FC2ブログ







2020年01月21日(火)

神様ドォルズ 1 (再読) 



著者:やまむらはじめ
発売日: 2007/7/19

評価〔B-〕 アニメ最後までやってよ。
キーワード:超能力、案山子、村の因習、アクション、恋愛、

「正体は誰も知らない。扱い方がわかっているだけです」(本文より抜粋)


僻遠の村から出て大学生となった枸雅匡平が、都会で因縁のある青年と再会し事件に巻き込まれていく超能力アクション漫画です。超能力といっても瞬間移動などができるわけではなく、村に伝わる案山子と呼ばれる大きな人形を自由自在に操る能力です。案山子の存在を隠しつつ彼らはそれを操り戦います。2011年にアニメ化されました。全部見たけど、そうか、もう10年近い前のアニメになるのか・・・・・・。

現代に残る村の掟や秘密、超能力と面白そうな題材ですが、まだまだ序盤のためか人物・状況説明が多いです。玖吼理、案山子、隻とややこしい用語が多用され、軽い雰囲気だったり暗くなったりと、この1巻だけだとなかなか読みづらいかもしれません。案山子も案山子の操縦者である隻もこれから増えていきますが、おおむねこのような感じで進んでいきます。著者の他の作品同様、陰気な描写や暴力的な場面もありますので、明るく楽しい漫画が読みたい方にはおすすめません。

まずは匡平と彼の因縁が明かされるのを期待して読んでいきます。



スポンサーサイト



[ 2020/01/21 21:30 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年03月09日(土)

死人の声をきくがよい 12 〔完〕 



著者:ひよどり祥子
発売日: 2019/2/20

評価〔B-〕 それなりの形にはなったけれど。
キーワード:ホラー、霊感、オカルト、

「自分の身に何か起こる前に、ちゃんと決断しなきゃと思ってる」(本文より抜粋)


まさかの最終巻です。11巻ではまだ終わる雰囲気ではなかったので、唐突で驚きました。

急ではありますが登場人物たちにそれぞれの結末が用意されています。以前から用意されていたようにみえる幕切れもあれば、なんだか雑にみえる決着のつけ方だなあと感じるものあり、著者にとって不本意な完結だったのではと勘ぐってしまいます。せめてもう1冊あればもっと綺麗に、まとまって終わったのではないでしょうか。ただ、一番肝心なあの人物の結末だけはしっかりしていたので、その点は良かったです。

もうこれ以上彼と彼女の物語を読むことができないのは残念ではありますが、今まで楽しませてもらいました。次回作を期待しています。




[ 2019/03/09 21:37 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年01月27日(日)

神さまの怨結び 4 



著者:守月 史貴
発売日: 2017/1/20

評価〔B〕 鳥羽渚編は重かった。
キーワード:呪い、オカルト、現代、

いったいどちらが――本当の鳥羽なんだ?(本文より抜粋)


教師と生徒の関係を描いた鳥羽渚編が終わりをむかえます。

思っていたよりもややこしいことになりましたけど、最後は情念が表に噴出したかのようでした。この鳥羽渚編は扇情的な設定とよく合っていると感じました。全てが終わった後のクチナワの考察が興味深かったです。

新たに始まった姉妹、月乃と日向編ですが、今のところクチナワが出る幕はなさそうですが、これからどう怨結びに繋がっていくのか分かりません。ただ面白くなりそうです。




[ 2019/01/27 21:29 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2018年08月04日(土)

死人の声をきくがよい 11 



著者:ひよどり祥子
発売日: 2018/7/20

評価〔B-〕 少しだけ進展したかな?
キーワード:ホラー、霊感、オカルト、

「もしかして思い出してらっしゃいました? 10年前の・・・・・・」(本文より抜粋)


新刊見るたびに副題って意味あるのかなと思っていましたけど、今回は分かるような気がします。

ホラーシーンの激しさは健在ですが、同時に登場人物たちの恋愛も語られていてます。なんだか不釣り合いな感じもしますが、この漫画だとすんなり受け入れられるので不思議です。この手のエピソードが出ると終わりは近いのかなとも思います。

終盤では思わぬ人物の登場で、次の巻ではさらに波乱を呼ぶ展開が起きそうです。二人によって良い方向に進むのか否か。



[ 2018/08/04 22:36 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年09月28日(木)

死人の声をきくがよい 10 



著者:ひよどり祥子
発売日: 2017/9/20

評価〔B+〕 週末はアポカリプスだ!
キーワード:ホラー、霊感、オカルト、

「500年振りに出てくる。うふふふふふふふ」(本文より抜粋)


相変わらず岸田純は良く生きているな、と思わずにはいられません。

このホラー漫画の怖いところは、怪奇現象なのか、未知の生物の仕業なのか、はたまた宇宙人なのか、パッと見て分からないところです。それらのどれでもなく、常軌を逸した人間の行動のときもあります。真相が明らかになるまでどこか落ち着きません。

曾祖母の話は前後編で長いこともあり印象に残りました。「時と場所をわきまえろ」や「こんな時のために」なんて台詞、どうやったら思いつくのか。凄いセンス。

最後の岸田の旧友の話で、ある事実が発覚します。アハハと笑われていますけど大事です。これからどうなってしまうのか。



[ 2017/09/28 21:40 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)