えたので次はそろそろ大きく動くのかな。


[ 2019/04/23 22:39 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年02月28日(木)

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? 6 



著者:ぽんとごたんだ
発売日: 2019/1/28

評価〔B〕 見た目に反して味は普通なのが多い?
キーワード:グルメ、食材、雑食、珍味、

「しこたまビビッてしこたま喰らいなさい・・・!」(33食めより抜粋)


いつもの二人がある施設へ行き、食べなれない生き物の料理に挑戦します。知人が行って食事をしたことのある実在する施設なので興味津々でしたが、食事だけではなく展示もあり、まさにあの生き物づくしと言ったところです。肝心の料理ですが、見た目はともかく味はよさそうで機会があったら挑戦してみたいですね。

また、昆虫大好き楢崎君の知人としてこれまた実在する人物が登場します。読んでいるときはてっきり想像上の人物かと思っていたのですが、調べてみて驚きました。事実は小説よりも奇なり、かもしれない。

毎度のことながら著者が実際に挑戦しているのは頭が下がります。しかし、考えてみたら自分が見慣れない食べ慣れないだけで、他の国や地域では普段から食べられているので、食べても全然不思議ではないんですよね。そう思うと面白いだけでなく勉強になります。



[ 2019/02/28 20:59 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年09月20日(木)

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? 5 



著者:ぽんとごたんだ
発売日: 2018/8/28

評価〔B〕 動物園を全て制覇しそうな勢い。
キーワード:グルメ、食材、雑食、珍味、

「ジビエの本流フランスでは人気メニューの一つなんですって!」(29食めより抜粋)


食べることなど考えたことのない生き物たちを、相変わらず勢いよく試食していきます。

4巻の終盤にちょっと登場した生徒、八重樫さんはこの漫画では珍しいタイプの子です。こうした価値観の登場人物がでてきて、二人はどのように影響を受けるのか気になります。どちらかというと彼女のほうが二人に影響を受けそうですが。

食材となる生き物は食べるなると驚きますが、食べた感想を見ると少し挑戦してみようかなと時々思ってしまうのが不思議です。昆虫よりは獣のほうが興味あるかな。

慣れてきてしまったので次はもう少し変化が欲しいところです。



[ 2018/09/20 23:05 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年07月07日(土)

ギリギリアウト 6 〔完〕 



著者:ソウマトウ
発売日: 2018/6/27

評価〔B+〕 よく6冊も描いたものです。
キーワード:尿意、トイレ、ギャグ、学園、恋愛、ラブコメ、

「そういえば、何か話した覚えがある・・・」(本文より抜粋)


ついに最終巻です。友情や恋愛、そしてハナのあの呪いと色々なことにケリをつけるため、二人は動き出します。

今回も相変わらずアウトになるのですが、ただ単にアウトになるのではなく、読者の予期しないタイミングで、もしくは予期しない状況でアウトになってしまうのが凄いです。また、5巻の感想でも書きましたが、言葉選びのセンスも凄い。誕生日のエピソードはなんかもう色々と酷いです(褒めています)。おまけのボツネタ供養を読む限り、まだまだ発想はつきそうもなさそうなのが頼もしいやら怖いやら。

何回「なんだよこれ(笑)」と思った事か。笑わせてもらいました。1話を読んだ時はまさかここまで続くとは思いませんでした。しかし、よくある他の漫画のように単なる恋愛ものになることなく、ギリギリアウトらしさを損なわずにすっきり完結できて良かったです。




[ 2018/07/07 20:45 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)