FC2ブログ







2020年05月09日(土)

神様ドォルズ 12 〔完〕 



著者:やまむらはじめ
発売日: 2013/4/19

評価〔B+〕 予想以上にスパッと終わりました。
キーワード:超能力、案山子、隻、村の因習、アクション、恋愛、

「決着は、つけなくちゃならない。」(本文より抜粋)


最終巻らしく案山子が派手に暴れまわります。概ね予想通り戦っていて、初めからこれで決着つければすぐ終わりそうだと思ってしまうくらいの勢いでした。2人の対決を遠くから眺める紫音の感想が、なんか場違いのようだけど合っていて理解できます。

あの人物の「それなりに満足」「ザマミロだ」という台詞が印象に残りました。

村に帰ってきた後、あれだけ人を多く出したのにも関わらずみんな深く掘り下げられることもなく終わってしまったのは残念です。もう2、3巻あったら、他の隻たちの日常や事件も描かれ印象も変わったことでしょう。

最終話(72話)の冒頭に起きた出来事は意外でした。すんなり終わりそうだっただけに。でもまあ、あやふやでなくきちんと幕は下りたので良かったのではないでしょうか。



スポンサーサイト



[ 2020/05/09 11:23 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年05月09日(土)

神様ドォルズ 11 



著者:やまむらはじめ
発売日: 2012/9/19

評価〔B-〕 あれの変形が確かに分かりづらい。
キーワード:超能力、案山子、隻、村の因習、アクション、恋愛、

「一息つくヒマはないぜ?」(本文より抜粋)


ようやくというかついに阿幾が物語の中心へ戻ってきます。出番が少ないし存在感があまりないなと心配していたので、安心しました。案山子に関することを全て明らかにしてから、改めて匡平と阿幾の個人的な関係へと帰結するのは良かったです。ただ、もう少し阿幾について語ってほしかったかな。

桁外れの力を持つ案山子との戦闘もそうですが、盛り上がる場面でどこか盛り上がりきっていない気がするのが残念です。個人的な感覚なので読む人によっては面白かったとなりそうですが、私としては少々不完全燃焼に見えました。うまく言葉にできません。

この2人の決着は大いに盛り上げて、綺麗に終わってもらいたいです。



[ 2020/05/09 11:22 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年04月25日(土)

神様ドォルズ 10 



著者:やまむらはじめ
発売日: 2012/3/19

評価〔B-〕 人が多くない?
キーワード:超能力、案山子、隻、村の因習、アクション、恋愛、

「桐生!! 今、お姉ちゃんが助けてあげる!!」(本文より抜粋)


強大な敵との戦闘が続きます。クライマックスのはずなのですが色々な人物が交代で登場し場面が切り替わるので、盛り上がるところで盛り上がりきらなっていない感じがします。

某が聞きたかった阿幾と匡平の過去の会話が良かったです。阿幾の内面を垣間見ることができて興味深いです。主人公の一人としてもっと物語の中心で目立ってほしいです。

前々から気になっていた案山子の戦闘が分かりづらいのは、アップになるとどの案山子がどれなのか判別しにくいからなのかもしれません。パッとすぐ分かるのは玖吼理と宇輪砲くらいかなあ。

どのような結末になるのか。



[ 2020/04/25 20:50 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年04月02日(木)

神様ドォルズ 9 



著者:やまむらはじめ
発売日: 2011/7/19

評価〔C+〕 ここにきて人が多くなったなあ。
キーワード:超能力、案山子、隻、村の因習、アクション、恋愛、

「何はともあれ、事態の把握と収拾が現在の緊急の命題だ。」(本文より抜粋)


皆が空守村へと集まり、ここで様々な因縁や関係に決着がつきそうです。

案山子の戦闘は盛り上がるところなのでしょうが、どうも分かりづらく迫力にかけます。アニメで見たときはそうは感じなかったので漫画で表現するのが難しいということでしょうか。戦闘以外の恋愛や復讐も今一つ派手に盛り上がらないのが残念です。

村の有力者たちが多数登場して混乱すると思います。表紙カバー裏には枸雅家と日向家の家系図が書かれているのでこちらで確認しながら読むと理解しやすくなります。もっと複雑なのかと思いきや意外と狭い世界でした。

大決戦や大事件が起きそうでなかなか起きないのが本シリーズ。はたしてクライマックスはどのようになるのか。



[ 2020/04/02 20:59 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年03月14日(土)

神様ドォルズ 8 



著者:やまむらはじめ
発売日: 2011/2/18

評価〔B-〕 阿幾の存在感が薄いのが残念。
キーワード:超能力、案山子、隻、村の因習、アクション、恋愛、

「このまま進む以外、道はないだろう?」(本文より抜粋)


ようやく最終地点が見えてきたような気がします。

玖吼理の隻である詩緒が主役のように見えますが、阿幾が心情を吐露する場面を見てこの物語の中心は匡平と阿幾なのだなと改めて思いました。その割には阿幾の出番が少なめなのがなあ・・・・・・。終盤は彼が中心となるのでしょうか。

何が悪いというわけでもないのに、いまいち盛り上がっていないように感じます。なぜだろう? 寄り道が多かったのか、登場人物が多かったのか。次からはアクションシーンが増えそうです。



[ 2020/03/14 21:54 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)