2017年08月24日(木)

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? 2 



著者:ぽんとごたんだ
発売日: 2017/3/11

評価〔B〕 実体験なので説得力があります。
キーワード:グルメ、食材、

「これは合理化効率化を追求する、忙しい日本人のためのハイブリッド食材。これは海鮮に新しい波が来る!」(10食めより抜粋)


食べることへの欲望と好奇心を満たすため、2巻も珍味に挑みます。

徐々に、食べるなど考えたこともない食材が増えてまいりました。食べられそうなものとそうでないものの差がひどい。先生がペット用だとつっこみを入れた生物なんて、食べるところがあるのかなーと半信半疑でしたけど、結果は意外でした。いや、まだ半信半疑かな。

驚いたかつ感心したのは、あとがきによると著者が劇中の料理を実際に食べていることです。食べたの感想があっさりしているけど、説得力があるのはそういうことだったんですね。エピソード間の写真を見ると、どれも生々しくて強烈です。

食べたくなるかどうかはともかく面白いので、この調子でどんどん突っ走ってもらいたいです。



スポンサーサイト
[ 2017/08/24 21:55 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年06月08日(木)

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? 1 



著者:ぽんとごたんだ
発売日: 2016/9/12

評価〔B+〕 2食めくらいまでなら食べてみても・・・・・・。
キーワード:グルメ、食材、

「というわけで今回の主役食材でーす」(2食めより抜粋)


グルメ漫画は食べ慣れたものを工夫してさらに美味しく!という印象がありますが、本書は多くの人が食べたことがなさそうな食材に挑戦してみる一風変わった食の漫画です。

あー、あれって食べられるらしいけれど、実際には食べたことがないぐらいのものが多く登場しています。どう調理するのか分からない食材を、下準備から紹介しているのが興味深いです。味付けはもちろん、シメる方法もきちんと・・・・・・。

基本的に主人公の女子高生・桐谷さんが、近所にすむ生物の先生を巻き込んで話は進みます。このジャンルにありがちな、女の子が妙に色っぽい感じで食べることはなく、かと言って長い説明が披露されることもなく、コミカルで勢いがあり楽しいです。あの雰囲気が気に入るかどうかは、好みがわかれるかもしれませんね。

あまりグルメに興味がない人も楽しめる作品です。食べる気になるかどうかは別として。1巻だというのに既に強烈な食材が登場していて、今後どうなってしまうのか、期待と不安が入り混じった心境です。



[ 2017/06/08 20:07 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)