FC2ブログ







2020年03月04日(水)

白熱日本酒教室 2 



著者:アザミユウコ 、 杉村啓
発売日: 2019/3/10

評価〔B+〕 好きな味を探すのに役立ちそう。
キーワード:日本酒、特定名称酒、漫画化、

「とにかく数が正義!」(5時間目より抜粋)


2巻では日本酒がどのように造られているのかを紹介しています。麹(こうじ)や仕込みなど聞いたことはあるけれどよく分からないといったことが分かりやすく説明されています。テレビなどで見かける大きなタンクの中を棒で突いている(櫂入れ)理由もわかります。

酵母、乳酸菌、発酵など言葉だけでは分かりづらいところも漫画だと分かりやすいです。生酛や山廃は新書版のほうをよんでもいまいちピンとこなかったので詳しく書かれていて良かったです。忘れたら6時間目のまとめを見れば大丈夫。あまり聞きなれない貴醸酒やしぼり方のヤブタ式などにも触れています。日本酒は本当に奥が深いですね。

一時話題となったとっくりを使ったお酒の注ぎ方についても触れています。著者の意見に賛成です。



スポンサーサイト



[ 2020/03/04 21:32 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年02月01日(土)

白熱日本酒教室 1 



著者:アザミユウコ 、 杉村啓
発売日: 2018/9/12

評価〔B〕 漫画になってさらに読みやすくなりました。
キーワード:日本酒、特定名称酒、漫画化、

「ところで『精米歩合』っていったい何なんですか?」(本文より抜粋)


自分の好きな日本酒を探せることを最終目標とし、日本酒について分類から飲み方、選び方まで幅広く教えてくれる日本酒入門書です。なお本書は同じ題名の新書を漫画化したものです。

1巻では日本酒のラベルを読めることを目標に一から分かりやすく説明しています。精米歩合や吟醸などよく見る単語も難しくないことが分かります。それ以外にも米と米こうじでなぜお酒になるのか、悪酔いしない飲み方、アルコール量の計算方法など知っておくと良いことも色々教えてくれます。アルコール量の計算では日本酒一合とビール540ミリリットルが同じと知り、印象とは違っていて興味深かったです。

どの日本酒から飲めばいいのか見当がつかない人のためにも、著者のむむ先生がおすすめする日本酒がいくつも載っていますので、そちらも試しに飲んでみたらいかがでしょうか。私も飲んだことのあるお酒がありました。

新書のほうを既に読んでいるので目新しさはありませんでしたけど、絵を見ることで知識が整理できたので良かったです。



[ 2020/02/01 21:16 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年12月22日(日)

アイドランク 4 〔完〕 



著者:宮場 弥二郎、 さきしまえのき
発売日: 2019/11/9

評価〔B+〕 ぶれない漫画でした。
キーワード:アイドル、お酒、アルコール、コミカル、

「スラム感が半端ないわね」(本文より抜粋)


呑んでばかりのアイドランクのアイドルたち。今回も相変わらず呑んでいます。完と書かれていませんけど本書が最終巻です。

最終巻にも関わらずアイドランク以外の酒のみアイドルが新登場します。サキたちに負けず劣らず個性的で、個人的にはナンバー3の人が面白いです。もっと活躍するところが見たかったです。

最後までアイドル活動よりお酒ばかりのんでいたのは良かったです。テンポも良く面白かったのでこれで終わってしまうのは残念です。また違う面白い作品を期待しています。



[ 2019/12/22 23:16 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年12月14日(土)

アイドランク 3 



著者:宮場 弥二郎、さきしまえのき
発売日: 2019/3/9

評価〔B+〕 サキも結構呑兵衛だ。
キーワード:アイドル、お酒、アルコール、コミカル、

「お前それ、絶対マイク通して言うなよ?」(本文より抜粋)


中心は相変わらずほのかなのですが、新人二人が加入したことにより今までの会話とは違ったパターンが生まれて面白いです。あさひは出番が少ないけれどなかなか個性が強いなあ。

アイドルが題材なのにひたすらお酒を呑み美味しいものを食べるシーンばかりなのは、潔くて良いと思います。少しだけあの人の過去が見られますが、あくまで飲食のためのお話で人物を掘り下げていません。某も言っていますがなんだったんだろうアレ。

巻末の番外編も良かったです。ほのかの1ページで笑ってしまいました。



[ 2019/12/14 21:27 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年09月27日(金)

世界で一番わかりやすい おいしいお酒の選び方 



著者:山口 直樹
発売日: 2016/7/14

評価〔B〕 大雑把なところが良いです。
キーワード:アルコール、初心者、ワイン、日本酒、カクテル

ワインの味の大部分は品種で決まる。この大原則を理解するだけで、ワイン選びは一気にシンプルになります。(第1章より抜粋)


お酒は好きだけど知識はない人、もしくは最近興味を持ち始めたけれどどれを飲んでいいのか分からない人向けのアルコール入門書です。全てのアルコールを網羅している訳ではなく、ワインと日本酒、それとカクテルに絞って解説しています。

最低限の知識は教えてくれるけれど、初心者に必要なこと以外はあまり詳しく書かれていません。どの項目も3つのポイントでまとめられていて簡潔です。そして、どの種類のお酒が自分の好み・舌に合っているのかが分かるように書かれています。日本酒の好みを卵焼きの好みで分析する図をネットで見たことがあるのですが、この本が元ネタだったようです。知りませんでした。また、バーでのカクテルの頼み方やマナーが書かれていて興味深かったです。ショートとロングの違いすら分かっていなかったので知ることができて良かったです。

問題は章によってページ数が大幅に変わることです。具体的に言うとワインが本の半分以上を占めていて、残りの半分以上が日本酒、カクテルにいたっては30ページありません。個人的には日本酒は知識があったので、もっとカクテルにページを割いてほしかったです。

アルコール初心者はこれでちょっとだけお酒のことを知ってから飲むと、より楽しく酔えそうです。



[ 2019/09/27 21:54 ] 実用 | TB(0) | CM(0)