2016年10月20日(木)

ナナマルサンバツ 11 



著者:杉基 イクラ
発売日: 2015/12/2

評価〔B〕 予選は佳境に入ります。
キーワード:クイズ研究会、学園、部活、早押し

「先輩、このクイズ、僕も絶対通過したいです」(本文より抜粋)


SQ関東予選の続きです。残りの枠をかけて参加者たちは競い合います。

この予選に出てくるクイズは、読者も楽しめるであろう難易度で面白いです。某チームに出題された活火山の問題は、結構分かりそうで分からない、難しいけれど解けそうな気もするレベルで良いですね。クイズ研究会の人たちにとっては簡単なのかもしれませんが。

仲間と参加する部活動の良さと勝負の厳しさが、、清々しく描かれています。終盤、予選第1ラウンドの残り一枠をめぐる争いが、早押しクイズとは違った運動会のようなワクワク感があり、盛り上がりました。

また、ある二人の会話から、重要なことが明らかになります。これ、ずっと先の展開まで予想できてしまいそうで、明かすのはまだ早かったんじゃないのかなとも思います。後々、大事になりそう。

いつのも巻末クイズは50問中28問正解でした。当たらないものですね。





スポンサーサイト
[ 2016/10/20 22:02 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2016年10月07日(金)

ナナマルサンバツ 10 



著者:杉基 イクラ
発売日: 2015/7/4

評価〔B〕 知識だけでは勝てません。
キーワード:クイズ研究会、学園、部活、早押し

「まもなく第1ラウンド、開始です!!」(本文より抜粋)


大会直前の様子、そしてSQ関東予選がついに開幕します。文蔵はもちろん、例会に参加していた高校も登場し、夏の一大イベントとなりそうです。

今回はあるチームにスポットが当たります。主人公たちの文蔵クイズ研究会とは違った強みのあり、予選序盤の変わったクイズでその魅力を発揮してくれます。こうした風変わりなクイズは面白いです。参加してみたくなります。

大会がネットで生中継されているのが今風です。ネットの画面にも会場の画面にもコメントが流れ、まるで某投稿サイトのようです。もし、大きなクイズ大会がネット関連企業の主催で行われるのなら、こんな感じになりそうですね。

厳しい予選は始まったばかりです。長くなりそうですが、中だるみせずにこの勢いで続いてほしいですね。巻末クイズは50問中32問正解でした。○×クイズなのに6割くらいしか当たらなかった。




[ 2016/10/07 21:46 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2016年01月20日(水)

ナナマルサンバツ 9 



著者:杉基 イクラ
発売日: 2014/12/26

評価〔B〕 大きな大会へ向けて。
キーワード:クイズ研究会、学園、部活、早押し

「SQ全国のでっかい舞台で、派手に戦おうや!」(本文より抜粋)


高校生の競技クイズの大会、SQに向けて、各学校の準備が整いつつあります。

今まで少ししか出番がなく、クイズが強いらしいとしか情報がなかった天満兄弟ですが、今回彼らのクイズの実力が明かされます。実力もそうですが、彼らの特徴が凄いです。実際にいるクイズに強い人も、あれができるのでしょうか。だとしたら、とても素人が太刀打ちできるレベルではありません。なんかもうプロフェッショナルです。お金は稼いでいないけど。

文蔵高校以外の高校、例会で競い合った高校もぞくぞくと出場チームを決め、熱を帯びはじめてきました。例会でも存在感を見せつけた宮浦が熱いです。

全体的に9巻以降への準備といった感じでした。合宿自体が次への練習だからしかたないですが、その分SQは盛り上がってくれることでしょう。

巻末のペーパークイズは50問中18問正解でした。あー、難易度はそれほどでもなさそうですが、詳しくない分野なので分からない問題ばかりでした。読者の平均点ってどのくらいなんだろう?




[ 2016/01/20 20:05 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年11月14日(土)

ナナマルサンバツ 8 



著者:杉基 イクラ
発売日: 2014/7/3

評価〔B-〕 どんどん玄人っぽくなってきました。
キーワード:クイズ研究会、学園、部活、早押し

文蔵高校クイズ研究会の2泊3日強化合宿がスタートした。(本文より抜粋)


深見家での対決に決着がつきます。そして、文蔵高校の面々はクイズ大会へ向けて、笹島が決めた某所で合宿を始まります。

回想シーンで、一年前に何が起きたのかが語られます。あの人たちの過去はもっと壮絶なものかと思っていたのですが、それほど意外なものではありませんでした。結構あっさり描かれていたので、まだ続きがあるのかもしれません。また、日本のクイズの歴史も紹介されていて、興味深かったです。最近、なにかの折に昔のウルトラクイズの映像を見たのですが、今の高校生クイズよりもずっとずっと楽しそうでした。

来たるべき大きな大会へ向けての準備段階なので、熱くなる場面は少なめです。しかし、何やら只者ではなさそうな人物が登場したので、次の巻は盛り上がりそうです。

恒例の巻末クイズですが、50問中27問正解でした。あの地域の人々の正解率は平均より高くなるのでしょうか。ちょっと気になります。



[ 2015/11/14 21:07 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2015年07月11日(土)

ナナマルサンバツ 7 



著者:杉基 イクラ
発売日: 2013/12/27

評価〔B+〕 どんどん強敵やライバルが増えていく
キーワード:クイズ研究会、学園、部活、早押し

「本日は麻ヶ丘例会にご参加いただきありがとうございました」(本文より抜粋)


色々な面白さを見せてくれた例会も、この巻で終わりをむかえます。終盤ではライバル対決が盛り上がりました。勝ち上がるにつれレベルはあがりますが、序盤のころの皆が楽しく真剣にクイズに挑む姿がこの例会の見どころだったのではないでしょうか。

中盤、井上が主役の話があります。越山とはまったく性格が違うだけに新鮮でした。見開きで歌詞が書かれている箇所がありますが、実際にあの歌を聴きながら読んだら、もっと感慨深くなりそうです。

次の目標も笹島の口から出て、新たなスタートを切ろうとした矢先に、ある出来事が起きます。この出来事はもっともっと先になるだろうと思っていただけに、結構意外でした。最後のクイズの行方がどうなるのか注目です。

巻末クイズは易しめだったけど37点でした。けっこううろ覚えのものが多かったです。次回もがんばります。



[ 2015/07/11 22:39 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)