2015年05月15日(金)

パーツのぱ 6 




評価〔C〕 入輝が目立ってたかな。
キーワード:アキバ、パーツショップ、パソコン、オタク

「コワーいお客さんから電話だったよ」(本文より抜粋)


アキバのパーツショップ漫画も6巻です。

序盤で重要そうな人物が登場します。本格的に動き出すのは次の巻以降だと思いますが、少ししか喋っていないのに、既にトラブルメーカーの匂いがします。あの人の関係者だからね。

今回はちょっとした工夫で新しい商品を生んだり、なかなか手強いお客さんが現れたりと、小さなパーツショップらしい話が目をひきました。道を聞かれるなんてよくありそう。しかし、慣れてきたせいかマンネリを感じ始めました。難しいかもしれませんが、客が知らない面をもっと見せてほしいです。



スポンサーサイト
[ 2015/05/15 18:59 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2014年12月23日(火)

パーツのぱ 5 

パーツのぱ 5 (電撃コミックス EX 130-5)パーツのぱ 5 (電撃コミックス EX 130-5)
著者:藤堂 あきと
出版社:アスキー・メディアワークス
出版日:2011/11/26

評価〔B〕 本楽さんの別の髪型が見れます
キーワード:アキバ、パーツショップ、パソコン、オタク

「みんなには黙っててよ」(本文より抜粋)


久しぶりに読みたくなったので5巻から再開です。

今まではライバル店やら新しい仲間やらで動きがあって賑やかでしたが、この巻では派手な動きはなく落ち着いた感じで彼らの日常が語られています。手木崎の回想や天戸の怒るポイントと、それぞれの性格により個性が出てきました。

目を引くのは本楽を主役にした回です。彼女の可愛らしい面が表れた話が多かったように思えます。普段は強気で怖いものなしに見える姿とのギャップが良いですね。

また、ゆるゆる読み続けるつもりです。



[ 2014/12/23 22:44 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2011年07月12日(火)

パーツのぱ4 

パーツのぱ 4 (電撃コミックス EX 130-4)パーツのぱ 4 (電撃コミックス EX 130-4)
著者:藤堂 あきと
出版:アスキー・メディアワークス
発行:2011/06/27

評価〔B-〕 新キャラ登場ですが
キーワード:アキバ、パーツショップ、パソコン、オタク

「ナニよ、わかんないハード気になるじゃん!」(本文より抜粋)


パソコン専門店「こんぱそ」の日常を描いた漫画もはや4巻です。この巻から1話4ページとなりました。連載をしている週刊アスキーで4ページに増えたそうです。ちなみに、番外編ような存在の「菜瀬美の風景」は2ページのまま。

3巻からの引きであった荷物の謎、そしてこんぱそ社長の意図が明らかにされ、それとともに新キャラが2名が登場します。武度と詩緒州。しばらく彼らが中心となって話が進むのかと思っていたのですが、意外と目立ちませんでした。もう少し活躍して新鮮味があっても良かったと思うのですが……。

連載が長く続くと本来のテーマからずれてしまいがちですが、パーツショップならではの逸話も相変わらずあって良いです。新商品のマニュアルや福袋の回では、店側の駆け引きや苦労がわかって面白いです。個人的には、表紙カバーを外したところに書かれた漫画が好き。

だんだんと落ち着いてきた感じもします。4ページ化によって、刊行ペースも早くなるのかな? 早くなるのは嬉しいですが、あまり早いと違う心配が出てきます。最近の漫画はどれも高くってきているからなぁ。




[ 2011/07/12 20:19 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2010年12月23日(木)

今日の早川さん3 

今日の早川さん3今日の早川さん3
著者:coco
出版:早川書房
発行:2010/04/22

評価〔B〕 何はなくとも書物な人たちの日常
キーワード:4コマ、本オタク

「何冊もあるのは別にいいんだよ!」「むしろ抜けてるのを見るのが苦痛なんだよ!」(本文より抜粋)


2巻から少し間を置いて出版された3巻。あとがきによると、著者の怠慢が原因だそうで。この巻も2巻同様限定版がありまして、そちらにはカルタが付いているそうな。題して「早川さんいろはかるた」。これによってどれくらい本が好きか分かる、のかな?ちなみに限定版でなくとも、どのような内容かは幕間のページ、いや切れ間の……あのちょっとしたページは何と呼ぶんだろう、に載っているのでご心配なく。

本好き読書好きたちの相変わらずの日常が描かれています。twitterを話題にし、結構新鮮です。それと、登場人物たちに少しずつ変化がでてきました。延流の進学に伴う変化、カンコと岩波の私生活の変化。特に巻末のずっとお城で暮らしてたが良いです。なんか似合ってました。岩波さんの出番がさらに減り、カンコちゃんの出番が増えました。出る頻度が、1巻の時と逆くらいになってそう。

本書で出てくる本のほとんどは読んだことありません。でも、こうして楽しそうに話しているのを読むと、なんだか興味が出てくるから不思議です。

絵柄がほんの少しだけ変わったような気がします。今後のんびり続いて楽しませてほしいです。






[ 2010/12/23 09:58 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2010年12月05日(日)

パーツのぱ3 

パーツのぱ 3 (電撃コミックス EX 130-3)パーツのぱ 3 (電撃コミックス EX 130-3)
著者:藤堂 あきと
出版:アスキー・メディアワークス
発行:2010/11/27

評価〔B+〕 パスタ事件の真相と謎の少女の正体が。
キーワード:アキバ、パーツショップ、パソコン、オタク

「ここ何日かサプライ系をタタいてるんだけど、ライブスがクグってくるんだよ」(本文より抜粋)


パソコン専門店2ページ漫画の3巻です。ま、今回も番外編が幾つかあるので全話2ページではないのですが、長いといっても10ページに満たないので、あまり変わらないかな。

前巻からの引きであったパスタ事件の真相が明らかになります。テッキーこと手木崎のプラントPCでのお話。でも、引っぱった割にはなんか大事件でもなかったような……。それよりも、商品イベントで見せたゲーム中のテッキーの表情が印象的でした。また、2巻に少しだけ出ていた謎の少女・菜瀬美の正体が明らかになります。彼女の出番は多め。そして、こちらも少しだけ登場していたこんぱその社長も、表へ出始めました。

他店との競争も良いですが、やはりパーツショップならでは回のほうが面白いです。大きな商品を発送でなく持ち帰るお客さんや、ジャンク商品の裏、人柱募集中などなど。昔はアキバでCRTディスプレイを担いでいる外国人をたびたび目撃しましたが、最近はどうなんだろう。パソコンよりもメイドの街っぽくなっているようですが。

次回への引きは強いのですが、それはそれとして、こんな調子でゆるゆるとパーツ屋の日常をつづっていって欲しいです。





[ 2010/12/05 10:53 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)