2017年03月29日(水)

死人の声をきくがよい 9 



著者:ひよどり祥子
発売日: 2017/2/20

評価〔B+〕 ゴーストはやっぱり個性的で面白いです。
キーワード:ホラー、霊感、オカルト、

『岸田さま、お久しぶりです』(本文より抜粋)


相変わらずの怪奇事件が目白押しです。質は下がっていないのですが、9巻にもなると多かれ少なかれ慣れてしまい、読み始めた当初のように楽しめないのが残念です。

しかし、ゴーストが登場する連作は面白かったです。ゴーストの個性の強さも面白さの一つですが、裏表紙に完結!?と書かれていてどうなるか分からなかったのも、いつもと違って緊張感がありました。クライマックスで岸田が目を覚ました時に言った、ゴーストの台詞が意外で、でもゴーストらしくて良かったです。

今後、話を進めて完結に向かうかどうかは分かりませんが、次も今回のゴースト編くらい面白いと良いなあ。



スポンサーサイト
[ 2017/03/29 22:00 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年02月25日(土)

死人の声をきくがよい 8 



著者:ひよどり祥子
発売日: 2016/7/20

評価〔B-〕 岸田君の演技が良かったです。うまい。
キーワード:ホラー、霊感、オカルト、

「チョコリンヌつってさー、今ハマってて」(本文より抜粋)


前の巻に比べて、少々インパクトに欠けてきたように感じました。内容の激しさは変わりませんが、読むほうが何でも慣れてきてしまうようで、恐ろしいことです。

中には笑える場面もありますが、不幸な結末で終わる話が印象に残りました。こうした事件が完全に解決していない終わり方は、想像の余地があって怖いですよね。

ある話で野良神と呼ばれるものが登場しますけど、あの外見はどうやって思いついたのでしょうか。かなり独創性のあるデザインで戸惑ってしまいます。怖い怖くないよりも違和感がすごい。さすが(?)です。



[ 2017/02/25 21:30 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年02月18日(土)

死人の声をきくがよい 7 



著者:ひよどり祥子
発売日: 2016/1/20

評価〔B+〕 脇役も個性豊かで面白いです。
キーワード:ホラー、霊感、オカルト、

「発端はそう・・・・・・ウサギ島の一件よ」(本文より抜粋)


多種多様な恐怖を楽しめるホラー漫画も、もう7巻です。今回も岸田君があれこれ巻き込まれます。推理漫画の名探偵役のようです。

7巻にもなると、オカルト研究会以外でも複数回登場している人も何人かいます。彼らは皆個性豊かで、物語を怖く、時には面白くしてくれます。「魔を呼ぶ書物」は、意外な展開で良かったです。あの人、準レギュラーになるのでしょうか・・・・・・。

いつもにまして早川さんのゼスチャーが表現豊かです。無表情で真面目にやるので、危機的状況でもなんか笑ってしまいます。きちんと彼女の意図を読み取っている岸田君が素晴らしい。また、某女の子も珍しい表情を見せるのでお見逃しなく。




[ 2017/02/18 21:30 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2016年12月05日(月)

極黒のブリュンヒルデ 18 (完) 



著者:岡本 倫
発売日: 2016/5/19

評価〔C+〕 かなり強引でしたけど完結です。
キーワード:SF、現代、魔法、宇宙人

「お選びください。人を残すか残さないか」(本文より抜粋)


はたして誰の筋書きどおりになるのか。最終巻です。

前の巻から引き続き駆け足ではありましたが、大まかなところではきちんと方が付きました。強引に終わらせた感じがしますが、予想していたよりも中途半端ではありませんでした。しかし、終盤はもう少しじっくり見せてほしかったです。細かい謎がいくつか未解明のままですし、個性豊かな登場人物たちをもっと見ていたかったのもあります。

最終巻にして意外な人物が活躍したのが良かったです。逆に重要そうなのに出番がほとんどなかった人もいて、先が読めませんでした。意外と言えば、所長の「世界を総べても・・・」の場面で見せた意外な一面に驚きました。

終盤はバタバタしてちょっと不満ですが、この漫画全体としての評価はA-くらいです。笑いとシリアスの配分が絶妙でした。著者独特の個性ですね。楽しませてもらいました。次の作品が楽しみです。



ネタばれ話↓
[ 2016/12/05 21:32 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2016年11月14日(月)

極黒のブリュンヒルデ 17 



著者:岡本 倫
発売日: 2016/5/19

評価〔B+〕 どんどん明かされていく事実。
キーワード:SF、現代、魔法、宇宙人

「既にリザーブを用意してある」(本文より抜粋)


16巻に引き続き、良太や魔女たちが知らなかった事実が次々と発覚し、物語がどんどん進行します。

ヴィンガルフの深部で起きた一連の事件で、最後まで秘密にしておきそうな謎まで解明されます。急展開が続くので、慌ただしさを感じました。あの神祇官の正体はなんとなく予想がついていましたが、あの人がついでのように口にした、マキナに関する重要事項のほうが驚きました。また、核心に迫る場面が多いためか、ギャグが少なかったのが残念といえば残念でした。

某と良太の会話で出てきた『神の存在について』は興味深いです。結論はともかく、かなり説得力があり納得してしまいました。あのまま宗教についての見解も語ってほしかったです。

ついに次で最後です。終盤のあの復活は、最終巻できちんと説明されるのでしょうか・・・・・・気になる。全部すっきり解決とはいかなさそうですが、できるだけ納得のいく形で完結してほしいです。




[ 2016/11/14 22:55 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)