FC2ブログ







2019年08月30日(金)

生徒会役員共 18 



著者:氏家 ト全
発売日: 2019/8/16

評価〔B-〕 DVD見たいなあ。
キーワード:4コマ漫画、学校、ギャグ、下ネタ

「編み物仲間が3人そろったな」「え?」(本文より抜粋)


相変わらずという言葉しか出ませんが、今までどおりのギャグです。今回もDVD付き限定版もあります。

登場人物が多いためか、出番の多い人と少ない人にはっきり分かれています。今回はウオミーを含む英稜高校の人たちが多めです。前回初登場のあの人は登場するけど少なめです。

ここ数巻はあまり大笑いすることはなくなりました。さすがに新鮮味はありませんが、飽きたわけではありません。おそらく。でも、そろそろ何か進展があっても良い気がします。


スポンサーサイト



[ 2019/08/30 22:06 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年08月22日(木)

岡本倫短編集 Flip Flap 新装版 



著者:岡本倫
発売日: 2014/7/18

評価〔B+〕 徐々に変化しているのが分かります。
キーワード:短編集、ギャグ、シリアス、SF、

「おれに出来ることは記憶の削除と追加だ」(レジストラより抜粋)


2000年のデビュー作から2011年までの8つの短編をまとめた短編集です。既に出版してある同名の短編集の新装版です。

初期からあの独特のギャグセンスなのかなと思って読んだら、熱血ものだったり切ない恋愛ものだったり様々で意外でした。顔の描き方も変化しているのが分かります。「極黒のブリュンヒルデ」のプロトタイプ読切「きみとこうかん」ではもうブリュンヒルデとほとんど変わりません。

面白かったのは「レジストラ」と「アルマージュ」です。特に「レジストラ」の夢を叶えたあの人が面白くて好きです。どう考えたらあの発想にいたれるのか不思議です。この短編は実は前に読んだことがあり、面白くて他の短編も読みたいと思ったのが本書を読むきっかけとなりました。上記の2つは盛り上がるし短編としてちょうどいい長さでスパッと終わるので良かったです。

長編もいいけれどこうした短編集もたまには出して欲しいですね。


[ 2019/08/22 20:42 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年08月07日(水)

生徒会役員共 17 



著者:氏家 ト全
発売日: 2019/4/17

評価〔B-〕 良くも悪くも。
キーワード:4コマ漫画、学校、ギャグ、下ネタ

「コレはドコで体験できる?」(本文より抜粋)


いつもどおりとしか言いようのない内容です。17巻まで読んできた読者ならこれで分かると思います。しかし、前の巻でも思ったのですが、やや勢いが落ちてきているような。慣れてしまったからでしょうか。

表紙が見慣れぬ人ですが彼女は新キャラです。いつもは新しい人は出番が多めですが、彼女はなぜか少なめです。そのため印象が弱く物足りない感じがしました。今後の活躍に期待します。

あらためて最初の登場人物紹介を見ると随分と増えました。あれ、古谷さんの下の名前が書いてある。本編で出ましたっけ? 前から出てました?

恒例となったDVD付き限定版もあります。地上波やネットで配信してほしいなぁ。


[ 2019/08/07 06:51 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年06月28日(金)

数学女子 5 〔完〕 



著者:安田 まさえ
発売日: 2015/5/30

評価〔B+〕 それぞれの将来が想像できます。
キーワード:数学科、女性、大学、

数学は違うもの同士に関わりをもたせる学問だって聞いたことがある。(本文より抜粋)


就職が決まった学生、進路に迷う者や恋愛に迷う人々、それぞれの大学4年生の後半から卒業までの様子が描かれています。

こうして今でも少数派であろう理系女子に焦点を当て、無駄に引き伸ばすことなくしっかりと4年間を表現した漫画は貴重です。大学生活漫画としては真っ当な展開でしたけど、本シリーズではそれが良かったです。変に奇をてらうことなくて。

1巻を読み始めた頃からみてかなり意外な進路に進んだ人もいますが、5巻の時点ではなるようになったというのが素直な感想です。今後も彼女たちならなんとかやっていけそう、かな。

おまけのエピソードも含めて面白かったです。機会があったら是非数学科卒の女性の感想が聞きたいです。



[ 2019/06/28 21:42 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年06月08日(土)

数学女子 4 



著者:安田 まさえ
発売日: 2014/9/27

評価〔A-〕 なつかしいなあ。
キーワード:数学科、女性、大学、

「何よ、相談じゃなくて決意表明じゃない」(本文より抜粋)


就職する者も進学する者もついに面接や試験が始まります。

ゆみの意外な心境の変化あり、まなも大胆な決断ありと山あり谷ありです。3巻同様きちんと大学生の生活や心理の変化を描いていて、こうした現実味のある理系の日常を紹介してくれる漫画は少ないと思います。教授たちの気持ちも理解できるし、まなの母の様子もよく見る光景です。高校生や文系だった人にも雰囲気は伝わるはず。数学の難しさは別として。

次で最終巻なので、進路や恋愛も全て決着がつくのでしょうか。スパッと綺麗に終わって欲しいです。


[ 2019/06/08 21:45 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)