FC2ブログ







2013年01月11日(金)

大東京トイボックス5 

大東京トイボックス 5 (バーズコミックス)大東京トイボックス 5 (バーズコミックス)
著者:うめ
出版:幻冬舎コミックス
発行:2010/01/23

評価〔B+〕 創作活動は大変です。
キーワード:ゲーム業界、社会人、新入社員

でも、もう一度確かめたいんです。みんなの気持ち。(本文より抜粋)


ゲーム業界漫画も5冊目に突入しました。紆余曲折する「デスパレートハイスクール」の開発ですが、須田が会議で重要な決定を下します。そして、ついにむかえたα審査、それぞれの思惑が交錯します。

前の巻に引き続き、物を創作する側の葛藤はもちろん、企業で働く社会人としての責任や個人の希望や夢についても描かれていて目を惹かれます。太陽の立場だけでなく、組織の一番上に立つ月山や電算花組の半田の心中に触れているのが良いですね。

後半のゲームセンターでのある出来事が、太陽と仙水の少年時代の話と共に進行し盛り上がります。この漫画らしい展開です。この巻の序盤の台詞、「だからゲーム屋やってんだろ?」を思い出させてくれます。

終盤の会議のせいで、次の巻は荒れそうだなあ。ソリダス品証部の卜部も色々活動していて、デスパレにも絡んできそうな予感がします。このゲームが世に出るときに笑うのは誰なのでしょうか?




[ 2013/01/11 22:58 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2012年11月22日(木)

大東京トイボックス4 

大東京トイボックス 4 (バーズコミックス)大東京トイボックス 4 (バーズコミックス)
著者:うめ
出版:幻冬舎コミックス
発行:2009/06/24

評価〔B〕 創作活動は大変です。
キーワード:ゲーム業界、社会人、新入社員

「どうもこのところG3の進捗が悪い気がして」(本文より抜粋)


SOUPの「デスパレートハイスクール」を開発中に起きたマサの事件でしたが、それも一段落し次のステップへと進みます。

再び順調にいくかと思われましたがすんなりと進まず、クリエイターの職場の描写に現実味があっていいです。ちょっとしたことで皆の気持ちがズレてしまったり、時間の制約も考慮しなければならなかったりと、社長である月山の気苦労は理解できます。

一方、仙水も上役に目をつけられながらも、自分の目的達成のため行動しつづけます。今回、ソードクロニクル4の開発話、そして彼と太陽の過去が語られますが、彼らの現状と比較してみると興味深いですね。ゲームクリエイターは芸術家ではないことがよく分かります。

雲行きが怪しくなってきた「デスパレートハイスクール」が、最終的にどのような形となるかが気になります。それと、モモが話の中心から遠ざかっているのが少々残念です。今後の彼女の活躍に期待しています。



[ 2012/11/22 22:49 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2011年10月14日(金)

大東京トイボックス3 

大東京トイボックス 3 (バーズコミックス)大東京トイボックス 3 (バーズコミックス)
著者:うめ
出版:幻冬舎コミックス
発行:2008/10/24

評価〔B+〕 始動したSOUPの行方は
キーワード:ゲーム業界、社会人、新入社員

「企画にとって何がいちばん大切かわかるか?」(本文より抜粋)


ソリダスワークス主催の共同開発事業SOUP。主宰者仙水の真の意図は明らかにされないまま、ついに第一次審査が開催されます。これにスタジオG3と電算花組は、「デスパレートハイスクール」で挑みます。

仙水が最高責任者だけあって突拍子もない審査ですが、あれぐらい強引でなければ業界全体が動かなさそうですね。彼とソリダスユーロからきた卜部との腹の探りあいも、いかにも大企業っぽくて良いです。

一方、固い信念を持ってゲームを作る太陽でしたが、その姿勢が揺らぎます。部下の仕事の割り振り、他社との共同作業と、小さな会社とはいえ人の上にたつ難しさがうかがえます。ディレクターも大変だ。それはそうとディレクターとプロデューサーってどう違うんでしょうか。現場監督と総監督みたいなもん?

今回もモモの熱意が伝わってくるシーンがありました。怖いくらい。あれほどの覚悟があれば凄いと思います。彼女と太陽が、今後どうのように成長していくのか注目です。




[ 2011/10/14 20:33 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2011年08月27日(土)

ネトゲ廃人 

ネトゲ廃人ネトゲ廃人
著者:芦崎治
出版:リーダーズノート
発行:2009/05/01

評価〔B-〕 題名の意味を知らない貴方へ
キーワード:ネトゲ廃人、ネット、子供、教育、社会問題

「ところが、ある一線を越えてしまうと、もうゲームじゃなくなってくるんです」(第7章より抜粋)


数年前、ネットゲームで遊んでみようか迷ってた時期がありました。その時に、偶然「今からネットゲームをする人を止めるサイト」のようなところを見つけ、ネトゲ廃人たちの体験談を読み、大変驚いたのが印象に残っています。ネトゲ廃人とは、簡単に言えばネットゲームに凄くはまっている人のことを指します。中毒ではなく廃人です。はまりすぎて現実の生活にしている、そんな彼・彼女たちの体験談をまとめた本です。

ゲームは好きだけどネットゲームには疎い著者が、現役あるいは元ネトゲ廃人たちにインタビューをしたものが書かれています。数多くの人たちから集めているため、様々な意見や経験がつめられています。ネトゲに心を奪われた理由は十人十色で、ゲーム仲間との繋がりだったり恋愛だったりと、単にゲームが面白いからではないことが分かります。ネットでは現実とは違って、他人とすぐ心が通じ合う感覚があり、そのため夢中になりやすいという意見は、分かるような気がします。また、彼・彼女たちは廃人にならないためには「やらないこと」、自分の子供には「やらせない」と言っていて、経験者の言葉の重さを感じ、唸ってしまいました。

ネトゲ廃人が社会問題となっている韓国の例も取り上げて、客観的になっているのは良いのですが、著者が経験者でないためどうしても単調になりがちなのが残念です。我を忘れて遊ぶ姿や、プレイ時の台詞のやり取りや心境の変化などは、ネットにあがっている体験談のほうが興味深いです。上記のサイトのほうが生々しさやあって、言い方は悪いのですが面白かったですね。個々の記事を少し減らし、もう少し掘り下げてくれれば、より怖さが理解できるものとなったのでは。


テレビやネットで知っている方には、あまり目新しさはありません。ですが、まったく知らない方には、ネットゲームを始める前に読み、こういう可能性もあることも知っておいてもらいたいです。





[ 2011/08/27 21:09 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2011年08月24日(水)

大東京トイボックス2 

大東京トイボックス 2 (バーズコミックス)大東京トイボックス 2 (バーズコミックス)
著者:うめ
出版:幻冬舎コミックス
発行:2007/09/22

評価〔B+〕 ゲームを通した社会人漫画
キーワード:ゲーム業界、社会人、新入社員

「そちらの考える『いいゲーム』とは何か?」(本文より抜粋)


1巻は紹介とモモに焦点を当てた話でしたが、今度は大手ゲーム会社ソリダスが前面に出て、スタジオG3を含めたゲーム業界全体の話となります。

きっかけはソリダスの局長・仙水の考えた構想。大きな企業の大きな企画が中小企業を翻弄するのは、どの分野でも同じだと思います。流れにのるのか、違う路線で張り合うのかは、体力のない会社にとっては存亡をかけた選択です。また、今回登場する別の中小企業の電算花組は、いかにも実在しそうな会社です。花組の社長も個性豊かで、仙水とも太陽とも違う野心が垣間見えて面白いです。見せ場は、終盤G3が提出する企画書。相変わらずアツい。こういう仕事ぶりはホント格好良いです。

一方、動き出した仙水ですが、彼は何を考え、何を目指しているのか。すぐには明らかにはなりそうにありませんが、大企業のサラリーマンはどのような野望を抱くのか、それによって物語はどう展開していくのか興味があります。

野心、夢、やりたいことと様々な思惑をかかえながら働くキャラクターたちは魅力的です。生き生きしています。まだまだ序盤で、今後どんどん面白くなっていきそうで期待できそうです。




[ 2011/08/24 21:36 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)