2017年09月28日(木)

死人の声をきくがよい 10 



著者:ひよどり祥子
発売日: 2017/9/20

評価〔B+〕 週末はアポカリプスだ!
キーワード:ホラー、霊感、オカルト、

「500年振りに出てくる。うふふふふふふふ」(本文より抜粋)


相変わらず岸田純は良く生きているな、と思わずにはいられません。

このホラー漫画の怖いところは、怪奇現象なのか、未知の生物の仕業なのか、はたまた宇宙人なのか、パッと見て分からないところです。それらのどれでもなく、常軌を逸した人間の行動のときもあります。真相が明らかになるまでどこか落ち着きません。

曾祖母の話は前後編で長いこともあり印象に残りました。「時と場所をわきまえろ」や「こんな時のために」なんて台詞、どうやったら思いつくのか。凄いセンス。

最後の岸田の旧友の話で、ある事実が発覚します。アハハと笑われていますけど大事です。これからどうなってしまうのか。



スポンサーサイト
[ 2017/09/28 21:40 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年09月14日(木)

世界八番目の不思議 3 (完) 



著者:宇島葉
発売日: 2017/3/15

評価〔C+〕 ユニークなシリーズでした。
キーワード:短編集、オカルト、SF

「そんなあなたにサキュバスさしすせそ」(本文より抜粋)


ジャンルこちゃまぜ独特の短編集も3巻で完結です。

相変わらず非日常の設定なのに、登場人物たちは日常系漫画のように違和感なく生活しているズレが楽しいです。携帯に目覚めたあの人や幽霊の人なんか特に。

慣れのせいなのか、1巻に比べて勢いが落ちていると感じました。また、恋愛も悪くはないですが、携帯の人や僧侶の人のようにコミカルのほうが好みです。カップルの会話や雰囲気を楽しみたいときは、恋愛漫画を読むと思うので・・・・・・。おまけらしい「EXTRA WONDER」も、残念ながらどこか物足りなかったです。

今度は短編でなく、長い物語を読んでみたいです。やはりギャグになるのでしょうか。SFでもオカルトでも何でもいけそうですね。



[ 2017/09/14 22:40 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年09月02日(土)

世界八番目の不思議 2 



著者:宇島葉
発売日: 2016/7/15

評価〔B-〕 少し慣れてしまったかな。
キーワード:短編集、オカルト、SF

「どうしたらも何も、超ヒトじゃん」(本文より抜粋)


珍しい2話連作短編集の2巻です。

今回もジャンルはバラバラですが、オカルトものが多めです。神さまも妖怪?も人間とほとんど変わらない存在として描かれているので、明らかに非日常のことなのに日常っぽくて味があります。なんか生活感があると言いますか何と言うか。

帆立の人もユニットバスのやつも面白いですが、人ならざる者の話ばかりだと新鮮味に欠けます。今回SFっぽいのありましたっけ? 個人的にはオカルトではない現代ものや、SFをもう少し入れて欲しかったです。

1巻で登場したキャラが、ちょっとした役として出ているのもなかなかいいです。あみたそは目立っていますけど。次で完結ですが、この独特の雰囲気を壊さず、コミカルなまま終わって欲しいです。



[ 2017/09/02 19:01 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年07月06日(木)

神さまの怨結び 3 



著者:守月 史貴
発売日: 2016/6/20

評価〔B〕 思っていたよりも複雑になってきました。
キーワード:呪い、オカルト、現代、

「・・・・・・そういえば『僕ら』の自己紹介がまだだったね」(本文より抜粋)


知霧編の続きから始まります。

呪いを本来とは違う形で使用した、知霧の行く末が描かれますが、この漫画らしい終わり方だったようが気がします。印象深い結末です。締めのクビツリの独白に、なんか納得してしまいました。

一話完結ですが、ここにきてようやく長く登場しそうな人物が現れます。当面の敵になりそうですが、まだよく分かりません。今後に期待しましょう。

余談ではありますが、電子特装版には巻末にカラーイラストが数点ついています。興味のある方は、電子書籍を購入してみはいかがでしょうか。




[ 2017/07/06 20:26 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年06月03日(土)

真夜中のX儀典 4 (完) 



著者:馬鈴薯、 山口ミコト
発売日: 2017/1/27

評価〔B+〕 なるほど。でも推理難しくない?
キーワード:サスペンス、オカルト、ホラー、

「はい・・・はい、準備できました。はい・・・覚悟もできてます」(本文より抜粋)


大詰めを迎えた2つの事件。ついに全てが明らかになります。

解決すべき事件はしっかり解決したので安心しています。「死神様」の時は、大量のヒントのみ残して終わってしまったので、急に打ち切った終わり方にならないかどうか不安だったからです。

Xの正体と霧島家殺人事件の真相は、え、それありなの?と少々戸惑ったのですが、肉体交換やX能力がありなのだから、それも可能なのでしょう。私が3巻読了時に疑問だった点も、確かに説明がつきます。まあ、祥は可愛そうだけど。

物語の発端である姉・由衣の事件も、ついに真相が暴かれます。あー、なるほど。伏線もきちんと回収しているし、こちらのほうは腑に落ちました。でも、こちらのほうは推理するのは難しいですね。♯26冒頭で浩樹が気がついたヒントが、、もう少し早くでていればピンと来た可能性も・・・・・・いえ、それでも分からなかったかも。

この原作者さんの物語は、なんか推理しようという気になります。ちょうど良い難しさなのでしょうか。面白かったです。シリーズ全体としての評価は、サスペンスが好きなのもあってA-くらいかな。もう少し長めの話でも良かったです。次回作に期待しています。


ネタばれ話は続きにて↓
[ 2017/06/03 18:12 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)