FC2ブログ







2019年01月02日(水)

おとなのほうかご 4 〔完〕 



著者:イチヒ
発売日: 2018/10/22

評価〔B+〕 おとなじゃない人が表紙なのか・・・・・・。
キーワード:超短編、ギャグ、オムニバス、恋愛、

私・・・・・・ひとつだけ・・・思ったことがあるのよ――・・・(第116話より抜粋)


あとがきを読むまでまで知らなかったのですが、これが最終巻です。

この手の軽い日常ものには珍しく時間が着実に流れ、男女の関係も変化があるのが良かったです。基本的に女性のほうは最近流行りの残念美女ですが、ゆるいギャグが合っていていつもどおり面白かったです。恋愛が進展しそうでしなかった二人もいれば、急展開を迎えた二人もいて、結構意外な結末でした。ま、いっか、で決断したあの人物は器が大きい。本当に。

もう少し見ていたかったのでここで終わるのは残念ですが、このあたりで閉幕となるのが裏表紙に書かれたように、ちょうどいい感じなのでしょう。楽しませてもらいました。次の漫画も期待しています。



スポンサーサイト
[ 2019/01/02 22:22 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年01月02日(水)

異世界に語彙力があるとは限らない 



著者:坂野 杏梨
発売日: 2018/6/25

評価〔C〕 瞬発力はありましたが。
キーワード:異世界、ギャグ、ファンタジー、語彙力

「何言ってるか全然わかんねェよ!!!」(本文より抜粋)


斬新な発想さえあれば語彙力や作文能力がなくても創作物はできるのか?をギャグ漫画の形で表現したのが、本書だと思います。

普通の高校生が突然異世界に飛ばされるというおなじみの展開ですが、言葉をより知っているほうが強いのは面白いです。ファンタジー世界なのにそれらしき戦いをせず、口喧嘩のみしているように見えるのはなかなか新鮮です。雰囲気も軽いし。

1話目は面白かったのですが、全体的にはそれほど・・・・・・。3人目の敵あたりからパターンが読めてしまい、意外性がなくなってしまったのが原因だと感じました。何か変わった勝負もできたのでは、と思ってしまいました。例えば、しりとり勝負とか。

何が物足りなかったのかうまく表現できません。あの世界に行ったらボコられそうでマジヤバい。



[ 2019/01/02 22:20 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年07月29日(日)

生徒会役員共 16 



著者:氏家 ト全
発売日: 2018/3/16

評価〔B〕 森さんはこの漫画の人じゃないみたいだ。
キーワード:4コマ漫画、学校、ギャグ、下ネタ

「スタート地点そこでいいの?」(本文より抜粋)


柔道部と英稜生徒会の出番が多めです。

内容はもはや語ることの必要がないくらい同じです。そしてこれも同じですが、タカトシたちのつっこみが少しだけ違うので新鮮さはありませんが笑えます。変化があったのは絵柄で目がやや大きく描かれている・・・・・・ような気がします。今までの絵が気に入っているので、極端に大きくならないでほしいです。

参考までに、DVD付き限定版の表紙は横島先生です。出島さん並みに表紙に適さない人だと思います。



[ 2018/07/29 23:08 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年07月07日(土)

ギリギリアウト 6 〔完〕 



著者:ソウマトウ
発売日: 2018/6/27

評価〔B+〕 よく6冊も描いたものです。
キーワード:尿意、トイレ、ギャグ、学園、恋愛、ラブコメ、

「そういえば、何か話した覚えがある・・・」(本文より抜粋)


ついに最終巻です。友情や恋愛、そしてハナのあの呪いと色々なことにケリをつけるため、二人は動き出します。

今回も相変わらずアウトになるのですが、ただ単にアウトになるのではなく、読者の予期しないタイミングで、もしくは予期しない状況でアウトになってしまうのが凄いです。また、5巻の感想でも書きましたが、言葉選びのセンスも凄い。誕生日のエピソードはなんかもう色々と酷いです(褒めています)。おまけのボツネタ供養を読む限り、まだまだ発想はつきそうもなさそうなのが頼もしいやら怖いやら。

何回「なんだよこれ(笑)」と思った事か。笑わせてもらいました。1話を読んだ時はまさかここまで続くとは思いませんでした。しかし、よくある他の漫画のように単なる恋愛ものになることなく、ギリギリアウトらしさを損なわずにすっきり完結できて良かったです。




[ 2018/07/07 20:45 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年07月07日(土)

ギリギリアウト 5 



著者:ソウマトウ
発売日: 2017/6/26

評価〔B〕 久しぶりに読んだけど相変わらずでした。
キーワード:尿意、トイレ、ギャグ、学園、恋愛、ラブコメ、

でもこんなときこそ、尿意をおさえるポーズ!!(本文より抜粋)


4巻では恋愛のほうに話が傾きましたが、この巻ではハナの友人関係にもスポットが当たります。始めの頃に比べたら、彼女の学校生活も結構変わったのではないでしょうか。

もうトイレを我慢するだけ読者を笑わせるのは難しいのでは?と思って読んだのですが、それは杞憂でした。相変わらず酷いです(褒めています)。どうしてこんな発想が出てくるのだろうと感心してしまいました。神社の※個人の感想ですの場面が衝撃的でした。

徐々に終わりに向かって動いているようないないような・・・・・・。次回で完結なので綺麗に締めてもらいたいです。



[ 2018/07/07 20:43 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)